仕事

20代で次を決めずに退職するのはアリ?思い切って仕事を辞めるのはどうなのか?

「仕事を辞めたい…」誰もが一度は思ったことがあると思います。

20代で仕事を辞めたいと思った時に、転職先を決めずに退職することは、あまり良いこととは言えませんが、場合によっては次を決めずに退職するのもアリです。

 

今回は、20代で次の仕事を決めずに転職するのはアリなのか、また、思い切って仕事を辞めるときのポイントについて、まとめていきます。

 

20代ならまだキャリアチェンジもアリ!

 

20代前半、第二新卒での転職なら企業は経験やスキルよりもポテンシャルを重要視してくれます。

20代後半であっても、まだポテンシャルを見てもらえますね。

 

これが、30代、40代になると即戦力が求められますから、キャリアチェンジでの転職が厳しくなってきます。

つまり、20代という年齢は、異業種への転職のラストチャンスであるということですね。

 

  • 「仕事がつまらない」
  • 「仕事が自分に合っていない」

と感じているなら、20代のうちに転職を考えた方が結果的に良い方向に向かう可能性が高いです。

 

20代の転職は在職中に転職活動をするのがベスト

 

20代で仕事を辞めてから転職先を探すことは、出来ればやめておいた方が無難です。

確かに20代なら、転職活動が長期化する可能性は少なく、すぐに転職先が決まる可能性が高いです。

 

ただし、転職を成功させるためにはやはり在職中に転職活動をするほうが良いですね。

状況にもよりますが、人気の高い業種への転職や大企業への転職は、いくら若いからと言ってもそう簡単ではありません。

 

年代を問わず、今の会社よりも条件が良い会社に転職しなければ、意味がありませんよね?

そして、条件が良い会社は転職するのが難しいです。

 

となると、転職活動が長期化する可能性が高く、転職先が決まらない焦りや経済的な問題から転職先を妥協してしまいます。

これは、仕事を辞めてから転職先を探す場合の典型的な失敗のパターンです。

 

「どんな仕事でもいい、とにかく今の会社を辞めたい」

と思っているなら別ですが、このようなネガティブな理由での転職は失敗しやすいので注意が必要です。

 

もちろん、「自由な時間がとれるので転職活動に専念できる」など仕事を辞めてから転職先を探すという方法にもメリットはありますが、総合的に考えれば在職中に転職活動を行い、転職先に内定をもらってから今の仕事を辞めるという順序の方が、メリットが大きいです。

 

20代の転職ですぐに仕事を辞めた方がいいケース

 

20代の転職となると、基本的には、在職中に転職先を見つけてから仕事を辞めた方がいいもの。

ただし、場合によっては仕事を辞めてから転職活動をした方が良い場合があります。

 

精神的に限界がきている人

 

上司のパワハラや仕事のストレスで精神的に限界がきている人、仕事が原因でうつ病の症状がでている人は仕事を辞めてから転職活動をした方が良いですね。

中には信じられないくらいの過酷な状況の中で我慢して仕事をしている人もいますが、20代なら転職先がすぐに見つかる場合が多いのですし、転職することで状況が好転する可能性が高いです。

 

我慢して仕事を続けてうつ病などの病気になってしまっては、仕方がありませんからね。

仕事を辞めることで精神的にも楽になると思います。

 

仕事が忙しすぎて転職活動ができない人

 

キャリアチェンジを考えているなら、転職は早い方が良いです。

異業種への転職は、若いほど有利だからです。

 

「転職をしたい」と思っているのに、仕事が忙しすぎて転職活動が出来ず、いつのまにか30代になってしまうというパターンは、よくあるパターンです。

本来なら有給休暇などを使って転職活動をするのがベストですが、仕事が忙しすぎて有給休暇もとれないような状況なら、思い切って仕事を辞めてから転職先を探した方が良いかもしれませんね。

 

20代の転職はとにかくアクションを起こそう!

 

20代の転職は、人生を変えるチャンスです。

基本的には、在職中に転職活動をして転職先が見つかってから仕事を辞めるのがベストですが、20代なら場合によっては仕事を辞めてから転職活動を行っても良いでしょう。

 

「転職をしたい」と思ったのなら、まずはアクションを起こすことが大切です。

 

まとめ

20代で次を決めずに退職することや、思い切って仕事を辞めるときに気を付けることをまとめていきました。

 

在職中に転職活動をするなら、

  • ハローワークに行ってみる
  • 求人広告を常にチェックする
  • 転職エージェントに登録する

などのアクションを起こすことが大切です。

 

  • 仕事のストレスで精神的に限界がきている
  • 仕事が忙しすぎて、転職活動ができない

なら、すぐにでも退職届を職場に提出して、仕事を辞めましょう。

 

本当に転職をしたいなら、「転職したい」と思っているだけでなく、行動に起こすことが大切です。

必要な情報を集めてしっかり行動し、あなたにぴったりの職場に出会ってくださいね。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!


転職活動ランキング

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

【今すぐ転職しなくても】転職サイト・転職エージェントを利用しよう

あなたは今、次のような悩みを抱えていませんか?

  • 社風が合わず辞めたい
  • 仕事がつまらないので辞めたい
  • 人間関係が悪いので辞めたい
  • 年収をあげたい、キャリアチェンジしたい
  • 手に職がつく仕事に転職したい

 

このような思いがあるなら、たとえ今すぐ転職する気がなくても、「転職サイト」や「転職エージェント」へ登録しておくのがおすすめです。

というのも、ストレスや疲労が限界に達すると、サイトに登録する気力すら無くなるから。

 

仕事に悩みがあるのなら、普段の業務だけで体力・気力ともに相当消耗していますよね。

その上、帰宅後や休日に求人情報を調べたり、転職活動を行うのはかなり負担に感じるはず。

 

また、強いストレスのかかる環境に長期間置かれると心身が疲労して、自分では的確な判断が出来なくなりがちです。

今の職場以外の選択肢が思いつかないと、「毎日つらい」と思いながら職場から離れられず、最悪過労で倒れてしまう、という状況になってしまうのです。

 

もしここで、「転職」という選択肢を選ぶことができれば、無理に我慢する必要はありませんよね。

普段から気になる求人情報をストックしておけば、「転職」という選択肢ができ、過労で倒れる前に「転職」という手が打てるようになりますよ。

 

転職サイトも転職エージェントも登録は無料で、並行して利用することもできます。また、希望に合う職場がなければ、すぐに転職しなくても構いません。

仕事の悩みがあるなら、気力・体力のあるうちに転職サイト・転職エージェント登録を済ませ、優良な求人を見逃さない仕組みを作っておきましょう。

 

優良な求人情報が集まる転職サイトのおすすめはこちら

  ⇓⇓



優良な求人情報が集まる転職エージェントのおすすめはこちら

  ⇓⇓