仕事

30代で次を決めずに退職するとどうなる?仕事がないと焦らない退職方法とは

30代で次を決めずに退職するとどうなるのでしょうか。再就職で仕事がないと困ることはないのでしょうか。

30代は人生の転換期です。そんな大切な時期に退職して転職活動をしてみたものの、なかなか仕事が見つからない…。そんな状態になるととても焦りますね。

 

20代の転職と比べると、30代に求められる人材レベルは間違いなく高くなります。

「社会人としての生活リズムに慣れない」「人間関係が上手くない」等の甘えは許されませんし、30代で新入社員と同じレベルでは採用されないでしょう。

 

今回は、30代で次を決めずに退職するとどうなるのか、仕事がないと焦らない退職方法にはどういう方法があるのかご紹介します。

30代での転職を成功させるには?

30代で次を決めずに退職するとどうなるのでしょうか。仕事がないと収入もなくなり、そんな状態が続くと精神的にも不安定になってしまいますよね。

やはり、30代での転職活動は在職中に行うのがベターです。

 

また、30代の転職者には、20代と異なり次のような資質が求められます。

  • 即戦力として働けること
  • 会社に貢献出来る人材であること

 

30代と言うことは、少なくとも社会人としての基礎や常識はきちんと身に付けていることが大前提。

その上で、その人ならではの専門性を持っているか、自分の強みや弱みを客観的に理解しているか等が採用の基準となるでしょう。

 

ですから、これまでに就いてきた職業に一貫性がなかったり、どれも短期間で辞めているなら、転職はとても困難です。

もしあなたが企業の採用担当者なら、そんな人材を採用はしないですよね。

 

「もしあなたが採用する側ならどんな人材を雇いたいか」と言う客観的な視点を持つと、自然と30代である自分に求められていることが見えてきますよ。

30代での転職の鍵は自らの強みがあるかどうか

30代でまだ次が決まっていなくても焦らずに転職するには、どうすれば良いのでしょうか。

20代での転職であれば、一から新しい分野の仕事を始めるのも良いですが、30代では、今までの経験が生かせる分野への転職がおすすめ。

 

なぜなら、それがあなたの「強み」になるからです。

「私は今までこの分野の◯◯について仕事をしてきた。転職したらこれについては即戦力として会社に貢献出来ます。」と言えれば、説得力がありますよね。

 

30代での転職を成功させるには、これまでの経験から何かしらの「強み」が必要です。

注意したいのは、自分では「強み」だと思っていることも、採用する側にはそうでない場合もあること。

 

転職先の会社が求めているスキルと自分の能力が適合してるか、あらかじめ確認することも忘れないようにしてください。

 

また、これまでに次のような経歴がある場合、転職活動は簡単には進まないと覚悟しましょう。

  • 人間関係が上手くいかず嫌なことがある度に辞めてしまった
  • なかなか仕事が覚えられず、職種を転々として来た

 

退職したものの仕事がない、という最悪の状態にならないためにも、30代での転職活動は在職中に行った方が安全と言えるでしょう。

30代ですぐに転職した方が良いケース

30代で次を決めずに退職するとどうなるのでしょうか。

次がなかなか決まらず、仕事がない状態になったとしても、すぐに転職した方が良いケースは次のとおり。

  • パワハラ等で精神的に参っている場合
  • うつ病など、心身の健康を損なった場合
  • 会社が無くなることが確実に決まっている場合

 

このような場合は、もし次の仕事がなくてもすぐに転職活動を始めることをおすすめします。

なぜなら、今の状況で働き続けることは、あなたにとって悪い影響しかないから。

 

精神的に参っている、またはうつ病になったら、このまま我慢して仕事を続けていても、あなたの健康を損ねるばかりですよね。

また、会社が無くなることが決まっているのであれば、早めに次の準備を始めた方が良いでしょう。

 

とはいえ、退職後の仕事が決まっていない状態はできるだけ早く終わらせたいところ。

忙しい中、効率的に転職活動を進めるには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

 

専門家のアドバイスで、自分がどのような仕事でこれまでの経歴を生かせるか、需要がある業種は何か等の情報を得られますし、転職先との面接日時調整なども行ってくれますよ。

転職エージェントを利用する際にも、やはり30代ではこれまでの経験やスキルが求められます。その点は退職する前から意識しておきましょう。

まとめ

30代で次を決めずに退職するとどうなるのか、仕事がないと焦らないで退職するにはどうしたらいいのかをご紹介しました。

30代での転職を成功させるには、次のような項目を確認してみましょう。

  • 自らの強みがあるか
  • 即戦力として働けるか
  • 会社に貢献出来る人材か

 

特に、次のような状況ならすぐに転職を検討しましょう。

  • ハラスメントで精神的に参っている
  • うつ病など心身の健康を損なった
  • 会社の業績悪化・倒産が決定している

 

また、30代での転職活動は在職中に行うのがベターです。もし、次を決めずに退職してなかなか仕事が見つからないと、精神的にも不安定になってしまいますよね。

忙しくて時間がとれないなら、転職エージェントを利用すると効率良く転職活動を勧められておすすめですよ。

 

30代の転職は20代より難しい傾向があると言われますが、実際はあなたにどれだけの経験とスキルがあるかにかかって来ます。

自分の経歴を上手くアピールし、エージェント等も利用しながら、希望通りの転職を進めていきましょう。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング