仕事

新卒で辞めたらその後後悔する?すぐ退職しても後悔しないためのコツ

「新卒で就職したけど、どうしても辞めたい。でも辞めたら後悔するかな・・・」と悩んだことはありませんか。

どんなにリサーチしてから就職したとしても、その会社が自分に合うかどうかは、実際働いてみないとわかりませんよね。

 

自分で希望して就職しても、思った状況と違うことだってよくあります。

そして、職場環境がどうしてもつらいとき、転職や退職は環境を一気に変えることができる手段です。

 

新卒の場合、転職の不安で多いのは、新卒ですぐ辞めたら印象が悪いんじゃないか、せっかく就職できなのに辞めたら後悔するのではないか、ということ。

辞めてしまってから後悔しないように、転職で後悔するパターンを知り、後悔しないように職場を選んでいきましょう。

新卒で辞めたあと後悔するパターン

新卒で退職して後悔する原因の多くは、確認不足による判断ミス。例えば、次のような場合があります。

  • 給料が下がった
  • 大企業の良さに気付かなかった
  • 職場環境が特に変わらなかった
  • 再就職先がなかなか見つからなかった

 

転職して給料が下がる、お金で困るようになった、という後悔は最もよく聞かれる内容です。

せっかく転職したのに、待遇が良くなくてはがっかりしてしまいますよね。

 

このパターンは、仕事の内容・勤務条件・やりがいなどに気が向いて、待遇面をよく確認しないときに起こりやすいです。

給与の額面は高くても、保険などを差し引くと手取りは減っていた、という事例は典型的です。

 

また、新卒では高い給料に思えても、将来の昇給が少なかったり、昇給がない場合もあります。

給与面については、差し引かれる額はどのくらいか、自分が将来どのくらいの給料を得ることができるのかを長期的に考えることが大切です。

 

また、もとの会社が大企業だった場合、辞めてからその良いところに気付き、後悔するパターンもあります。

大企業の良い点は、福利厚生がしっかりしていること、有休制度が整っていること、などが挙げられます。

 

福利厚生は効率で決められている部分もありますが、企業が自由に決められる部分もあります。

企業が独自で決められる福利厚生は、企業利益の大きい大企業の方が手厚くなりますよね。

 

例えば、住居手当や出張費の支給など、給与以外に金銭的な援助があったり、社員食堂など格安の生活サービスを受けられたりします。

大企業で働いているときは当たり前に受け取っていたサービスも、辞めるとその存在に気付き、後悔することもあるでしょう。

 

また、転職しても職場環境があまり変わっていない、という後悔もあります。

これは、仕事がつまらないとか、人間関係が良くない、といった理由で転職した場合に起こりやすいです。

 

この後悔を避けるには、転職すれば良くなるかもといったあいまいな理由での転職をしないこと。

希望の仕事を回してもらうにはどうしたらいいか、人間関係を良くする方法はないか、まずは自分なりに工夫をし、どうしても無理なときに転職を考えると良いでしょう。

 

さらに、どうしても早く退職したいからといって、再就職先を決めずに退職するのはおすすめできません。

というのも、新卒の一括採用と違い、中途採用には求人の出ない時期もあるから。

 

たとえ希望の会社があったとしても、ちょうど空きがあるとは限らないのです。

今の職場で働きながら、自分に合った求人を探し、内定をもらっておくのが鉄則です。

すぐ退職しても後悔しないためのコツ

新卒で就職し、すぐに退職しても後悔しないために、次のコツを押さえておきましょう。

  • 次の就職先を決めてから退職する
  • 給与、勤務条件をしっかり確認する
  • 仕事の内容を確認する
  • 今の職場で何がつらいのか問題点をはっきりさせる

 

まず、次の職場を決めておくことは重要です。

というのも、あなたの希望通りの求人は、いつ出るか分からないから。

 

そもそも中途採用の再就職は出る時期が不定期ですし、特にあなたの希望する会社が人気の会社なら、もっと求人を見つけるのが難しいでしょう。

急いで辞めて仕方なく妥協した就職をするよりも、今の職場で働きながら希望の求人が出るのを待ち、内定をもらってから辞めるのがスムーズに再就職できるコツです。

 

求人情報を見る時は、給与・勤務条件・手当の有無・福利厚生の内容など、労働条件はしっかりチェックしましょう。

特に給与面は、転職後後悔しやすいポイントですから念入りに。

 

額面だけでなく、いくら差し引かれるのか、今後の昇給は見込めるのかなど、自分の手元にどのくらい入るのかきちんと確認しておきましょう。

仕事がつまらないなど、業務内容に不満がある人は、転職先の仕事内容も見ておきましょう。

 

あまり具体的に書かれていないから、企業サイトや公式SNSなどから直接問い合わせてみても良いでしょう。

SNSや口コミサイトを見れば、社内の人や就活した人のリアルな声が見つけれらるかもしれませんね。

 

なによりもやっておきたいのは、今の職場のどんな点が我慢できない、つらいと感じているのかということ。

なぜなら、ここが自分で分かっていないと、次の職場でも同じようにつらくなってしまうから。

 

仕事内容がつらいのか、勤務時間がつらいのか、人間関係がつらいのか、そして自分なりにどう解決しようとしたのか。

もしあなたが思いつく限りの工夫をしても、先輩に相談しても解決しないとき、最終的に転職しかない!と自分で決めたなら、転職後に後悔することは少なくなりますよ。

まとめ

転職で後悔するパターンと、後悔しないためのコツをまとめていきました。

新卒で退職して後悔する原因の多くは、次のような場合。

  • 給料が下がった
  • 大企業の良さに気付かなかった
  • 職場環境が特に変わらなかった
  • 再就職先がなかなか見つからなかった

 

また、新卒で退職しても後悔しないためには、次のコツを押さえておきましょう。

  • 次の就職先を決めてから退職する
  • 給与、勤務条件をしっかり確認する
  • 仕事の内容を確認する
  • 今の職場で何がつらいのか問題点をはっきりさせる

 

いったん退職してしまうと元の職場に戻ることはほぼ不可能ですから、慎重に決断することが大切です。

後悔のない転職で、もっとあなたに合った職場環境を手に入れてくださいね。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング