仕事

新卒でもう仕事したくない!仕事行きたくないなら一年目でも辞めるべき?

新卒でしばらく働くと「もう仕事したくない」「仕事行きたくない」「一年目だけど辞めたい」と悩んでしまうこと、ありますよね。

仕事が嫌になるのは社会人の多くが経験することですが、あなたが1年目なら、まずは退職以外の選択肢はないか振り返ることをおすすめします。

 

例外は、すでに心身に悪い影響が出ている場合。もし心身に症状があるなら、すぐに退職を考えた方が良いです。

なぜまず退職以外の選択肢を探すことが大事なのか、もし心身の調子を崩していたらどうすればいいのか、詳しく見ていきましょう。

新卒でもう仕事したくない時の対処法

新卒で仕事に行きたくないと感じるには、いくつかの理由があります。

それぞれの対処法を見ていきましょう。

仕事の内容が面白くないとき

仕事に行きたくないと感じるのは、仕事の内容が面白くないから、というのは最もよく聞く理由です。

でも考えてみてください。やりがいがあって面白い仕事を、いきなり新入社員に担当させる会社がどのくらいあるでしょうか。

 

面白い仕事というのは、会社への影響も大きく、経験や応用力が必要とされることが多いです。場合によっては、人脈が大切な場合もあるでしょう。

新人よりも、しばらく働いて会社の事情をわかっている人のほうが、対応できる可能性は高いですよね。

 

たしかに新入社員のうちは、雑用のような仕事や簡単な仕事も多く、いやになってしまうのも和わかります。

でも、気を付けてください。同じ仕事を振ったときに、誰がどの程度の仕事をするのか、上司は見ているものです。

一年目の仕事のやり方で、今後の部署が決まることも多いですよ。

 

人間関係がつらいとき

仕事に行きたくないと感じるのは、会社に苦手な人がいたり、同僚になじめないから、という理由もよくあります。

会社には色々なタイプの人がいますから、どうしても苦手な人がいるもの。

 

しかし、会社は仕事をする所。同僚とは、最低限コミュニケーションとが取れていれば問題ないのです。

苦手な人に無理に話しかける必要はないですし、あいさつやお礼などをきちんとできていれば大丈夫。

 

それよりも、自分の仕事をきちんとすることに集中してみましょう。

仕事で頼られるようになるにつれて、なじめない感じは気にならなくなってきますよ。

 

ただし、パワハラなどのハラスメントを受けている場合は例外です。

ハラスメントがある状態は普通ではありませんから、信頼できる上司に相談して部署を変えてもらうなど、自衛策を取る必要がありますので要注意です。

長時間労働がつらいとき

もう仕事に行きたくないと思う理由で多いのは、勤務時間が長いとき。

朝から出勤して夜遅くまで働き、家に帰ったら寝るだけ。さっき寝たばかりだけどまた朝だし起きなくちゃ・・・

 

そんな暮らしをしていると、疲れもたまりますし、仕事の時間が苦痛になってきますよね。

経験を積んでいくことで仕事の効率は上がり、早く終わらせられるようになることがほとんどですが、新人の時に疲れ切って仕事を続ける気力が出ないと困ってしまいますよね。

 

そんな時は、週のうち1日だけでも早く帰ってみることがおすすめ。

そして早く帰るときは、「何時に帰る」と自分で決めるのがコツです。

 

というのも、あえて自分で時間の制限を作ることで、逆に仕事のペースが上がることもよくあるから。

早く帰ったあと、帰るのが楽しみになる予定を入れておくのも良いですね。

 

繁忙期など社員全員が忙しいときに一人だけ早く帰るのは止めた方がいいですが、平時なら仕事が終わっているなら問題ないことが多いですよ。

 

早く帰ったら今日の仕事が終わらない、と思うかもしれませんが、疲れた状態で長時間働いても効率は上がらないもの。

思い切ってリフレッシュしたほうが、翌日はかどることは多いですよ。

一年目でもこういう場合は辞めるべき

新卒で仕事行きたくないと思うときに、すぐに退職を考えたほうがいいのは、すでに心身に悪い影響が出ている場合。

例えば、次のような状態に当てはまっていないでしょうか。

  • 夜よく眠れない
  • 食欲がない
  • いつもだるい、疲れやすい
  • 頭痛、肩こり、腰痛がひどい
  • 何をしても楽しくない、やる気が出ない
  • いろいろな物事に興味が持てない
  • いつも不安、何となく焦る
  • 落ち込みやすい
  • 集中力・決断力が落ちる
  • 自分は役に立っていないと感じる
  • 消えてしまいたいと感じる

 

もしこのような状態になっているなら、かなりのストレスを感じているということ。

このまま放っておくとうつ病などの病気を引き起こしてしまいますから、自分ではまだ大丈夫と思っても、できるだけ早く休むことをおすすめします。

 

いったん心身を壊してしまうと回復には時間がかかりますし、長期休職が必要になる場合も多いですから、そうなる前にストレスを遠ざけることが必要。

すぐに仕事を辞めることが難しいなら、年休などを使い、少しでも休むことをおすすめします。

 

まとめ

新卒で「もう仕事したくない」「仕事行きたくない」と感じたら、会社を辞める方が良いのか、詳しく見ていきました。

新卒が仕事したくないと悩んでしまう原因で多いのは、次の場合。

  • 仕事の内容が面白くない
  • 人間関係がつらい
  • 長時間労働がつらい

 

これらが理由の場合、まだ対処法はあります。自分のスキルが上がれば楽になる場合が多いので、もう少し様子を見るのが良いと思います。

 

すぐに辞めた方がいいのは、すでに心身に悪い影響が出ているとき。

体調をくずした状態で放っておくと本当に体を壊してしまうので、退職も含めて、できるだけ早く休養を取る必要があります。

 

仕事がいやになること、ありますよね。今回ご紹介した方法を、あなたの毎日を楽にするヒントにしてみてくださいね。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング

【今すぐ転職しなくても】転職サイト・転職エージェントを利用しよう

あなたは今、次のような悩みを抱えていませんか?

  • 社風が合わず辞めたい
  • 仕事がつまらないので辞めたい
  • 人間関係が悪いので辞めたい
  • 年収をあげたい、キャリアチェンジしたい
  • 手に職がつく仕事に転職したい

 

このような思いがあるなら、たとえ今すぐ転職する気がなくても、「転職サイト」や「転職エージェント」へ登録しておくのがおすすめです。

というのも、ストレスや疲労が限界に達すると、サイトに登録する気力すら無くなるから。

 

仕事に悩みがあるのなら、普段の業務だけで体力・気力ともに相当消耗していますよね。

その上、帰宅後や休日に求人情報を調べたり、転職活動を行うのはかなり負担に感じるはず。

 

また、強いストレスのかかる環境に長期間置かれると心身が疲労して、自分では的確な判断が出来なくなりがちです。

今の職場以外の選択肢が思いつかないと、「毎日つらい」と思いながら職場から離れられず、最悪過労で倒れてしまう、という状況になってしまうのです。

 

もしここで、「転職」という選択肢を選ぶことができれば、無理に我慢する必要はありませんよね。

普段から気になる求人情報をストックしておけば、「転職」という選択肢ができ、過労で倒れる前に「転職」という手が打てるようになりますよ。

 

転職サイトも転職エージェントも登録は無料で、並行して利用することもできます。また、希望に合う職場がなければ、すぐに転職しなくても構いません。

仕事の悩みがあるなら、気力・体力のあるうちに転職サイト・転職エージェント登録を済ませ、優良な求人を見逃さない仕組みを作っておきましょう。

 

優良な求人情報が集まる転職サイトのおすすめはこちら

  ⇓⇓



優良な求人情報が集まる転職エージェントのおすすめはこちら

  ⇓⇓