仕事

仕事を辞めたいけど自信がない!自信がない人の上手な転職方法を徹底解説!

「仕事を辞めたい」と思っても、自信がなくて迷ってしまう人は少なくありません。

上司に辞めることをきちんと言えるだろうか、辞める時にトラブルになるのではないか、次の仕事はすぐに見つかるだろうか、など、不安はつきませんよね。

 

仕事を辞めるのはとても大きな決断ですから、心配になってしまうのは当然のこと。

ですが心配のあまり、今のままでも給料はもらえるから大丈夫、もう少し時間がたてばこの環境にも慣れるかも、と無理に自分を納得させていませんか。

 

それはとても危険なこと。

自信がないからといって、合わない仕事を続けていると、あなたの心身に大きなストレスとなってしまいますよ。

 

今回は、仕事を辞めたいけど自信がないとき、どうすればうまく転職できるのか、についてお伝えします。

あなたがもし、早く仕事を辞めたいのに、なかなか行動に移せなくてもやもやしているなら、ぜひ読んでみてくださいね。

 

仕事を辞めたいけどスムーズに辞められる自信がない

仕事を辞めたいと思ったときにまず気になるのは、きちんと退職できるのかということ。

確かに、思ったとおりの時期や条件で辞められない、上司とトラブルになるなど、退職時にもめてしまう場合は少なくありません。

 

この場合は、退職の手続きをきちんと知って、手順を踏めば大きな問題が起こることはほぼなくなります。

スムーズに退職するために必要なことをまとめていきます。

 

仕事を辞めたいときにすること①就業規則を確認する

まず、就業規則を確認してみましょう。

就業規則は、会社のルールだけでなく、あなたを守るものでもあります。

 

退職届はいつ出すのか、退職金は出るのか、手続き用の書類はどれか、など、手順が決まっているはず。

退職の手続きをしてくれる部署があれば詳しく調べなくても問題ないですが、できるだけ自分でもルールを知っておくようにしましょう。

 

仕事を辞めたいときにすること②退職理由を整理する

次に、退職理由を整理しておきましょう。退職理由も、スムーズに退職するためには大切です。

理由をあいまいにしてしまうと、心構えを責められるなど理不尽な思いをしたり、自分の希望通りに辞められないことがあります。

 

受け入れられやすい理由としては、スキルアップやキャリアアップ、家庭の事情、心身のダメージなどがあります。

どの場合にも、今の職場に悪印象を与える言葉は避け、今の職場にもお世話になっているが、やむを得ず退職を考えている、ということをしっかり伝えるようにしましょう。

 

仕事を辞めたいときにすること③退職のタイミング

最後に、退職届を出すタイミングに注意しましょう。

あまりにも急だったり、忙しい時期に辞めると、悪印象を持たれてしまいます。

 

今の仕事の区切りがいいのはいつでしょうか。

特に仕事の区切りがないなら、12月や3月など、退職する人が多い時期が受け入れられやすいですよ。

 

また、退職届は退職日の少なくとも1か月前には提出しましょう。

法律上は2週間前までに提出することになっていますが、多くの会社がそれよりも早い時期に申請をが求めています。

 

なぜなら、辞める人がやっていた仕事の引継ぎや人事異動など、体制を整える時間が必要だから。

あなた自身も、今やっている仕事は中途半端にせず終わらせておく、引き継ぎはきちんとする、など、会社の負担をなるべく少なくしておくことが、円満退社のコツです。

 

さらに、その前に上司に相談しておくと、よりスムーズなのでおすすめ。

特に、パワハラやモラハラなどが原因の場合、退職日を早めてくれる場合もありますよ。

 

自信がないときの上手な転職方法

仕事を辞めたいけど、次の就職先がすぐ見つかるか自信がない、というのもよくわかります。

退職するということは、合わない仕事によるストレスはなくなりますが、毎月のお給料もなくなるということ。

 

実際には雇用保険制度もありますから、すぐにゼロになるわけではありませんが、そのままでは生活に支障が出てしまいますよね。

では、どうすれば上手に転職できるのでしょうか。

 

上手な転職方法①自分の強みを整理する

仕事を辞める時の上手な転職のためには、まず自分の強みを整理しておくことが重要。

再就職となると、即戦力として求められますから、「今までどんな仕事をしていましたか」「どんなことが得意ですか」は必ず聞かれる質問。

 

その時に、さっと答えが出るよう、自分の得意なことをしっかり整理しておきましょう。

これをしておくと、再就職がスムーズになるだけでなく、希望の仕事を回してもらえる確率が高くなります。

 

自分ではよくわからなかったら、直属の先輩や同僚の意見を聞いてみるのも良いですよ。

 

上手な転職方法②次の就職先の情報を集める

次に、今の職場で働きながら次の就職先の情報を集めておくこと。

退職してから再就職までの間があまりに空いていると、なぜすぐに就職していないのか疑問を持たれることがあります。

 

体調不良など特別な事情がなければ、再就職までの期間はできるだけ短い方が良い評価をされやすいです。

そのためには、今の仕事を続けながら、就職活動をすることがおすすめ。

 

再就職先の情報を集め、雇用条件を今と比べたり、仕事内容も自分のしたい事かどうかチェックしたりするのです。

実際に気になったら、有給などを利用して見学に行ってみるのも良いでしょう。

 

ただし、転職活動が今の会社になれると、「どうせ辞める人」と認識され、重要な仕事を任せてもらえなくなることがあります。

退職の覚悟と準備が整うまでは、今の職場には転職活動をしていることを察知されないようにしましょう。

 

共用のパソコンで転職情報を探す、職場内で求人情報の問い合わせをする、など、ばれやすい行動は避けるのが鉄則ですよ。

まとめ

仕事を辞めたいけど自信がないとき、どうすればうまく転職できるのか、についてまとめていきましたが、いかがでしたでしょうか?

退職の自信がないときは、就業規則を確認し、退職理由を整理して、ちょうど良いタイミングで届出すること。

 

再就職の自信がないときは、上手に転職するなら、現在の仕事を続けながら、自分の強みを見つけ、再就職先をある程度確保してから退職することがおすすめです。

転職活動が今の職場にばれると、重要な仕事を任されなくなることもあるので、退職の準備が整うまでは、転職活動は内緒にしておくことにも注意しましょう。

 

一度仕事を辞めたいと思ってしまうと、毎日の仕事を続けることがしんどくなってしまいますよね。

仕事を変えるのは、悪いことではありません。あなたに合った方法で、働きやすい仕事環境を手に入れていきましょう!

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!


転職活動ランキング

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村