仕事

社会人2年目なのに仕事できない!疲れたしもう辞めたい!二年目の転職はアリなのか

「社会人2年目なのに、新人よりも仕事できない」「仕事量も増えて、疲れたしもう辞めたい」そう悩んでいませんか。

社会人2年目になると、新人の頃のように気軽に質問できなくなるし、仕事の量も内容も重たくなってきますよね。

 

今までよりぐんと責任を感じ、ぐったり疲れてしまう人も増えてくる時期です。

職場で「仕事ができない」と感じながら過ごすのはつらいもの。

 

今回は、2年目で仕事できないと感じたときにすべきこと、どうしても仕事が辛いときに転職するのはアリなのかについてまとめていきます。

社会人2年目なのに仕事できないときの対処法

社会人2年目で仕事できないと感じたら、とてもつらいですよね。さらに、今年入った新人のほうが手際が良かったりすると、ますます焦ってしまいます。

2年目で仕事がうまくすすまないときは、次のポイントを見直してみてください。

 

  • 初心に返る
  • できる人の真似をする
  • 2年目だからと気負いすぎない
  • 休みの日にはしっかりリフレッシュする

 

2年目になると自分の仕事にも慣れ、力を抜いて仕事することがきできるようになりますが、一方で気を抜いてしまう時期でもあります。

 

いつもどおりやっているつもりでも、うっかり手順を飛ばしてしまっているところはないでしょうか。また、少しくらいいいやと気を抜いてしまうところはないでしょうか。

もし思い当たるなら、初心に返ることが効果的。今一度、自分に油断がないか確認してみましょう。

 

また、同僚の中で、あなたの担当している仕事が得意な人を探してみましょう。全く同じ業務ではなくても、似たようなスキルが必要な仕事なら参考になるでしょう。

できる人を見つけたら、どうしてその人はうまくいっているのか観察し、そのコツを忠実に真似してみましょう。

 

得意な人は、先輩に限らず、同期、後輩にも目を向けて探してみてください。その人がうまくいっているポイントを見つけて、あなたに取り入れるイメージです。

仕事の順番やペース、進め方など、どこがあなたと違うのかしっかり観察してみると違いに気づけますよ。

 

自分に足りないところはしっかり探しつつ、緊張しすぎないのもポイントです。

仕事がうまくいかないと悩んでいるあなたはまだ2年目。まだ完璧でなくて当然です。

 

一般的には、ひとつの仕事を自立してできるようになるには、だいたい3~4年かかると言われています。

「あれもしなくては」「これもしなくては」と焦っているとミスも増えてしまいますし、何より自分も苦しいもの。

 

「新人のときよりはできるようになったな」「次はこうしたらもっとうまくできるかな」くらいにとらえ、前向きに仕事に取り組むのがおすすめです。

さらに、仕事のことで毎日悩んでいると心の健康に良くありませんし、考え方も狭くなって良いアイデアも出にくくなります。

 

休日には全く別のことをするなど、しっかりリフレッシュしたほうが、平日のパフォーマンスも良くなりますよ。

社会人二年目の転職はアリなのか

社会人二年目だと、いくら疲れた、辛い、辞めたい、と言っても「甘い」「根性がない」「会社に入ったら3年は働かないと」などと言われがちです。

もちろん、仕事の経験がまだ不十分とか、もう少しスキルアップすれば効率良くできそうなど、今後うまくいく予感がするならもう少し頑張ってみた方がリスクはありません。

 

しかし、もしあなたが以下のような状況であれば、早めに転職を考えたほうが良いかもしれません。

  • 夜良く眠れない
  • 食欲がない
  • 出勤しようとすると体調が悪くなる
  • 休日も何もやる気が出ない
  • 何をしていても楽しくない
  • 急に悲しくなる、不安になる
  • 自分は役に立っていないと感じる

 

これらの特徴はストレスで心身がかなりダメージを受けている状態。この状態を放置すると、うつ病を引き起こす可能性があります。

うつ病になってしまうと何かする気力もなくなりますから、そうなってからの転職や再就職活動は相当難しいです。

 

心身が疲れる原因は、仕事のプレッシャーや長時間労働、職場の人間関係やハラスメントなど様々ですが、本当に心身が疲れてしまう前に、環境を変えるのはひとつの解決方法と言えるでしょう。

まとめ

2年目で仕事できない、疲れたと感じたときにすべきこと、転職するのはアリなのかについてまとめていきました。

 

仕事がうまくいかないと感じた時は、次のポイントを振り返ってみましょう。

  • 初心に返る
  • できる人の真似をする
  • 2年目だからと気負いすぎない
  • 休みの日にはしっかりリフレッシュする

 

2年目の転職については、今後がんばれば改善する見込みがあるなら、今の仕事を続けたほうが良いでしょう。

しかし、次のような兆候があるなら心身が相当疲れていますから、転職も含め、いったん仕事のペースを落とす方が良いでしょう。

  • 夜良く眠れない
  • 食欲がない
  • 出勤しようとすると体調が悪くなる
  • 休日も何もやる気が出ない
  • 何をしていても楽しくない
  • 急に悲しくなる、不安になる
  • 自分は役に立っていないと感じる

 

社会人も2年目になると、仕事の難易度もプレッシャーも大きくなってきます。

疲れすぎてしまう前に、ご紹介した対処法を参考にしてみてくださいね。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング