仕事

転職先が決まらない!20代が転職活動で仕事が見つからないのはどうして?

まだ20代なのに転職先が決まらない、せっかく転職活動をしたのに、次の仕事が見つからない・・・

そのような悩みを抱える人は少なくありません。

 

20代といえば、企業側が最も欲しがる年代であり、市場価値が高いはず。

求人の年齢制限に引っかかることもほとんどありません。

 

それでも、転職先が見つからないと嘆く20代がいるというのが現状です。

20代で転職先が見つからないなら、少しだけ考え方を変えるだけで簡単に転職することができるはずです。

 

今回は、20代で転職先が決まらない、転職活動しても仕事が見つからない理由と対策についてまとめていきます。

 

20代なら仕事は見つかる 視野を広げるのが大事!

 

仕事を選ばなければ、20代なら仕事は見つかります。

20代で転職先が見つからないという人は、少しハードルが高いのかもしれませんね。

 

例えば、事務職などは人気が高く、応募する人が多いので例え20代と言っても、不採用になる確率は高いです。

20代で転職先が見つからないと嘆くなら、少し条件のハードルを落としてみてはいかがでしょうか。

 

転職先を見つけるときには、様々な点を考慮して総合的に判断しますよね。

仕事のやりがい、給与・福利厚生などの待遇面などを考えて応募する転職先を探すのですが、20代で転職先が見つからないという人は、このあたりの条件が高すぎるのではなないかと思います。

 

でも、全部を妥協すべきであると言っているわけではありません。

誰でも採用されるような会社は、ブラック会社である確率が高いですからね。

 

客観的に自分の市場価値を考え、最低限譲れない条件を決めて転職活動をすると、上手くいく可能性が高くなるはずです。

異業種への転職も20代ならまだまだ可能です。

 

キャリアやスキルが不足していても、ポテンシャルを見てもらえるのが20代の転職の大きなメリットです。

少しでも興味がある仕事があるなら、キャリアチェンジしてみると、意外と自分に合っている仕事が見つかるかもしれませんよ。

 

20代で転職先が見つからない人は、視野を広げて転職活動をすると良い結果が出ると思います。

 

20代の転職 転職活動の方法が大事!

 

20代で転職先が見つからないという人は、転職活動の方法が間違っているかもしれませんね。

転職活動と言っても方法はいろいろあります。

 

求人を探す場所はハローワークだけじゃない

 

転職活動と言うと、ハローワークで求職するという方法があります。

間違いではありませんが、ハローワークだけでは求人情報が限られてきますから、あらゆる求人情報にアンテナを張るということが大切です。

 

例えば、転職エージェントに登録するという方法があります。

20代なら、第二新卒の求人に強い転職エージェントに登録することで転職先が見つかる可能性が高くなります。

 

転職エージェントに登録することで、

  • 転職について担当者に相談できる
  • 面接の対策について教えてもらえる
  • 無料で登録できる
  • 面接の日程など面倒な調整を担当者が調整してくれる
  • 非公開求人がある

などのメリットがありますから、効率が良い転職活動をすることができ、転職先が見つかる可能性が高くなります。

 

20代の転職活動 面接でいつも落とされてしまうという人は何が悪い?

 

面接は第一印象が大事です。

書類選考を通過している時点で、技術やスキル、ポテンシャルは企業の求人とマッチしているわけですから、あとは人柄であるとか、コミュニケーション能力が面接では問われます。

 

まあ、人柄や性格についてはすぐに変えられるものではないので、最低限の準備だけはしっかりとしておくことが大切です。

例えば、清潔感や人の目を見て話すなど基本的なことは、しっかりと準備することで対応できます。

 

企業研究をすることも大事です。

面接を受ける会社がどんなことをやっているかを最低限調べておくことが大切です。

 

何も準備をしないで面接を受けていませんか?

面接は、テストのようなものです。勉強をしないでテストを受けても良い点数は取れませんよね?それと同じです。

 

面接で落とされる人は、しっかりと面接の対策をしてから面接に臨むことが大事ですね。

 

まとめ

20代で転職先が決まらない、仕事が見つからないと悩んだときの対策についてまとめていきました。

 

20代という若いうちなら、転職先はいくらでもあります。

20代で転職先が見つからないという人は、少し条件面のハードルを下げることで転職先が見つかる可能性が高まります。

 

前職の職種が、人気が高い職種である場合、それだけ応募者が殺到しますから、不採用になることが多くなります。

前職の職種がどうしてもやりたい仕事でないなら、視野を広げて異業種への転職も考えた方が、転職先が見つかる可能性が高くなります。

 

転職活動の方法も大事です。

自分で情報を探すことも大切ですが、転職エージェントに登録することで、情報を受け取ることができ、転職先が見つかる可能性が高くなります。

 

せっかくの転職活動ですから、自分の視野をどんどん広げ、あなたに合った職場環境を手に入れてくださいね!

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!


転職活動ランキング

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村