仕事

4月の転職は難しい?転職しづらい?中途採用されやすい時期はいつなのか

4月は転職が難しい、転職しづらいと言われますが、中途採用されやすい時期はいつなのでしょうか。

4月に中途採用が転職しづらいのは、新卒が入社するタイミングというのが大きな原因。

 

一方、転職しやすいと言われているのは、最も求人が増えると言われる6月や、9~10月、1~3月です。

しかし求人が増え求職者も増えるということは、それだけ激しい競争があるということ。

 

求人は多いけどライバルも多い時期に競争を挑むか、求人は少ないものの比較的内定しやすい時期に転職活動をするか、どちらの作戦で攻めるかが勝負どころと言えるでしょう。

また、良い求人にうまくめぐり合うことも成功の秘訣のひとつです。

 

今回は、中途採用されやすい時期はいつなのかについてまとめていきます。

4月の転職が難しいのは新卒が入社してくるから

4月の転職は難しい、転職しづらいと言われるのは、4月は新卒が入社してくる時期だから。

中途採用者にとって、新卒は強力なライバルですよね。人数も多いですし、若くて体力もあり、企業からしても魅力的な人材です。

 

さらに、会社は新卒教育で忙しくなるため、中途採用までは手が回らなくなります。

そのため、通年採用をおこなっている会社でも求人をストップすることもあります。

 

中途で4月の転職をする場合、ねらい目は即戦力を探す求人。

会社が新卒教育と並行してプロジェクトを進めたい時、人員補充が必要であれば即戦力しか選択肢はありません。

 

会社は採用者の教育にかけられる時間もないため、即戦力を補充してプロジェクトを進めることに狙いを定めます。

つまり、4月に転職するなら、経験やスキルのある分野での即戦力求人にターゲットを絞ると成功しやすいです。

 

逆に、未経験の職種へは転職しづらいと言えるでしょう。

というのも、未経験の職種にチャレンジする場合、その業界に必要なスキルやマネジメントの実績が必要になるから。

どうしても異業種が良いなら、すぐに働けるようスキルを身に着けておくことが必須と言えます。

中途採用されやすい時期とは

4月の転職が難しいのは分かりましたが、では中途採用されやすい時期はいつなのでしょうか。

中途採用されやすいのは、求人の多い時期と、ライバルの少ない時期。

自分の持っているスキルや資格によって、どちらが有利になるか変わりますので、しっかり狙っていきましょう。

中途採用されやすい時期①求人の多い時期

もし既にスキルや資格を十分持っているなら、中途採用されやすい時期は、求人の多い時期と言えるでしょう。

というのも、この時期は即戦力が求められることが多いので、スキルに自信があるなら、多くのライバルにも勝てる可能性が大きいから。

 

さらに、求人が多いということは、より良い条件の求人に出会う可能性が高まりますよね。

厚生労働省の調査によると、最も求人数が増えるのは6月で、9~10月や1~3月も求人数が増加する傾向にあると言われています。

 

6月に求人数が増えるのは、4月入社の退職者が増える時期だから。

新卒の退職者も出ますので、売り手市場の転職ができる時期と言えそうです。

 

また、9~10月と1~3月はともにボーナスをもらってひと段落した退職者が増加する時期なので、それを補うための求人が増加します。

この両時期は辞めていく人のスキルもさまざまなので、即戦力にも若手にもニーズがある時期と言えるでしょう。

中途採用されやすい時期②ライバルの少ない時期

一方、求人は少ないものの中途採用されやすいのは、5月、7~8月、11~12月。

これらの時期は、求人はあまり出ませんがライバルが少なく、転職において穴場と言えます。

 

もし転職したい先が異業種だったり、まだ履歴書に書けるスキルなどがあまりない場合、こういった時期を狙うのもひとつの作戦です。

ただ問題となるのが、良い求人情報に出会えるか、ということ。

 

ただでさえ求人が出にくい時期ですから、焦って転職すると今より職場条件が悪くなってしまうこともあり得ます。

とはいえ、毎日検索するのもなかなか大変ですから、おすすめなのは転職サイトなどに希望の条件を登録しておくこと。

 

一度登録しておけば、求人が出たら通知がくるのでチェックもれがなくなりますし、転職サイト限定の求人もありますので、より多くのチャンスを手にすることができますよ。

まとめ

4月は転職が難しい、転職しづらいと言われますが、中途採用が採用されやすい時期はいつなのかまとめました。

  • 求人の多い時期:4月、6月、9月、10月、1~3月
  • ライバルの少ない時期:5月、7月、8月、11月、12月

 

あなたのスキルや資格が十分で、即戦力として十分貢献できるなら、求人が多い時期により良い条件の職場環境にチャレンジしてみるのが良いでしょう。

ライバルが多く、自己アピールが必要になりますが、うまくいくと待遇をアップできるチャンスが広がる時期です。

 

一方、転職したいのが異業種だったり、履歴書に書く資格などに自信がないなら、ライバルの少ない穴場を狙うのも作戦と言えるでしょう。

いずれにせよ、大切なのはより良い求人を素早くキャッチすること。

 

自分で一から検索しても良いですが、転職サイトを活用すると、より効率よく情報収集ができておすすめです。

一度登録しておけば、希望の求人があったタイミングで通知が届きますから、タイミングを逃すこともなくなりますよ。

 

タイミングやツールをしっかり利用して、もっとあなたに合った職場環境を手に入れていきましょう!

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング