仕事

もう働きたくない!30代で仕事のモチベーションが下がったら転職を

もう働きたくない!まだ30代なのに仕事のモチベーションが下がって仕事行きたくない、と悩んでいませんか?

30代はひととおり仕事も覚えて安定してくる一方、日々の仕事がルーティーン化してしまいモチベーションが下がりやすい時期。

 

「もう今の仕事には疲れた」「この先ずっと今の仕事を続けると思うとうんざりする」と感じることも珍しくありません。

本来なら仕事ざかりの30代で、どうしても仕事したくないと感じるなら、今の仕事があなたに合っていない可能性があります。

 

もうそうなら、退職・転職を含め、今の仕事を見直す良い時期と言えるでしょう。

今回は、30代で働きたくないと感じた時の対処法についてまとめていきます。

もう働きたくない!30代はモチベーションが下がりやすい

30代でもう働きたくないと思うのは、そう珍しい事ではありません。

30代では、すでにひととおり仕事を覚え、だいたいのことはそつなくこなせるようになりますよね。

 

その分、毎日が単調に感じてしまったり、この先ずっと今のままでいいのか、ふと疑問に感じやすいのです。

20代のうちは、とりあえず仕事を覚えることに必死で、がむしゃらに頑張れる世代。

 

覚えることも多く大変な思いもしますが、できることが日々増えていく喜びも感じられます。

まだ同期も多く悩みを相談しやすいですし、自分が後輩の立場であることが多く、基本的には言われたことをきちんとやっていくことで評価されますよね。

 

仕事をすることで、喜びを感じやすい時期なのです。

でも、30代になるとそうはいきません。

 

もちろん、今の仕事が好きで、20代の頃と同じような情熱で仕事に取り組む人もいます。

しかし、次のような思いを感じる人も増えてくるのです。

  • そもそも、生活のほとんどを仕事に使う人生でいいんだろうか
  • 毎日仕事をするために生きてるみたい、自分の楽しみはどこにあるんだろう
  • 今までやってきた仕事だけど、実はそんなに好きじゃないかも
  • 仕事は嫌じゃないけど、この先一生続けると思うと気が重い

 

当てはまるものはあったでしょうか。

このような思いを持つ人は、「自分の仕事の何が好きなのか分からなくなった」と感じる人が多いのも特徴です。

もう働きたくない!30代で仕事行きたくないなら転職すべき?

30代でもう働きたくない、どうしても仕事行きたくないと感じるなら、転職すべきなのでしょうか?

転職が必要かはっきりさせるためには、今の仕事が本当に自分に合っていか振り返るのがおすすめ。

 

まず、次のポイントをチェックしてみましょう。

  • 今の仕事を決めたときの、決め手は何だったか?
  • 今まで仕事で達成感を感じたのはどんなとき?
  • 先輩のやっている仕事で、やってみたい仕事があるか?
  • 本当はやりたい仕事が別にあるのではないか?

 

まず、あなたが今の仕事を始めたきっかけは何だったでしょうか。

仕事の内容に興味があったとか、自分に必要な資格が取れるなど、業務内容に直結した内容が理由なら、モチベーションはまだ高い可能性が高いです。

 

ただ、今は異動であまり興味がない業務を担当しているとか、資格をすでに取得してしまっているなら、仕事への意欲は下がってしまっているでしょう。

さらに、今まで仕事で達成感を得た経験がなければ、毎日延々と続く業務にうんざりしているかもしれません。

 

さらに、社内に自分のやりたい仕事が見当たらなかったり、実はもともとやりたいことが別にあったとしたら、今の仕事が魅力的に見えなくなりますよね。

もし、これらのポイントを振り返り、今の仕事を続けるのがどうしても無理、と思うなら転職を視野に入れるべきと言えるでしょう。

 

今の仕事で気力を使い果たして転職活動をする元気なんてない、と思うなら、転職サイトや転職エージェントを利用するのがおすすめです。

本当に転職しなくても、転職サイトに登録しておくと、自分の転職可能な企業がピックアップされますから、自分の視野が広がり、それだけで希望が持てることも多いです。

 

本気で転職を考えているなら、担当者がついてくれる転職エージェントがおすすめ。短期決戦で、今すぐ転職できる企業を紹介してもらえますよ。

もし仕事が嫌で悩んでいるのなら、視点を変える意味でも一度サイトを除いてみることをおすすめします。

もう働きたくない!30代で転職する時の注意点

30代でもう働きたくない、今の仕事行きたくない、と思うなら、転職はひとつの解決方法。

ただし、年齢的に注意したいポイントがいくつかあります。

  • 転職しやすい時期を選ぶ
  • 自分の強みを把握しておく
  • 退職前に転職先をみつけておく

 

新卒や20代に比べると、30代の転職は年齢が上がるため、どうしてもハードルが高くなります。

その分、時期を選ぶことと、30代の強みをきちんとアピールすることがとても大切です。

 

一般的に、求人が増えるのは、3~4月、9~10月と言われていますが、4月はライバルが新卒になるので避けたほうが無難です。

また、中途採用に求められるのは即戦力。今までの勤務経験をもとに、自分の強みがはっきり言える人から転職できると言っても過言ではありません。

 

30代の転職では、新人や若手にはないメリットを、いかに転職先に納得してもらえるかがカギになります。

また、転職先を決めずに退職するのはおすすめしません。

 

というのも、退職時期に希望の求人がある保障はなく、すぐに転職が決まるとは限らないから。

もし、転職先を決めずに退職してしまうと、日々の生活費などの焦りから、今より条件の良くない会社に就職せざるを得ない、という状況にもなりかねません。

 

今より仕事に行きたくなくなっては、本末転倒ですよね。

せっかく転職するのなら、希望の条件で転職できるよう、納得できる求人が出るのをじっくり待つほうが、長い目で見て良い結果につながりやすいでしょう。

まとめ

もう働きたくない!30代で仕事のモチベーションが下がって仕事行きたくない、と悩んだ時の対処法をまとめました。

30代はそもそも仕事のモチベーションが下がりやすい時期ですが、どうしても仕事をしたくないなら、今の仕事があなたに合っていない可能性があります。

 

もしそうなら、今後も今の仕事を続けるべきか振り返る良いチャンスとも言えます。

自分のやりたいことがよく分からないなら、転職サイトを活用し、自分が転職できる可能性を調べてみるだけでも視野が拡がりおすすめです。

 

ただし、30代の転職は20代よりは難易度が上がります。

転職で後悔しないためにも、次のポイントは外さないように注意しましょう。

  • 転職しやすい時期を選ぶ
  • 自分の強みを把握しておく
  • 退職前に転職先をみつけておく

 

注意点を押さえ、もっとあなたに合った職場を見つけていきましょう!

 

 

もしこの記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング