仕事

人数少ない職場を辞めたいけど言えない!人手不足で退職できない会社を辞めるコツ

人数が少ない職場で仕事を辞めたい。でも人手不足でなかなか辞めたいことを言い出せない…。

自分がこのような状況に置かれたら、とても悩みますよね。

 

いつか人が増えるのではないかと期待していてもなかなか状況は変わらず、結局時間だけが過ぎていた。そんなことになって後悔したくないもの。

自分が新しい道に進む決心をしたのなら、早めに辞めたいと言う意思を上司に伝えなくてはなりません。

 

人手が足りない会社でも、タイミングを間違えずに退職の希望を伝えれば、辞められないことはありません。

今回は、人数が少ない職場を上手に辞める方法をご紹介します。

 

人数少ない職場を辞めたい①退職の意思を早めに伝える

人数が少ない職場を辞めたいときには、まず退職の意思を早めに上司に伝えましょう。

上司には辞めないでくれと止められたり、考え直してくれと説得されるかもしれませんが、まずは自分の意思をしっかり伝えることが大切です。

 

というのも、内心辞めたいと思っていても何も言わなければ自分の意思は誰にも伝わらないし、現状に不満もないとみなされるから。

 

もし自分の仕事量が多すぎて今の職場が嫌になってしまった場合、辞めたい意思を伝えて初めて、上司は危機感を持つでしょう。

場合によっては、あなたの仕事を減らす、担当業務を変える、新しい人を採用するなどの対応をしてくれるかもしれません。

そうすれば仕事を辞めたい気持ちが軽減するかもしれませんし、いずれにしても労働環境が良くなるなら嬉しいことですよね。

 

もし他にやりたい仕事が見つかった場合、職場環境の良し悪しは関係なく一刻も早く辞めて、次のことに挑戦したいですよね。

その時には、他にやりたいことが見つかったと言う理由と、引継ぎはしっかりするので辞めさせて欲しいと申し出ましょう。

あなたが他にやりたいことを見つけたのなら、上司も無理に引き留めたりはしないはずです。

 

いずれにしても、まずはあなたが意思表示をすることから全てが始まります。

人数が少ない職場ではなかなか言い出せないかもしれませんが、今の職場環境を変える、または新しい道に進むチャンスを逃さないように、少し勇気を出してみて下さいね。

 

人数少ない職場を辞めたい②時期を選ぶ

人数が少ない職場を辞めたいときには、時期を選ぶことも大切です。

今までお世話になった職場ですし、出来れば気持ち良く退職したいもの。周りの人へ配慮しながら、辞める時期をしっかりと見極めましょう。

 

避けた方が良いのは、会社の採用が終わった直後や、仕事の繁忙期の直前。

採用が終わった直後では、次の採用まで時間が空いてしまうため、会社側も困ってしまいます。

 

もう少し早く辞めたいと伝えていれば、あなたが辞めることも見越して採用が出来たかもしれません。

また、これから繁忙期と言う時期に退職を切り出すのも避けた方が良いタイミング。

一緒に仕事をしている人達にも不安を与えてしまうだけでなく、そんなつもりはないのに、これから繁忙期だから辞めたいんじゃ、と悪い印象を持たれてしまいますよ。

 

どうせ辞めるんだから後のことは知らない、誰に何と思われてもいい。そう思うかもしれませんが、せっかくあなたがこれまで働いてきた会社です。

お互いが気持ち良く最後の日を迎えるためにも、時期はしっかりと見極めましょうね。

 

人数少ない職場を辞めたい③引継ぎをしっかりする

人数が少ない職場を辞めたいときには、しっかりと引継ぎを行うことも欠かせません。

誰かが辞める時、残される人達はとても不安に思うもの。

 

近くにいて何かあればすぐに質問出来るなら良いですが、辞めてしまったらなかなか連絡する訳にもいきませんよね。

引継ぎは出来るだけ丁寧に行い、自分が辞めた後も業務に支障をきたさないようにしましょう。

 

引き継ぐ業務に漏れがないよう、定例業務以外の異例なものも忘れずにリストアップしておくのもポイント。

一つの業務については、なるべく詳細な説明文書を作り、関係者の連絡先や関連文書の保存先なども書いておくと良いですよ。

 

もし自分が引継ぎを受ける側なら、どうすればその人が辞めた後もスムーズに仕事が出来るかを考えながら引継ぎを行うことが大切です。

しっかりと引継ぎを行うことは、あなたが退職する前の最後の仕事です。気持ち良く退職の日を迎える為にも、丁寧な引継ぎを心がけたいですね。

 

まとめ

人手不足で退職できない会社を辞めるコツを紹介して来ましたが、いかがでしたか?

退職するときに必要な心構えは3つ。

  1. 退職の意思を早めに伝え、しっかりと意思表示をする
  2. 退職する時期を選ぶ
  3. 退職が決まったら引継ぎをしっかりして、最後まで責任を果たす

 

どうせ辞めるのにいろいろと気を遣うのは面倒だなと思うかもしれません。しかし、退職の時こそ周りの人達への気遣いが必要です。

もしあなたが退職する人を見送る側だったら、どうふるまえば気持ち良く送り出せるかを考えて、しっかりと引継ぎを行いましょう。

 

最後まできちんと責任を果たすことで、次の仕事にも前向きに取り組めるはずですよ。

すっきりと責任を果たし、もっとあなたに合った職場を見つけていきましょう!

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング