仕事

20代後半が未経験の職種への転職は厳しいのか?20代後半におすすめの職種は?

「20代後半での転職は厳しい」「未経験の職種は特に厳しい」というイメージを持っている人は少なくありません。

確かに一般的には、既卒で未経験の人は、新卒や経験者に比べれ採用されにくいと言われています。

 

20台後半は、「転職するなら年齢的に20代の今しかない」と思う一方、「新卒ではないので不利かもしれない」「転職したい仕事の経験がないから採用されないのではないか」という不安も考えてしまいますよね。

 

しかし中には、20代後半で未経験でも、問題なく就職できる場合があるのです。

そのためには、自分のスキルを高めておくことと、未経験でも採用されやすい職種を知っておくことがとても大切。

 

今回は、20台後半の人が未経験の職種へ転職するときの、スムーズな転職方法についてお伝えします。

転職したいけど年齢や経験でためらっている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

20代後半の転職は本当に厳しいのか?

20代後半の転職は、どのくらい難しいのでしょうか?

 

20代前半の場合、第二新卒や既卒として扱われやすく、転職しやすいと言えます。

今は、いったん就職したら3年は勤務すべき、との考え方は少ないため、若い年代の転職はそう難しくないようです。

 

一方20代後半は、業種や募集内容によると言えます。

例えば、ポテンシャル採用などを行っている企業であれば、20代後半でも成長を見込んで採用する場合があるため、未経験職種でも採用されやすい傾向があります。

そのため、転職をする際にはスムーズに転職する事も可能です。

 

ただ、20代後半の女性は、やや不利になる傾向があります。

なぜなら、子育てや結婚などライフスタイルの変化が、今後の業務に影響を及ぼすのではないかと考えられているから。

 

そのため、採用試験などでもプライベートについて細かく聞かれる可能性はありますし、採用されにくくなる場合もありますので、注意が必要です。

性別によって、面接で嫌な思いをしたり、採用に差をつけられるのは、全く理不尽な話ですが、実際にはまだそのような傾向があることは気に留めておきましょう。

 

20代後半でも未経験の職種にスムーズに転職するには?

20台後半で未経験の職種に転職するのは無理なのでしょうか?

もしあなたが未経験の業種に転職したいと思うなら、自分を有利にする対策をしておきましょう。

その対策をいくつかご紹介しますね。

 

未経験の職種にスムーズに転職するには ①関連資格を取る

未経験でも、最も採用されやすいのが資格を取る事です。

例えば、調理師に転職したい場合、調理師免許や食品衛生管理などの資格をすでに持っていれば、スムーズに転職する事ができますよね。

 

パソコン関係の資格や、特殊な機械操作系などの資格も良いでしょう。

その職種にとって重要な資格を持っている場合、採用条件が少々厳しくても、転職できる可能性は高くなります。

 

未経験の職種にスムーズに転職するには ②専門資格を取る

関連資格より確実なのが、専門資格をとること。

例えば、看護師や美容師などの国家資格は、やはり大きな強みになります。

 

専門資格は、給与面や求人面では安定していることが多いのが良い点ですが、多くの場合、資格をとるために学校へ行く必要があるのが、かなりのハードルになります。

今の仕事と転職先の条件を比較して、どちらが自分にメリットがあるのか、きちんと見極めてから行動すると良いでしょう。

 

未経験の職種にスムーズに転職するには ③現職で実績を残す

転職する前に、現在の仕事で功績や実績を残す事も転職に有利にはたらきます。

例えば、昇格した実績や、今までした仕事内容が良い内容であれば、転職に有利になる可能性が高いでしょう。

この場合、仕事に対する基本的はスキルが高いと判断されるので、他業種でも有利に進めることが出来ます。

 

このように、転職先に対して貢献できる点が多いほど、未経験の職種でも転職出来る可能性が高まります。

そのため、転職する際には、自分に出来る限りの対策はしておきましょう。

 

20代後半未経験におすすめの職種は?

では、20台後半の転職でおすすめの職種には、どのようなものがあるのでしょうか?

転職しやすい職種をいくつかご紹介していきます。

 

20代後半未経験におすすめの職種 ①営業職

新卒の採用率が7割ほどにもなる職種です。

基本的に、営業は採用数が多く転職する時にも採用されやすいため、入りやすい業種です。

ただ、営業ノルマなどを設定している場合もあるため、業務内容はきちんと確認したほうが良いでしょう。

 

20代後半未経験におすすめの職種 ②事務職

必要スキルもやや低く、高度な技能を求められる事も少ないため、ある程度安定的に働きたい際にはおすすめの職種です。

ただ、社員の定着率が高く求人が少ないことと、給与平均が低めな傾向があるため、そこは考えに入れておきましょう。

 

20代後半未経験におすすめの職種 ③介護職

業界全体が数十万単位での人手不足とも言われており、転職が比較的容易な業種といえます。

ただ、人手不足の慢性化により、労働環境が厳しいなどの問題が顕著です。

 

20代後半未経験におすすめの職種 ④コールセンター

都市部など限定で求人数が多い職種です。

基本的に、営業と重なる点は多いものの大規模なコールセンターでは求人数が多いため、転職はしやすい職種と言えます。

 

このように、20代後半でも転職しやすい職種は多くあります。

さらに、前職のスキル次第では待遇も良くなる可能性があるため、職種次第ではスムーズに転職が出来るでしょう。

 

まとめ

20台後半の人が未経験の職種へ転職するときの、スムーズな転職方法についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

重要なのは、自分のスキルを高めておくことと、未経験でも採用されやすい職種を知っておくこと。

 

スキルを高めるとは、関連資格や専門資を取っておくこと、現在の仕事で実績を残しておくこと。

また、未経験でも採用されやすい職種には、営業職、事務職、介護職、コールセンターなどの職種がありました。

 

どちらかというと、自分のスキルを高めておく方がおすすめです。

というのも、良い条件で再就職できる可能性が高いから。

 

就職時に未経験を採用する職種は、再就職はしやすいですが、つまり代わりがたくさんいるということ。

そのため給与を低く抑えられてしまうなど、待遇面で不満を感じることが多いのも事実です。

 

せっかく転職するなら、今より良い環境がいいですよね。

自分のできる対策をしっかり行って、あなたに合った仕事環境を手に入れましょう!

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!


転職活動ランキング

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村