人間関係

女ばかりの職場はめんどくさい!女だけの職場がストレスすぎてもう辞めたい

女ばかりの職場でめんどくさいと感じたことはありませんか。女だけの職場だと特に「あ~、女って本当にめんどくさい」と思ったことが一度はあるのではないでしょうか。

周りの女性に気を遣ってばかりでストレスがたまるということはよく聞く話。

 

すでにそのような環境に身を置いていてうんざりしている方もいれば、憧れの職業が女性の多い業界で「本当のところどうなの?」「意外とそんなこともないんじゃない?」と疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

 

今回は、女ばかりの職場がどのような面でめんどくさいのか、まとめていきます。

全ての女性が多い職場にあてはまるとは限りませんが、この記事に書かれていることが多く聞かれる傾向があるということで参考にしていただければと思います。

 

最後に女性の人間関係がストレスとなり、仕事を辞めたいと思っている方への解決策も提案しているので、女性の多い職場で苦しんでいる人には是非読んでみてくださいね。 

女ばかりの職場はめんどくさい①人間関係に派閥がある

女ばかりの職場がめんどくさい一つ目の理由は、人間関係に派閥があること。

小学校などでも「xxちゃんのグループ」というような女子派閥があるように、社会に出ても人間関係に派閥があることは女性の多い職場でのあるあるです。

 

こういった職場では誰の派閥に入るか、あるいは職場では全員と一定の距離を保ち深入りしないという態度をとることが重要になってきます。

一旦派閥に入ってしまうと、他の派閥とかかわりをもった際に「あいつは裏切り者だ」なんて裏切り者扱いされて嫌がらせが始まるといったケースも少なくないようです。

 

また、リーダー格の人の言うことは絶対で、口ごたえしようものならその派閥のメンバーから非難される可能性もありますし、リーダー格の人の権力によっては辞職に追い込まれたりなんて恐ろしいことも…。

 

女性は感情的でプライベートと仕事を混同しがちともよく言われていますが、こういった女上司を持ってしまうと少々息苦しい生活を強いられてしまうかもしれません。

女ばかりの職場ではその場に合わせられるかが非常に重要になってきますので、それが大きなストレスとなってしまっている方も多いです。

女ばかりの職場はめんどくさい②陰口・噂話が多い

女ばかりの職場がめんどくさい理由の2つめが、陰口や噂話が多いことです。

ゴシップ好きな女性は非常に多く、プライベートな話を一人に相談したら次の日には職場のみんなに知れ渡っていたり、その場にいない人の悪口を言うことで盛り上がったり…。

 

飲み会に誘われてあまり乗り気ではないけど、行かないとその場で悪口を言われるのを知っているからしぶしぶ毎回付き合っているという人も少なくありません。

そのような職場では、自分のことについて人に話すときは、誰に聞かれても構わないようなことしか話さないほうが自身のためには良さそうです。

 

ある女性は彼氏と別れたことを職場の一人に話したら、その話を知らないはずの人から慰められたり、合コンの話を持ってこられたり、既婚者から「若い人はポンポン乗り換えができていいわね」なんてマウントとられたりしたことがあるとのことです。

 

身近な人の話は必ず盛り上がりますから、話のネタになるような話をすれば格好の餌食です。

しばらくはその話で職場は持ちきりになり、あなたは辛い時間を過ごすことになってしまうかもしれません。

女ばかりの職場はめんどくさい③長い雑談に巻き込まれる

女ばかりの職場がめんどくさい理由の3つ目は、長い雑談に巻き込まれストレスを感じること。

女性って「どうしてこんなに長い間話すことがあるんだろう」と不思議に思うくらいに雑談が長いですよね。

 

しかし、全員がその長話を楽しんでいるかというと、そうでもないようです。

実は「この人話長いんだよな~」と思いながら聞き手に回って、その場に合わせていることが大変多いのです。

 

女性の「だべり」というものは、話の中身が薄っぺらいことも多く、時間の無駄と感じてしまう人も多いですよね。

それでも、それに付き合わないとその場で悪口を言われかねないという気持ちで、ずるずると付き合ってしまう。そんな状況に大きなストレスを感じてしまうのです。

女だけの職場がストレスで辞めたいと感じているなら

女だけの職場でストレスを感じ「もう辞めたい」と感じるときは、ストレスを和らげるのに次のような方法が考えられます。

  • 周りに合わせない
  • 特別仲のいい人を作らない
  • 職場を変える

女だけの職場がストレスで辞めたい時①周りに合わせない

女性の多い職場で感じるストレスの多くは、場の雰囲気を壊さないために、周りの人に無理に合わせることが原因。

もともと女性は「周りの人と共感したい」という意識が強い分、同調圧力も強いもの。

 

「あなたもそう思うよね」「一緒に~しましょう」という言葉は典型的ですよね。

本当はやりたくないのに、周りから求められるままに無理をしていると、日々ストレスは大きくなるばかりです。

 

ですから、ストレスを減らすためにはあえて「周りに合わせない」ことが大切なのです。

「今こういう発言をしたら場の空気を壊すかな」「こんなふるまいをすると嫌われるかも」と気にしていると、息苦しいですし、仕事に集中できませんよね。

 

そもそも、職場は仕事をしに来る場所。

プライベートの人間関係なら少し無理してもキープする意味はありますが、職場の人間関係はもともと業務連絡ができる程度の関係で問題ないのです。

 

あなたが辞めたいほどストレスを感じるくらいなら、周りに合わせることをペースダウンしても良いでしょう。

女だけの職場がストレスで辞めたい時②特別仲のいい人を作らない

女だけの職場で派閥争いがストレスなら、特別仲の良い人を作らないのもトラブル回避に役立ちます。

派閥に属さないことではじめは寂しく感じるかもしれませんが、その分、周りの人間関係に気を遣ったり、無用な噂話や長話に付き合う必要もなくなりますよね。

 

派閥で属さないと手に入らない情報もある、という意見もありますが、そのような情報は概ねゴシップの類です。

噂好きの人なら良いですが、派閥と付き合うことをストレスに感じているなら、いっそ手放してしまいましょう。

 

中立の立場で過ごすことで、今まであまり話さなかった人とも好きに交流できますし、自分の自由度はぐっと上がりますよ。

女だけの職場がストレスで辞めたい時③職場を変える

それでもどうしてもストレスが減らないのなら、職場を変えるのもひとつの解決法。

社内での部署異動や転勤は難しいでしょうか?

 

社内で人間関係をリセットするのが難しいなら、転職もアリです。

職場を変えるいい点は、今までのしがらみから解放されること。

 

確かに勇気と労力がいる決断ですが、現状ストレスが多く辞めたいと思うほど困っているなら、行動したほうがよりあなたに合った職場環境を手に入れることができるでしょう。

まとめ

女ばかりの職場がなぜめんどくさいのか、女ばかりの職場がストレスで仕事を辞めたいときはどうしたらいいのか、まとめていきました。

女ばかりの職場がめんどくさい理由として下記の3つが挙げられます。

  • 人間関係に派閥がある
  • 陰口・噂話が多い
  • 長い雑談に巻き込まれる

 

職場の悩みで最も多くあるのが「人間関係の悩み」ですが、特に女性の多い職場では気を遣うことも多く、神経をすり減らしてしまっている人も少なくありません。

自分のあこがれの職業が女性の多い業界だとしたら、上記のような環境である可能性も高いということを念頭においておくことが大切です。

 

また、女性の多い環境でストレスをためているとしたら、次の解決策を試してみてください。

  • 周りに合わせない
  • あえて仲のいい人を作らない
  • 職場を変える

 

いっそのこと何を言われてても気にしないという態度で「周りに合わせない」という態度をとることで気が楽になるもの。

根本的に解決したいなら、転職等で一気に環境を変えることも良い選択肢ですよ。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング