仕事

今の会社ではスキルアップできないからキャリアアップ転職するのはアリ?

「実際にどのような仕事をするのか」は、その会社に入社して働いてみないとわかりません。

仕事に対して、夢や希望を抱いて入社しても、実際の仕事は誰でも出来るような簡単な仕事で、「このまま、この仕事を続けていても将来的に良くないのではないか」と不安になることは少なくありません。

「仕事を通じて、スキルアップしたい!」

と思っている人は、転職を考えてしまいますよね?

今の仕事で、スキルアップが望めないなら、キャリアアップ転職をするというのもひとつの方法です。

 

スキルアップしないと会社に頼って生きていくしかなくなる

 

今の会社でスキルアップできないから転職したいと考えることは悪いことではありません。

会社に就職すれば年功序列で給料が上がっていき、定年退職を迎え退職金を貰って退職するという時代ではありません。

大企業でも倒産する可能性があるのが、今の時代です。

ですから、現代のサラリーマンは、仮に明日会社が倒産してもすぐに次の仕事が見つかるように自分のスキルを上げることが大切です。

スキルやキャリアがない人は、会社が倒産しないことを祈りながら不安を抱えて生活するしかありません。

仕事におけるスキルは、ある程度自分で上げることができます。

例えば、仕事に関係する資格を取得することなどがその典型ですね。

資格を取得することで、自分の市場価値を上げることはできますが、結局のところ仕事のスキルは仕事でしか身につきません。

仕事におけるスキルは、実務経験によって身につくものであるからです。

今の会社でスキルアップが望めないような状況なら、今の会社に頼って生きていくしか選択肢がなくなりますね。

そして、一般的には年齢を重ねることで転職が難しくなります。

若いうちは、キャリアやスキルではなく、ポテンシャルが重要視されますが、ある程度の年齢で転職を成功させるためには、即戦力が求められますので、それに対応するスキルやキャリアが必要になるからです。

まあ、簡単に言うと、30代以上でスキルやキャリアがない人間は、転職をすることが非常に難しくなるということですね。

ですから、今の仕事でスキルやキャリアを身につけておくことが大事なのです。

 

転職は、効率良くキャリアアップする手段

 

例えば、今の仕事でスキルアップが見込めず、自分より年上が多くて年功序列だから出世も難しいというような状況なら、転職を考えた方が良いかもしれません。

また、キャリアアップの機会が与えられていないというような場合も同じですね。

転職は、効率良くキャリアップやスキルアップをするための手段であるからです。

キャリアは、ある程度出世しなければ身につけることができませんし、専門性や技術力が必要な仕事に従事しなければ、スキルを身につけることはできません。

それならば、出世が前提にある会社、専門性や技術力が必要な仕事に従事できる会社に転職した方が、話が早いですよね?

 

何となくキャリアアップしたいという理由ではダメ

 

「キャリアアップしたい!」という理由で転職することは、転職する理由として望ましいというのが一般論ですが、漠然とキャリアアップしたいという理由だけでは、面接で失敗します。

何故、今の会社ではキャリアアップやスキルアップが不可能なのか?

転職先の仕事でどのようなスキルやキャリアを身につけたいのか?

を明確にしておくことが大事です。

転職先の面接で、これらのことをしっかりと答えられるようにしておくと、転職が成功する可能性は高くなります。

 

まとめ

 

仕事に対する考え方は、人それぞれです。

スキルアップやキャリアアップが望めなくても、仕事が楽で待遇面も悪くないなら問題ないと考える人も少なくありませんし、このようなワークライフバランスを重要視した考えも間違った考えではありません。

ただ、仕事を通じて、スキルアップやキャリアアップをしたい!と考えるなら、それが望めない会社を辞めて、それが望める会社に転職をするというのも間違った考えではありませんよね。

転職には大きなリスクがあります。

スキルアップしたくて転職しても転職先の会社がスキルアップできる環境でないという失敗パターンもありますからね。

実際のところ、転職先の会社の環境は働いてみなければわかりませんからね。

それでも、自分の将来性を考え、スキルアップやキャリアアップをしたければ、ある程度のリスクを負ってでも転職をすることが最も効率的な方法です。

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!


転職活動ランキング

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村