仕事

新人で仕事がつらくてもう限界!新卒ですぐ辞めるのはアリなのか

新人として就職したものの、仕事がつらくてもう限界!と感じたことはないでしょうか?

社会人1年目は、環境や人間関係が大きく変わる中、慣れない仕事を始めている状況ですから、ストレスを感じやすいですよね。

 

ストレスが多くても、仕事が楽しかったり、自分の成長が実感できているなら、がんばる意味もあります。

でも、どんなにがんばっても毎日がつらくてもう限界なら、新人であっても仕事を辞めるのがおすすめ。

 

ではどのような状況なら、すぐに辞めた方がいいと言えるのでしょうか。

今回は、新人で仕事がつらくてもう限界なとき、仕事を辞めるのはアリなのか考えていきましょう。

 

新人で仕事が限界な理由①仕事内容が合わない

新人で仕事が辛いと感じるのは、いくつかパターンがあります。仕事内容が合わない、というのはそのうちのひとつ。

あなたも、自分の仕事をこう思ったことはありませんか?

  • どうしても面白くない
  • コツがつかめない
  • 覚えられない

 

このうち、辞めることを考えやすいのは、どうしても面白くない場合。

仕事のコツがつかめない、覚えられないのは、あなたのスキルが仕事に追いついけば楽になっていきますが、仕事の内容が面白くない、というのはどうしても毎日に力が入りませんよね。

 

ただし、先輩の仕事が面白そう、と思うなら話は別。

1年目から面白い仕事を任せられることはまずありません。今はつまらなくても、地道な仕事をこつこつ続けていくことで上司に認められ、希望の仕事ができるようになるかもしれませんよ。

 

もし職場のどの仕事にもどうしても興味が持てないなら、仕事を変えることも考えてよいでしょう。

 

新人で仕事が限界な理由②職場の人間関係が悪い

新卒が限界に感じやすいのは、人間関係も大きな要因です。

特にすぐに辞めることを考えても良いのは、パワハラ、セクハラなどのハラスメントがある場合。

 

ハラスメントの怖いところは、その時はそんなに大きくダメージを受けていないつもりでも、じわじわとストレスがたまってくるところ。

始めのうちは、ハラスメントをしてくる人に怒りを感じたり、イライラしたりします。

 

その上ストレスを受け続けることで避けたいのが「自分はだめなんじゃないか」「自分の能力では役に立てないのではないか」など自分を責めてしまうこと。

自分を責めだすとあなたの自尊心がどんどん削られてしまい、自分に自信が持てなくなってしまいます。

 

このように、周りの人間関係が最悪だと、あなたに非がなくてもあなたにダメージが発生してしまうのです。

特に、次のような症状がみられたら、早めに職場環境を変えることをおすすめします。

  • 夜よく眠れない
  • 食欲がない
  • 何をしても楽しくない
  • 急に悲しくなったり、涙が出る
  • 自分はつまらない人間だと感じる

 

このような状態なら、相当心身のストレスを抱えています。放っておくとうつ病になりかねません。

もっと心身にダメージが積み重なると、退職や転職する元気すらなくなってしまいますから、こうなる前に環境を変える工夫をすることがおすすめ。

 

いきなり退職は無理でも、部署異動や席替えなど、会社内でストレスを減らす工夫を探すのも良い方法です。

もし信頼できる上司がいるなら、困った時点でハラスメントの相談をしておくと、異動届や退職届も受理されやすいですよ。

新人で仕事が限界な理由③職場環境が悪い

新卒がすぐ仕事を辞めるきっかけになるのが、仕事の責任が重すぎる、労働時間が長いなど、職場環境が悪いこと。

新人なのにやたらと難しい仕事を任されたり、毎日残業が当たり前、という環境ではミスも起こしやすいですし、毎日のプレッシャーがとんでもなく大きくなります。

 

ミスをしてもフォローもなく、仕事の量も減らない状況では、どんどん追い詰められてしまいますよね。

もしあなたの部署だけがそのような体質なら、部署異動などで解決することができますが、会社全体が同じような雰囲気なら、相談さえどこにすればいいのかわからなくないですよね。

 

会社全体の職場環境そのものがつらいなら、あなたの努力で何とかなる問題ではありません。

つらいのを我慢してずっと働いたとして、途中で体を壊しては本末転倒です。

 

もっとあなたに合った職場環境を探し、早いうちに逃れておくのは賢い選択と言えるでしょう。

 

まとめ

今回は、新人で仕事がつらくてもう限界なとき、仕事を辞めるのはアリなのかみていきました。

新人は仕事がつらいと感じるのは、次のような場合が多いもの。

  • 仕事が合わない
  • 人間関係が悪い
  • 仕事の責任が重すぎる

 

新社会人なのにすぐ会社を辞めることは、「せっかく就職したのに」「甘えてると思われるんじゃないか」など心配で、なかなか踏み切れないですよね。

確かに、今の職場で仕事を続けた方が、社会的にも金銭的にもリスクは少ないです。

 

しかし、どうしても仕事内容になじめない場合や、仕事のストレスがあなたの健康に影響するくらいなら、早めに職場を選びなおしたほうが賢明と言えるでしょう。

まずはあなたがなぜ今つらいと感じているのか、その問題は今後解決する見込みがあるのか、整理してみるのがおすすめです。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング

【今すぐ転職しなくても】転職サイト・転職エージェントを利用しよう

あなたは今、次のような悩みを抱えていませんか?

  • 社風が合わず辞めたい
  • 仕事がつまらないので辞めたい
  • 人間関係が悪いので辞めたい
  • 年収をあげたい、キャリアチェンジしたい
  • 手に職がつく仕事に転職したい

 

このような思いがあるなら、たとえ今すぐ転職する気がなくても、「転職サイト」や「転職エージェント」へ登録しておくのがおすすめです。

というのも、ストレスや疲労が限界に達すると、サイトに登録する気力すら無くなるから。

 

仕事に悩みがあるのなら、普段の業務だけで体力・気力ともに相当消耗していますよね。

その上、帰宅後や休日に求人情報を調べたり、転職活動を行うのはかなり負担に感じるはず。

 

また、強いストレスのかかる環境に長期間置かれると心身が疲労して、自分では的確な判断が出来なくなりがちです。

今の職場以外の選択肢が思いつかないと、「毎日つらい」と思いながら職場から離れられず、最悪過労で倒れてしまう、という状況になってしまうのです。

 

もしここで、「転職」という選択肢を選ぶことができれば、無理に我慢する必要はありませんよね。

普段から気になる求人情報をストックしておけば、「転職」という選択肢ができ、過労で倒れる前に「転職」という手が打てるようになりますよ。

 

転職サイトも転職エージェントも登録は無料で、並行して利用することもできます。また、希望に合う職場がなければ、すぐに転職しなくても構いません。

仕事の悩みがあるなら、気力・体力のあるうちに転職サイト・転職エージェント登録を済ませ、優良な求人を見逃さない仕組みを作っておきましょう。

 

優良な求人情報が集まる転職サイトのおすすめはこちら

  ⇓⇓



優良な求人情報が集まる転職エージェントのおすすめはこちら

  ⇓⇓