仕事

転職には何年我慢すればいい?3年働く本当の意味とは?とりあえず三年は働くべき?

転職したいけど何年我慢すればいいんだろう、とりあえず三年は働くべきと言われたけど、3年働く本当の意味って何だろう、と悩んだことはありませんか?

もし今の職場がつまらない、つらいと感じているなら、3年我慢するなんて時間がもったいないと感じてしまいますよね。

 

結論から言うと、早めに転職することがおすすめ。

なぜなら、どうしても合わない仕事を3年続けるより、自分に適した仕事に早く集中したほうがメリットが大きいから。

 

ただし、3年未満で辞めるデメリットももちろん存在しますし、転職で後悔しないための大切なポイントがあります。

今回は、転職したいけど3年働くべきなのかについてまとめていきます。

転職まで何年我慢すればいいのか①3年働く前に転職するメリット

転職まで何年我慢すればいいのか、とりあえず三年働くべきか悩んだとき、早めに転職するメリットは以下のとおり。

  • 精神的な負担が軽くなる
  • 魅力的な求人を逃さずにすむ
  • 本当に必要なスキルの習得に時間を使うことができる

 

早めに転職するメリットでまず挙げられるのは、「仕事がゆううつで毎朝つらい」「会社に行きたくなくて毎日気が重い」などの、心の負担が軽くなること。

もし精神的な負担で体調にも影響が出ているなら、早めに退職することで心身の健康を取り戻すことができますよね。

 

また、3年待ったあとで、あなたの希望する条件の求人があるかどうかはわかりません。

もし今、ちょうど希望どおりの求人が出ているなら、見逃すことはもったいないと言えるでしょう。

 

さらに、あなたがやりたくない仕事を3年続けたとして、その経験が次の仕事に生かせるでしょうか?

それよりも、本当にやりたい仕事に変わることで、本当にあなたに必要なスキルをより早く手に入れることができますよ。

転職まで何年我慢すればいいのか②3年働く前に転職するデメリット

転職まで何年我慢すればいいのかわからないし、3年働く前に転職したときのデメリットは次のとおり。

  • 根気がなく、仕事が続かない人間だと思われる
  • 真剣に仕事に取り組んでいないと思われる
  • 転職に有利なスキルが身に付きにくい

 

こちらは、よく聞く内容になっていますね。

確かに、人事や面接を担当する世代の人からすると、「3年未満で転職するなんて、仕事を続ける根性がない」と感じるもの。今までがそういう時代だったのですから、仕方がありません。

 

「根気がない」「真剣に取り組んでいない」などと言われたら、要は精神論なので、巻き返す方法はあります。

つまり、前職を短期間で退職した理由や、仕事への熱意がきちんとあることを納得してもらえればよいのです。

 

例えば、「将来取りたい資格がある」「こういう得意分野を生かしたい」などの前向きな理由であれば受け入れられやすいでしょう。

また、「ハラスメントが横行していた」「勤務条件が苛酷だった」などネガティブな理由は、特定の会社や人物の誹謗中傷にならない範囲で伝えてみるのも手です。

 

問題なのは、すぐに辞めることで「転職に有利なスキルが身に付きにくい」こと。

こちらは、ゆくゆくあなたに不利になるので、できれば避けたいところ。

 

次にどんな職場に転職したいかにもよりますが、もし転職に有利な資格やスキルがあるなら、身に着けてから転職活動を始めるのがおすすめです。

というのも、給料をもらいつつ、次の転職に有利なスキルを身に着けられるから。

 

もし退職したら自腹でその資格を手に入れる必要がありますから、相当お得と言えるでしょう。

どうしても手に入れたいスキルがあるなら、退職時期は戦略的に決めたほうが良いでしょう。

転職まで何年我慢すればいいのか③「とりあえず3年」より大切なこと

転職したいけど何年我慢すればいいんだろう、とりあえず三年は働くべきと言われたけど、3年働く本当の意味って何だろう、と悩んだ時に何よりも大切なことがあります。

それは、あなたが「仕事に何を求めているか」をはっきりさせること。

 

あなたが「仕事に満足している」と感じる条件は何でしょうか?良く聞かれる意見には次のものがあります。

  • 安定した給料
  • より高い給料
  • 社会的な立場、肩書き
  • 集団に属している安心感、人とのつながり
  • 大きなプロジェクトをやり遂げる充実感
  • 自分の能力を生かせる達成感
  • 人に喜んでもらえる、などのやりがい

 

一方、今の仕事を不満に思う理由は何でしょうか。例えば、次のような意見がよく聞かれます。

  • 給料が低い
  • 勤務時間が長い
  • ライバルとの競争が激しい、ノルマがきつい
  • 会社の知名度が低い
  • 職場の人間関係が悪い
  • ハラスメントが横行している
  • 仕事で自分の能力を生かせない
  • 仕事が単調で変化がない

 

そしてどんな職場でも、満足できる点と不満に感じる点が混在しています。

例えば、あなたが求めているものが「より良い給料」だったとします。

 

そうすると、より給料の高い会社で働く必要がありますが、給料の高い会社の多くは「勤務時間が長い」や「ノルマがきつい」がセットになっているもの。

つまり、「より良い給料」を手に入れるかわりに、「プライベートの時間」が減る可能性が高いのです。

 

もし本当に望むものが「より良い給料」なら、少々自分の時間がなくなっても仕事に満足できますよね。

でも、本当に望むものが「充実したプライベート」だった場合はどうでしょうか。転職後に「こんなに忙しいなんて、こんなはずじゃなかった」と不満を感じることになります。

 

このように、仕事の満足度は、仕事で得たいものにかなり左右されるもの。

ですから、ただ「今の仕事が嫌だから転職する」のは後悔のもとです。

 

逆に、自分が望むものが何なのかはっきりわかっているなら、3年も我慢する必要はありません。

さっさと転職したほうが、より充実した気持ちで毎日を過ごせるでしょう。

 

そのためにも、「何を手に入れたくて」転職するのか、まずはしっかりと見極めることが大切です。

まとめ

転職したいけど何年我慢すればいいんだろう、とりあえず三年は働くべきと言われたけど、3年働く本当の意味って何だろう、と悩むときの対処法をまとめました。

3年未満で転職するメリットとデメリットは、次のとおり。

【メリット】

  • 精神的な負担が軽くなる
  • 魅力的な求人を逃さずにすむ
  • 本当に必要なスキルの習得に時間を使うことができる

 

【デメリット】

  • 根気がなく、仕事が続かない人間だと思われる
  • 真剣に仕事に取り組んでいないと思われる
  • 転職に有利なスキルが身に付きにくい

 

「とりあえず3年」という考え方はあくまでも一般論。必ずしもあなたに最適とは限らないのです。

大切なのは、転職することで、自分が何を求めているのかはっきりさせること。

 

ただ「今の仕事が嫌だから」と転職することでは、いつまでもすっきりしない気持ちを抱えることになり、問題解決になりません。

逆に、「〇〇したいから、転職を選ぶ」という意思がはっきりあるなら、3年我慢する必要はないと言えるでしょう。

 

あなたは仕事に何を求めていて、どんな種類の仕事を、どんなペースでしたいのか。

今一度初心にかえってしっかり見極め、もっと良い職場環境を手に入れていきましょう!

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング