仕事

退職が言いづらい!切り出せない!なかなか言えない時の切り出し方

退職を決意したのに上司に言いづらい、なかなか退職を切り出せない、言えないまま時間だけが過ぎていく、と悩んでいませんか?

退職したいと言う気持ちを伝えるのは、簡単なようでとても難しいもの。人が少なくて忙しい職場だとなおさら言いづらいですよね。

 

しかし、退職を決意したのになかなか言い出せずに日々が過ぎている状態は、あなたの貴重な時間がもったいないです。

では、退職がなかなか言えない時、どうすればそれを上手く伝えて辞められるのでしょうか。

 

今回はそんな時の対処法をご紹介して行きましょう。

タイミングや伝え方さえ間違えなければ、上手く自分の気持ちを伝えて、退職までをスムーズに進めることが出来ますよ。

退職をなかなか言えない時の切り出し方①退職したい気持ちを早めに伝える

退職を決意したのに上司に言いづらい、なかなか退職を切り出せない、言えないまま時間だけが過ぎていく…。

このような状態になったら、とても悩みますよね。人が少ない職場ならなおさら言いづらいもの。

 

しかし、退職したいと言う希望は早めに伝えた方が、その後の展開がスムーズになります。

あなたが上司に退職したいと伝えたら理由を聞かれますが、その理由が職場環境や人間関係の問題だった場合、上司が環境改善に動いてくれることがあります。

 

そうすれば、今より問題が解決して環境が良くなる、退職したい気持ちが薄れることもあります。

実際退職しなくても、伝えるだけで職場の問題が解決できるのですから、「もっと早く伝えれば良かった」と思いますよね。

 

また、次の仕事が決まっていて一日も早く退職したい場合も、一日でも早く伝えた方が、会社とあなた、お互いの為に良いでしょう。

というのも、会社側はあなたの後任者を探すことが出来るし、あなたは次の職場にいつからでも行くことが出来るからです。

 

このように、すでに気持ちが決まっているなら、理由に関わらず退職したいと言う希望は早めに伝えた方が良いでしょう。

退職をなかなか言えない時の切り出し方②タイミングをしっかりと見極める

退職を決意したのに上司に言いづらい、なかなか退職を切り出せない、言えないまま時間だけが過ぎていく…。

このような場合は、退職する時期を明確に決めることが大切。そしてその時期から逆算して退職の希望を伝えましょう。

 

「退職したい気持ちを伝えるタイミングによってその後の展開が決まる」と言っても過言でないくらい、退職を伝えるタイミングは重要です。

事前にしっかりと計画すれば、退職までをスムーズ進めることが出来ますよ。

 

では、退職するのに適した時期とはいつでしょうか。主なものは、以下の3つです。

次の採用活動が始まる前

会社が来年度の採用計画を立て始める時期はベストタイミングと言えるでしょう。あなたが辞めることを見越した採用が出来ます。

 

繁忙期が終わった後

これから繁忙期が始まる、そんな時に退職を切り出すと、周りの人達は焦って不安になってしまいますよね。

 

プロジェクト等の区切りの時期

一つのプロジェクトの途中から他の人に仕事を引き継ぐのは難しいです。キリが良い時期を選びましょう。

 

このような、採用や仕事の繁忙に合わせた時期であれば、後任者の補充もスムーズで退職しやすいでしょう。

まずは退職する時期を決定し、そこから逆算してタイミングを見極めて退職の希望を伝えましょう。

退職をなかなか言えない時の切り出し方③仕事の引き継ぎをきちんと行う

退職を決意したのに上司に言いづらい、なかなか退職を切り出せない、言えないまま時間だけが過ぎていく…。

このような状態の中、早めにまたタイミングを見極めて希望を伝えられたら、後は退職までの責任を全うしましょう。

 

今の職場であなたがやるべきことは、後任者に仕事の引き継ぎをしっかりと行うこと。

あなたが退職することで、周囲の人達はこれからきちんと仕事がまわるのか、不安や焦りを感じますよね。

 

そんな周囲の不安を少しでも軽くするために、なるべく丁寧に引き継ぎを行うことが大切なのです。

また、退職前に仕事の引き継ぎを行う際には、以下のようなことに気を配ると良いですよ。

  • 自分にしか出来ない、属人的な仕事はないか
  • 定例的な仕事以外で、引き継ぎ忘れはないか
  • 関係者に退職する旨、後任者の連絡はしたか

 

引き継がれる側の気持ちになって、ていねいに引き継ぎを行いましょう。それがスムーズな退職にもつながりますよ。

まとめ

退職を決意したのに上司に言いづらい、なかなか退職を切り出せない、言えないまま時間だけが過ぎていくことに悩んだときの対処法についてまとめました。

このような場合、上手く気持ちを伝える方法、そして退職前にするべきことは次の通り。

  1. 退職したい気持ちが早めに伝える
  2. タイミングをしっかり見極める
  3. 仕事の引き継ぎをきちんと行う

 

退職はなかなか言いづらい、切り出せないものですが、退職したい気持ちを伝えることで状況は動き出します。

タイミングを見極めて退職の希望伝えることで、自らが新しい仕事にスムーズに進める状況を作りましょう。

 

また、後任者に仕事の引き継ぎをしっかり行うことで、周囲の人達にも気持ち良く送り出してもらえますよ。

今までお世話になった会社で、最後まで自分の責任を果たすことで、次の仕事にも前向きに取り組むことが出来るはずです。

ぜひ、参考にしてみて下さいね!

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング