仕事

中小企業から大手企業への転職は無理?難しい?大手企業への転職でよくある失敗!

「大手企業で働きたい!」と思っている人は、少なくないと思います。

一概に中小企業よりも大企業の方が良いとは言えませんが、やはり大手企業のネームバリューや社会的な信用、充実した福利厚生などは魅力的ですよね。

 

ただ、日本の企業の99.7%は中小企業と言われています。

中小企業から大手企業に転職することは、はっきり言って、簡単ではありません。

 

ただ、実際に中小企業から大手企業に転職したという人もいますから、不可能ではありません。

また、中小企業から大手企業に転職したけれど、失敗だったと後悔している人もいます。

 

大手企業にもデメリットはあり、中小企業にもデメリットはあります。

単純に中小企業よりも大手企業の方が良いというわけではないので、注意が必要です。

 

今回は、中小企業から大手企業への転職で、失敗しないためのポイントについてお伝えします。

 

大手が求めているスキルがあれば中小から大手へ転職できる

 

中小企業から大手企業へ転職することは、不可能ではありません。

大手企業でも中途採用を募集することは珍しいことではないです。

 

ただ、一般的に大手企業の中途採用の募集には応募が殺到することが想定されますから、応募しても書類選考の段階で落とされることも少なくありません。

まず、書類選考を通過し、面接まで辿り着くのが難しいですね。

 

これが、中小企業から大手企業へ転職することが難しいと言われる理由です。

書類選考に通過するためのポイントは、学歴よりも職歴が大事です。

 

大手企業が求めているスキルやキャリアと自分が持っているスキルやキャリアがマッチすれば、中小企業から大手企業への転職も可能です。

中小企業で働くメリットとしては、中小企業では一人に任せてもらえる業務の幅が広く、短期間で経験やスキルを向上させやすいという点があります。

 

中小企業で当たり前にやっている仕事も、大手から見れば必要なスキルになることもあります。

中小企業で仕事を頑張ることは、大企業が求めているスキルやキャリアを積むことになるということですね。

 

資格を取得するというのも、大企業の書類選考を通過するためのひとつのポイントですね。

資格は、スキルを証明するものですから、書類選考の段階では大きな強みになります。

 

大手企業に転職するためには、大手企業がどのような人材を求めているのかをリサーチし、自分のスキル、経験、資格を大手企業での仕事にどのように活かせるのかを考え、アピールすることが重要です。

 

大手の求人は常にチェックする

 

大手企業へ転職したいなら、すぐにでもアクションを起こすべきです。

アクションと言っても仕事を辞めるということではありません。

 

大手企業の求人は、人気がありますからすぐに募集が締め切られることが少なくありません。

大手企業へ転職したいなら、常に大手企業の求人に対してアンテナを張っておくことが大切ですね。

 

大手企業へ転職したいと思っているだけではダメだということです。

例えば、転職エージェントに登録しておくだけでも大手企業へ転職できる可能性はかなり高くなります。

 

また、常に求人情報をチェックしておくことも大事です。

大手企業でも稀に新規事業立ち上げのための大量募集などもありますから、そのような求人にタイミング良く応募することができれば、採用される確率は高くなります。

 

第二新卒なら経験が少なくても大手企業へ転職することができる?

 

第二新卒とは、新卒で就職して数年で退職した人のことです。

大手企業の中途採用での募集は、経験やスキルが重要視されますが、第二新卒をターゲットとしている求人なら、その人の持っているポテンシャルも重要視されますから、経験やスキルに多少不安があっても大手企業へ転職できるかもしれません。

 

20代なら、第二新卒をターゲットにしている大手企業の求人に絞って転職活動をするというのもひとつの方法ですね。

 

大手企業へ転職してよくある失敗は?

 

せっかく大手企業へ転職しても、「やっぱり転職するんじゃなかった…」と後悔するパターンもあります。

やりたい仕事ができない

 

大手企業になるほど、組織で仕事をしますから、一人一人の仕事が細分化されます。

中小企業では、裁量権があった仕事も、大手企業では裁量権が与えられず、人によっては仕事がやりにくいと感じてしまうこともあるようです。

 

また、仕事の全体像を見にくいので、人によっては歯車のように感じてしまうかもしれませんね。

 

大手に幻想を抱くのはダメ

 

大手企業=ホワイト企業というイメージがあるかもしれません。

大手企業に転職すれば、休日出勤もなく残業も少ないという幻想を抱いて、いざ大企業へ転職して、中小企業とあまり変わらない現実に失望するというパターンにならないように、大手=ホワイト企業という幻想は捨て、大手企業へ転職する時も実際の雇用条件等をしっかりと確認することが大切です。

 

まとめ

 

中小企業から大手企業へ転職することは、確かに難しいことですが無理ではありません。

大手企業へ転職したいなら、長期的に準備をすることが大切です。

 

中小企業に在籍している間に大手企業が求めているスキルやキャリアを取得することで、大手企業へ転職できる可能性は高くなります。

簡単に言えば、自分自身の市場価値を高める努力が大事だということですね。

 

また、大手企業へ転職したければ、常に大手企業の求人をチェックしていくことも重要ですね。

最後に、大手企業へ採用されても失敗してしまうというケースもあるということを頭に入れておきたいですね。

 

大手企業のネームバリューだけで簡単に転職してしまうと後悔することもあります。

自分がどのような仕事をしたいのか、それが大手企業で実現できるのかを良く考えて転職活動をすることが大切です。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!


転職活動ランキング

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村