仕事

仕事辞めたいけど親に言えない!親の反対を押し切って仕事を辞める方法!

誰しも一度は「仕事辞めたい・・・」と考えるものですが、「退職なんて親に言えない」と悩む方も多いもの。

退職すること自体、かなり勇気がいるのに、それに加えて親を説得しないといけないとなると、ぐっと気が重くなってしまいますよね。

 

退職や転職に対して、親や家族の強い反対が予想される場合はなおさらです。

実は結構な割合で、「退職する事よりも、家族に退職を伝える方が辛い」と思う方が多いのです。

 

しかし、仕事を辞めることに対する親の反対が、伝え方を工夫することでずいぶん和らぐ、としたらどうでしょうか?

しかも、場合によっては味方になってくれるかもしれません。

 

今回は、親に仕事を辞めると伝える時に、どうやって上手く伝えれば良いのかをお伝えします。

退職や転職について親への伝え方に困っている方は、上手く理解を求める参考になれば幸いです。

 

仕事を辞めるとき気になるのは親の反対

 

仕事を辞めるのは自分だけの問題と捉える人も多くいますが、実は親に反対されて退職を取りやめる場合も多くあります。

事実、職場よりも親への報告を難しく感じる方も多いもの。

 

退職だけでもかなりの労力がいるのに、親にどう打ち明けるか悩むとなると、さらに負担が増えてしまいますよね。

では、どうすればスムーズに親に退職を伝えられるのか、模索していきましょう。

仕事を辞める理由の親への伝え方

仕事を辞めることを親に伝える際に、押さえておきたいポイントは「自分がどんな理由で辞めたいと思っているか」です。

そのため、自分の考えを明確にしてから説明するようにしましょう。

 

自分の心情を伝える

一番シンプルながら、自分の不安要素が多いと反論の余地を与える方法です。

また、「職場が合わない」「仕事で足を引っ張っている」など、自分の能力を踏まえて言う事が多いため、長く勤務してない場合には使いにくい方法とも言えます。

 

本人の意思を尊重する家庭では有効ですが、理由があまり感情に偏ると「心構えがなっていない」「甘えている」のように、精神論で反論をされることもあります。

「自分の持っている資格が必要とされず、仕事が合っていないと感じる」など、事実を交えて説明すると納得してもらいやすいでしょう。

 

ポジティブな理由を伝える

キャリアアップやスキルアップ、さらには待遇向上などを理由に使う方法です。

この方法はかなり重宝で、「上位資格を入手したため転職したい」「より給与の高い仕事が見つかった」など理由がポジティブなので、言う側の負担も少なく伝えやすい方法です。

 

ネガティブな理由を伝える

時と場合により、一番多用しやすい理由です。【長時間労働】【職場環境が劣悪】【人間関係の対応】など、様々な理由があります。

そのため、あまり深く聞かれることも少なく話すことが出来ます。

 

このように、理由を話すのにもいくつかパターンがあります。

ただし、親の性格にもよりますが、説明があいまいだと納得してもらえず、さらに詳しい説明を求められることもあります。

 

というのも、親にとって、子どもの仕事はとても気にかかるものだから。

話をする際には自分の中でしっかり整理し、質問への準備も整えてから話を切り出すようにしましょう。

 

仕事を辞めるのを伝えない

 

退職を親に伝えるのがかなりつらい場合、いっそ「言わない」という方法もあります。

この方法だと、家族には余計な心配などの負担をかけず、退職をする事が出来ます。

 

ただ、この方法は、一人暮らしをしているなど、家族に仕事内容がばれてないことが前提。

もし家族と同居している場合は、退職時の書類などを家族の目に触れないようにするなどの工夫が必要です。

 

また、あまり長い間伝えないのも、家族間で問題となることがありますので、ある程度状況が落ち着いたら、現状を伝えておくことが望ましいですよ。

 

仕事を辞めた後に報告する

 

仕事を辞めた後に話すのもひとつの方法です。

この方法であれば、もう退職しているため親も厳しいことは中々言えず、むしろ新しい仕事を応援してくれる場合もあります。

 

すでに別の新しい仕事をしていれば、多くの場合、特に問題なく話が終わることでしょう。

ただ、専門職や公務員などなかなか就職しづらい仕事の場合、親の怒りに触れる場合もあるため、職種により話すかどうかを決めるのも一つの手です。

 

親が強く反対するときの対処法

 

どうしても親が仕事を辞めることを許してくれない場合もありますが、その時に大切なのは、親の考えを聞くこと。

親は、基本的に社会経験も長く、社会のノウハウなども多くあるため、強く反対するにはそれなりの理由があるのです。

 

退職するときは、自分の状況を相手に伝えることに気が取られがちですが、意見が合わないときは、親の意見にも耳を傾けてから判断するようにしましょう。

ただし、親の意見が矛盾しているなど、どうしても納得できない場合は、自身の判断のもと退職を決めるようにして下さいね。

 

まとめ

 

仕事を辞めたいのに親に言えない時に、うまく伝える方法や考え方をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

退職はもちろん、親に伝えることもかなり神経を使うもの。望まないトラブルを避けるためにも、退職を伝えるときは、きちんと準備することが大切と言えるでしょう。

 

ただ、親は上司ではありません。理由がきちんとしていれば、基本的には子供の味方となってくれる場合が多いもの。

必要以上に気負うことなく、率直に説明してみてはいかがでしょうか。

 

もし、これから親に退職を伝える際には、今回の内容を気に留めながら報告してみて下さいね。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!


転職活動ランキング

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村