仕事

退職時に次が決まっていると嘘を伝えるとバレる?転職先を言わない方法はある?

退職時に次が決まっていると嘘を伝えるとバレる?転職先を言わない方法はある?と悩んでいませんか?

実際は何も決まっていないし、退職時に「次はどうするの」「どうして辞めるの」などと追及されたらどうしよう、と不安になってしまいますよね。

 

でも実際は、退職時に転職先を言う必要はありません。退職理由や転職先は、会社に伝える義務はないのです。

それよりも大切なのは、今の会社を円満退社で辞めること。

 

今回は、退職時に次が決まっていると嘘をつく必要があるのか、まとめていきます。

退職時に次が決まっていると嘘を伝えるとバレる?

退職時に次が決まっていると嘘を伝えるとバレる?転職先を言わない方法はある?と心配になるのは、あなたが真面目な人である証拠。

でも、実際は、バレることはほぼありません。

 

よほど狭い業界や、大手有名企業なら別ですが、通常は転職先に確認をとってまであなたの再就職を確かめることはしないもの。

というのも、会社にとって重要なのは、あなたがなぜ辞めて次はどこで働くのか、ということよりも、あなたが担当している仕事をどう継続するか、ということだから。

 

仮に嘘を伝えてしまったとしても、罰則もありません。(信用は下がってしまいますが)

もしバレるとしたら、元の職場の人とばったり再会したときくらいでしょう。

 

その時はその時で、「お久しぶりです。以前はお世話になりました。今はここで働いています。」と挨拶すれば問題ないですよ。

退職時に次が決まっていても転職先を言わない方法とは

退職時に次が決まっていると嘘を伝えるとバレる?転職先を言わない方法はある?と悩んでいるということは、まだ転職先が決まっていないか、転職先を知られたくない、ということですよね。

基本的に、再就職先は会社に伝える必要はありません。

 

嘘をついてバレるかどうか心配するくらいなら、「始めから言わない」方法で問題ありません。

転職先について何度も尋ねられたとしても、「まだ未定です」「現在、転職活動中です」で構わないのです。

 

むしろ、転職前に転職先を会社に知らせることには、強い引き止めに合ったり、転職先にあなたの情報を流されるなどのリスクがあります。

実際に決まっていてもいなくても、転職先の情報は「詳しく言わない」のが正解ですよ。

退職時に次が決まっていると嘘を伝えるよりも円満退社を目指そう

退職時に次が決まっていると嘘を伝えるとバレる?転職先を言わない方法はある?と心配するよちも大切なことがあります。

それは、今の会社を円満退社すること。

 

そもそも退職時にトラブルにならなければ、再就職先を詮索されることもありませんよ。

円満退社のコツは、次のとおり。

  • 今の仕事を責任をもって終わらせる・引き継ぐ
  • 時間的に余裕を持って退職届を提出する
  • 退職時期は、会社の繁忙期を避ける

 

まず一番力を入れたいのは、今担当している仕事を責任を持って終わらせること。

継続的な仕事であれば、マニュアルなどを作り、次の人にきちんと引き継ぐ準備をしておくことが大切です。

 

会社にとって大切なのは、今の仕事をコストをかけず継続すること。

引き継ぎがきちんとしていれば、新しい人を教育するコストが省けますから、ここをアピールすれば会社の印象は悪いものにはなりません。

 

そして、退職届を申し出る時期は、就業規則を確認しておきましょう。

法律では2週間前までに届け出れば良いとなっていますが、多くの会社では1~2か月前となっています。

 

これは、新しい社員の採用・教育にこのくらいの期間が必要とされているから。

いわば会社のルールですから、ここはきちんとまもっておきましょう。

 

また、会社によっては繁忙期がある会社もあります。

どんなにルールを守っていても、あまりに忙しい時期に人手が減るのは会社や周りの人に負担をかけてしまいます。

 

印象のいいまま退職しようと思うなら、忙しい時期に考慮して避けるのが良いでしょう。

まとめ

退職時に次が決まっていると嘘を伝えるとバレる?転職先を言わない方法はある?と悩んたときの対処法をまとめました。

転職先は、嘘をついてまで伝える必要はありません。

 

それに、もし嘘を伝えてしまったとしても、転職先にまで確認することはまずありませんので、過度に心配することはありません。

バレるとしたら、転職後にばったり元の会社の人に再会したときくらいでしょう。

 

それより大切なのは、今の会社を円満退社すること。

会社にとっては、あなたがなぜ退職するのか・どこに退職するのかよりも、今あなたが担当している仕事をいかにコストをかけずに継続できるかのほうが大切なもの。

 

ですから、あなたは自分の責任をきちんと果たすことに集中すれば問題ないのです。

元の会社に気を遣いすぎる必要はありません。もっとあなたに合った職場を見つけていきましょう!

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング