人間関係

仕事辞める時の伝え方と流れ!確実に退職できる理由や上司の呼び出し方とは

「仕事を辞めると伝えたいけど、確実に退職できる理由は何だろう」「上司の呼び出し方や、退職の流れってどうしたらいいんだろう」と悩んだことはありませんか?

仕事を辞める時には、なるべく円満に退職したいですよね。そのためには、上司への報告はできるだけうまく行いたいもの。

 

しかし、確実に退職できる理由や上司の呼び出し方はとても難しく、悩んでしまいますよね。

今回は仕事を辞める時の、上司の呼び出し方や伝え方についてご紹介して行きましょう。

仕事を辞める伝え方と上司の呼び出し方の流れとは?

仕事を辞めると決意したら、どういう流れで上司を呼び出し、どういう伝え方をすればいいのでしょうか。

まず上司に伝えるタイミングは、一般的には退職の1~2か月前と言われています。

 

次の仕事のスタートが決まっているのに、退職を伝えるのが遅かった為に今の会社を退職できなかったら困ってしまいますよね。

ただしこれは会社によって違いがあるので、事前に就業規則をよく確認しておきましょう。

 

一日の中では、就業時間中ではなく、朝や就業後の方が良いでしょう。

上司の普段の行動を振り返って、何時頃なら時間を取ってもらえるか考えてみて下さい。

 

さて、次に呼び出し方です。

ここが一番難しく、どう切り出せば良いのか悩み所ですよね。

 

おすすめなのは「お話があるのですが、いつがご都合よろしいでしょうか」とあらかじめ聞いておく方法です。

せっかく意を決して上司の所に行っても、「今は忙しいから後で」と返されては拍子抜けしてしまいますよね。

 

上記のように、上司に予め話したいことがあると伝えておけば、もし今すぐに手を離せなくても、落ち着いた時に声をかけてくれるでしょう。

また、仕事を辞めることが決まっているのであれば、「相談があります」と言う表現は避けましょう。

 

あなたが上司に話すのは「相談」ではなく「報告」です。相談だと、引き留められる可能性が出てきますよ。

仕事を辞めるとき確実に退職できる理由とは?

仕事を辞める時の伝え方・流れ・上司の呼び出し方が分かったら、次は確実に退職できる理由です。

仕事を辞めることを決意し、いよいよ上司に伝える時、どのように話をすれば良いのでしょうか?

 

まずは「退職することに決めました」と結論をはっきり伝えましょう。

「仕事を辞めようかと考えています」「退職しようかと悩んでいます」とあいまいな表現をすると、上司はあなたがまだ辞めるかどうか悩んでいると受け取って、説得される可能性があります。

 

もう辞めることを決めているのなら、はっきりと結論を伝えましょう。

上司は驚き、理由を問われるでしょう。

 

円満退職に繋げるには、「違う職種の仕事に挑戦したい」「キャリアアップしたい」等の前向きな理由を述べると良いでしょう。

今の会社では実現出来ない理由であれば、引き留められる可能性は低くなります。

 

「健康上の理由」や「家庭の事情」であれば、引き留められる可能性は更に低くなります。

どうしても理由を言いたくない場合は「個人的な理由です」「一身上の都合です」と伝えるのが良いでしょう。

 

「職場の環境に不満があるから」「人間関係が上手く行かないので」等、今の環境が原因であるような発言は避けましょう。

というのも、それが改善されればあなたは退職しないと思われ、説得されてしまうから。

 

気をつかってあいまいな表現を使うのは逆効果。

スムーズに退職したいのであれば、もう退職の意志は変わらないことをはっきりと伝えましょう。

 

そして、退職までに自分の仕事はきちんと引き継ぎを行うことも併せて伝えましょう。

皆が納得する退職理由とは?上司も納得!確実に退職できる理由とベストな伝え方皆が納得する退職理由や、上司を納得させる退職理由、確実に退職できる理由には何があるのか、ベストな伝え方はどうしたらいいのか悩んでいませんか?皆に納得してもらいやすい主な退職理由は、キャリアップ、家庭の事情、体調不良。今回は、上司や皆が納得し、確実に退職できる理由とベストな伝え方をまとめていきます。...

仕事を辞める時に気を付けておきたい流れは?

仕事を辞める時の伝え方と流れや、確実に退職できる理由や上司の呼び出し方以外にも、気を付けておきたいことがあります。

それは、次の3つ。

  • 他の同僚に話さないこと
  • 直接会って伝えること
  • 今の仕事は責任を持ってやり遂げること

 

一つ目は、直属の上司に伝える前に他の同僚に話さないこと。

直属の上司が、あなた以外の人から、あなたが退職することを聞いてしまうのは良いことではありません。

会社の中で、退職を一番に伝えるのは直属の上司にしましょう。

 

二つ目は、退職を伝える時には、これまでお世話になった上司に誠意を持って、直接自分の言葉で伝えること。

メールや電話で伝えるのは、よっぽどの理由でない限り失礼に当たります。

自分が上司の立場であったら…と考えて対応を考えましょう。

 

三つ目は、仕事を辞めることが決まっても、今の会社で最後まで自分の責任を全うすること。

後任者にきちんと仕事を引き継ぎ、これまでお世話になった周囲の人達に感謝の気持ちを伝えて退職しましょう。

 

人の本質は辞める時にこそ出るものです。

円満に退職することが、あなたが今後良い仕事に巡り会えることに必ずつながりますよ。

まとめ

「仕事を辞めると伝えたいけど、確実に退職できる理由は何だろう」「上司の呼び出し方や、退職の流れってどうしたらいいんだろう」と悩んだときの対処法をまとめました。

仕事を辞める時の伝え方と流れ、確実に退職できる理由や上司の呼び出し方をテーマに、下記のポイントでご紹介しました。

 

  • 仕事を辞めることを上司に伝えるタイミングと呼び出し方は?
  • 確実に退職できる理由とは?
  • 仕事を辞める時に気を付けておきたいことは?

 

仕事を辞めることを決意した時は、上司の呼び出し方や伝え方等、とても悩みますよね。

しかし、誠意を持って丁寧に対応することで、上司や周囲の人達も新しい道へ進むあなたを応援してくれるはず。

 

言い出しづらい、伝えづらいことほどはっきりと相手に伝えることで、あなた自身もスッキリと次への一歩を踏み出せるでしょう。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング

【今すぐ転職しなくても】転職サイト・転職エージェントを利用しよう

あなたは今、次のような悩みを抱えていませんか?

  • 社風が合わず辞めたい
  • 仕事がつまらないので辞めたい
  • 人間関係が悪いので辞めたい
  • 年収をあげたい、キャリアチェンジしたい
  • 手に職がつく仕事に転職したい

 

このような思いがあるなら、たとえ今すぐ転職する気がなくても、「転職サイト」や「転職エージェント」へ登録しておくのがおすすめです。

というのも、ストレスや疲労が限界に達すると、サイトに登録する気力すら無くなるから。

 

仕事に悩みがあるのなら、普段の業務だけで体力・気力ともに相当消耗していますよね。

その上、帰宅後や休日に求人情報を調べたり、転職活動を行うのはかなり負担に感じるはず。

 

また、強いストレスのかかる環境に長期間置かれると心身が疲労して、自分では的確な判断が出来なくなりがちです。

今の職場以外の選択肢が思いつかないと、「毎日つらい」と思いながら職場から離れられず、最悪過労で倒れてしまう、という状況になってしまうのです。

 

もしここで、「転職」という選択肢を選ぶことができれば、無理に我慢する必要はありませんよね。

普段から気になる求人情報をストックしておけば、「転職」という選択肢ができ、過労で倒れる前に「転職」という手が打てるようになりますよ。

 

転職サイトも転職エージェントも登録は無料で、並行して利用することもできます。また、希望に合う職場がなければ、すぐに転職しなくても構いません。

仕事の悩みがあるなら、気力・体力のあるうちに転職サイト・転職エージェント登録を済ませ、優良な求人を見逃さない仕組みを作っておきましょう。

 

優良な求人情報が集まる転職サイトのおすすめはこちら

  ⇓⇓



優良な求人情報が集まる転職エージェントのおすすめはこちら

  ⇓⇓