仕事

退職なかなか言えない!仕事辞めたいけど言いづらい!退職代行はアリ?

「退職なかなか言えない」「仕事を辞めたいけど言いづらい」と悩んだことはないでしょうか。

仕事を辞めるのは大きな決断ですが、その前に退職の意思を会社に伝えることも大きなハードルですよね。

 

退職を言い出しづらい理由は人それぞれですが、会社に言わなければ、いつまでも辞めることはできません。

退職を受け入れてもらうには、受け入れられやすい時期や切り出し方を工夫することが大切です。

 

また、どうしても言い出せない場合に「退職代行」というサービスも存在しますが、利用する際にはどういったことに注意すれば良いのでしょうか。

 

今回は、仕事を辞めたいけど言い出せない理由と対処法、退職代行を利用する際の注意点をまとめていきます。

退職したいけど言い出せずに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

退職なかなか言えない理由

仕事を辞めたいと思っても、言えない、言いづらいという人は多いもの。

仕事を辞めるのは働く人の自由なはずですが、なぜ言い出しにくいと思うのでしょうか。

 

退職なかなか言えない理由①人手が足りないから

仕事を辞めにくい理由として、職場の人手に気を遣ってしまうことが挙げられます。

もともと人が少ない職場で辞めてしまうと、周りの人にも迷惑がかかったり、仕事が回らないのではないかという心配です。

 

でも大丈夫。基本的に職場は大勢で動かすものですから、一人抜けたくらいで仕事が回らない、ということはないのです。

確かに、急に辞めてしまうと人員確保が難しく良い顔をされませんが、ちゃんとした理由があって早めに申請していれば、職場も対応できるものですよ。

 

退職なかなか言えない理由②上司が怖いから

仕事辞めたいと言いづらい理由として、上司に言い出しにくいこともよく挙げられます。

「このくらいで仕事を辞めるなんて甘い」「忙しいのに周りのことを考えろ」などと言われたらどうしようと迷って、結局言い出せないケースも多いようです。

 

とはいえ、上司があなたの人生の面倒を見てくれるわけではありません。どんな仕事をするのか、決めるのはあなたです。

少し気が引けるかもしれませんが、言い出さないと仕事を辞めることはできませんから、きちんと理由を整理して、伝えに行きましょう。

 

上司にしたって、ちゃんと手続きを取り、理由もしっかりしていればそうそう文句は言えませんよ。

どうしても言いにくいなら、なるべく上司の機嫌の良さそうな時か、仕事が落ち着いている時間帯をねらって話しかけてみましょう。

 

退職なかなか言えない理由③引き留められそうだから

仕事を辞めたいと言えない理由として、強引に引き留められそう、という理由もあります。

退職を伝えに行っても、「仕事の内容を変えればもう少し働ける?」「今は忙しいからもう少しいてほしい」などなんだかんだ理由を付けられて、結局ずるずると辞められないパターンです。

 

そうならないためには、退職理由をはっきりさせておくことが大切。

「家庭の事情」「一身上の都合」など深く踏み入らせない理由や、「職場までの通勤時間が長すぎるから」「転居が決まったので」など動かせない事実を理由にしてしまえば、無理に引き留められることも減りますよ。

 

退職なかなか言えないときの対処法

「仕事辞めたい」となかなか言いづらい場合は、退職届の出し方に気を配り、なるべくストレスなく退職の意思を伝えましょう。

特に、次のことには気を付けてください。

  • 退職届を出すタイミング
  • 退職理由
  • 退職の意思を伝える人

 

まず、転職届を出すタイミングですが、職場にもよりますが、1~3か月前には提出するようにしてください。

法律では2週間前で良いことになっていますが、多くの企業の就業規則で1~3か月前のことが多いからです。

 

急に辞めるのは職場に負担をかけてしまいますし、上司の心象も良くありません。円満に退職したいなら、ルールは守っておきましょう。

また、職場の仕事が忙しい時期を避けることも鉄則。入職して日が浅いなどの理由で忙しい時期がわからなければ、先輩に聞いて確認しておきましょう。

 

退職理由もスムーズに退職するには大切です。

「仕事がつらい」「人間関係が悪い」など、あいまいでネガティブな理由はトラブルになりやすいです。

 

さきほど挙げたような「家庭の事情」「転居」など変えようのない理由は上司もどうしようもないので、受理されやすいでしょう。

 

また、退職の意思は、まず直属の上司に伝えることが大切。

いきなりトップに言いに行くことは、直属の上司の管理がうまくいっていない、という証明になってしまうので避けましょう。

 

退職代行を利用するのはアリ?

仕事を辞めたいのに、どうしても言えない場合、退職代行サービスを利用するのはどうなのでしょうか?

退職代行サービスとは、退職の意思を本人に代わって会社に伝え、退職まっでの手続きを代行してくれるサービス。

 

これを依頼するなら、その日からもう会社に行かずに済んでしまいます。

辞めたい人には「すぐ辞められる」「職場の人と顔を合わさずに手続きできる」など一定のメリットがありますが、会社側の評判は微妙と言えるでしょう。

 

会社からしてみれば、突然見知らぬ会社から連絡があり、ある社員がもう来ないと伝えられるわけですから、びっくりしてしまいますよね。

通常のやりとりができる間柄であれば、顔を見せて直接本人から意思を伝えるのが最もスムーズと言えるでしょう。

 

ただし、何度会社にかけあっても辞めさせてくれない、上司がどうしても退職届を受理してくれないなど、自力では辞められそうにない場合はこのサービスは有効。

まずは自力で辞めることを伝え、どうしても自力では無理な場合に、頼ると良いサービスと言えるでしょう。

 

まとめ

退職なかなか言えない理由と対処法、退職代行を利用する際の注意点をまとめていきました。

退職を言いづらいときの対処法としては、次のポイントに気を付けて退職の意思を伝えてみましょう。

  • 退職届を出すタイミング
  • 退職理由
  • 退職の意思を伝える人

 

退職代行については、どうしても自力で辞められない場合に活用すると良いでしょう。

まずは自分で会社に退職の意思を伝えるのが基本です。

 

仕事を辞めたいと思ったら、言いづらくても伝えに行かないと状況は変わりません。

タイミングや方法をしっかり見極めて、あなたに合った働き方を見つけていきましょう!

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング