つらい

仕事どれくらい我慢する?いつまで我慢する?やりたくない仕事がストレスで辛い!

「今の仕事にどれくらい我慢すればいいんだろう」「いつまでやりたくない仕事が続くんだろう」と悩んでいませんか?

 

仕事にはストレスがつきものですが、やりたくない仕事を一体どれくらい我慢すればいいのでしょうか。

我慢して耐えて、その代わりに給料をもらう働き方は正しいのでしょうか。

 

もう我慢できないと感じるのであれば転職がおすすめ。

なぜなら、あなたにとって、今いる職場だけがすべてではないからです。

 

他の環境に移った時、もっとあなたを輝かせてくれることは少なくありません。

今回は、やりたくない仕事をどのくらい耐えるべきか悩んだ時の対処法をみていきます。

仕事を我慢するのが辛い時の対処法①給料を我慢料だと認識しない

あなたは「いつまでやりたくない仕事を我慢しなければいけないのだろう」と考えてしまうことはありませんか?

給料をもらうためには、仕事で我慢をすることは必要なのでしょうか?

 

結論を言ってしまえば、仕事において我慢することに値打ちはありません。

我慢して働くだけでは、ビジネスは生まれません。ビジネスは創り出すものであり、そのためには能動的に仕事をする必要があります。

 

したがって、我慢しなきゃ仕事ができない環境ではビジネスは生まれないのです。

ひたすら現状維持を繰り返す、まるで”作業ゲーム”のようなものです。

 

あなたが本当に面白いと感じるのは、ロールプレイングゲームのようにどんどん成長していく様ではないでしょうか。

給料はビジネスを生み出すことへの対価だと示しましたが、もう一つあるとすれば成長への対価です。

 

我慢して現状維持を繰り返したとしても、それは成長ではありません。

給料を我慢料だと認識せず、自分に妥協なく働ける環境を探しましょう。

仕事を我慢するのが辛い時の対処法②ベクトルを自分に向ける

仕事のストレスが溜まった時ほど、物事のベクトルを自分に向けましょう。

というのも、仕事のストレスは、ほとんどの場合が外的要因にあることが多いから。

 

ストレスが溜まってくると他の人に苛立ちやすくなりますが、それだけ他者に依存してしまっているのです。

自分は何のために仕事をしているのか、なぜ我慢しながら働いているのかを考えてみましょう。

 

他者ではなく、自分軸で考えるのです。

我慢が必要な働き方をしていると、自分軸がブレてきます。ブレた軸を、一本に正す必要があるのです。

 

そもそもあなたが就職活動をした理由は何でしょうか。叶えたい夢があったからでしょうか。それとも、自分の生活のためでしょうか。

例え「みんながやっているから」という理由で始めた就職活動だとしても、その目的は自分の生活のためではないでしょうか。

 

いかなる理由であれ、仕事の目的は必ず自分の中にあります。夢を叶えるのも、生活を成り立たせるのもすべての主人公は自分です。

だからこそ考えるベクトルを自分に向けて、今の仕事が自分に見合っているかを考える必要があります。

仕事のストレスに耐えられなければ転職を

いつまで今の仕事のストレスを我慢すればいいのか、考えるだけで途方に暮れるのであれば転職をしましょう。

あなたが他者依存の考え方をやめた時、我慢する原因は会社だけにあります。

 

会社の体質を変えていくことは極めて難しく、それよりもあなたが転職をする方が無難です。

ただし、転職する時にはポジティブな動機が必要になります。

 

そこで、あなたが我慢する原因になったことを言い換える必要があります。

愚痴っぽくならずに、実現したいことは何なのかを伝えられるようにしましょう。

 

そして条件面はしっかりと確認しましょう。

残業がどのくらいあるか、喫煙禁煙の仕組みはどうなっているか、面接官以外の社員の表情などをチェックして、入社してから「やっぱ違った…」とならないようにしましょう。

 

転職活動はくじ引きゲームではありませんので、あなたにとっていい会社になるかどうかはあなたの振る舞い次第です。

だからこそ妥協なく、自分が100%納得できる環境に身を置きましょう。そうでないと、また我慢することになりますよ。

まとめ

「今の仕事にどれくらい我慢すればいいんだろう」「いつまでやりたくない仕事が続くんだろう」と悩んだ時の対処法についてまとめました。

仕事のストレスに悩んだときは、次のことを意識してみることが大切です。

  • 給料は我慢料ではない
  • 自分にベクトルを向け、仕事をする意味を考える
  • どうしても会社に問題があるなら転職も考えておく

 

仕事をすることは、少なからず我慢は必要です。やりたくない仕事であっても引き受けなくてはいけないものもあります。

すべてを最初から嫌と言っていては、仕事が始まらないのも事実です。

 

しかし、やりたくない仕事を継続して我慢しても成長はできません。そのような場合は、成長できる環境へと移っていくことが必要です。

やりたくない仕事を我慢して、自分の成長が終わることほど最悪なことはありません。

 

逆にやりたいことをやって、自分の成長が感じられてかつ給料を貰えればこれほど嬉しいこともないでしょう。

能動的に、常に自分にベクトルを向けられる仕事をしていきましょう。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング