仕事

仕事ができない!辛いから転職するのはアリ?仕事ができない人の転職は成功する?

「仕事ができない」ことは、辛いことですよね。

仕事ができないと、周りにも迷惑をかけますし、ミスが多ければ最初のうちは優しくフォローしてくれていた人も、いい加減にしろ!というような気持になっていくものです。

 

そうなると、職場の人間関係まで悪くなってしまうので、転職を考えるようになってきます。

仕事ができないから転職することを逃げの転職は成功しないと批判する人も多いですが、私はそうは思いません。

 

むしろ、仕事ができない人ほど、積極的に転職活動をすべきだと思います。

今回は、仕事ができないと感じている人は、どうしたら転職が成功するのか、まとめていきます。

 

仕事ができないから転職するのは逃げ?

 

仕事ができないから転職するというのは、逃げの転職であり、逃げの転職は失敗しやすいという傾向があるので、逃げの転職に抵抗がある人がいます。

 

逃げの転職をすると、転職先でも逃げるクセがついてしまうというデメリットがありますが、転職する人のほとんどは逃げの転職という要素が大きいと思います。

逃げの転職は良くないと言われても、仕事ができない辛さは本人にしかわからないものです。

 

もちろん、自分の努力によって仕事ができないことを改善することは大事なことですが、

「頑張ったけどもう無理!」

と限界を感じた時は、仕事ができないことを理由に転職することもアリだと思います。

 

この時に大事なのは、同じ逃げでもポジティブに考えること。

「仕事ができないことが辛いから辞めて、転職する」というネガティブな考えで転職するのではなく、

 

「転職した先では心機一転頑張る!」

というポジティブな気持ちで転職できれば、これは「逃げ」の転職ではないのです。

 

仕事ができないのではなくて、今の仕事に向いていないだけ?

 

仕事ができない人は、もしかしたら仕事ができないのではなくて、仕事が向いていないだけかもしれません。

このような場合、異業種へ転職することで仕事ができるようになる可能性があります。

 

適材適所という言葉があるように、人には長所と短所があります。

仕事ができないから転職をしたいという人は、転職活動を行う前に徹底的に自己分析を行い、自分の長所とは何かを考えましょう。

 

そして、自分の長所を活かせるような仕事に転職をすべきです。

今の仕事で仕事ができないと思うなら、同業他社へ転職しても同じことを繰り返す可能性が高いです。

 

それは、今、仕事ができないという事実がある以上、今の仕事が自分にとって向いていない仕事である場合があるからです。

ですから、仕事ができないから転職したいという人は、自分の長所を活かせる仕事を探すことが大切ですね。

 

転職は、仕事ができない人が、仕事ができる人に変わるチャンス

 

仕事が変われば、職場環境が変わります。

職場環境が変われば、仕事ができない人が、仕事ができる人に変わる可能性があります。

 

というのは、仕事ができない人になるのはいくつか原因があり、もちろん、自分の能力不足や勉強不足という点もあるのですが、精神的な状況も仕事には大きく影響します。

 

例えば、直属の上司がすぐに怒鳴るような怖い存在である場合、臆病な人は、

「次もミスしたらまた怒鳴られる…」と委縮して、頭が真っ白になってしまうことがあります。

 

このような精神状態になってしまうと、しっかりとした判断ができなくなり結果的にミスを繰り返すことになりやすいです。

そして、仕事ができない人になってしまいます。

 

転職して、職場環境が変わり、怒鳴り散らすような上司がいなければ、その人にとっては良い環境で仕事ができることになるので、仕事ができる人になる可能性があるのです。

また、転職することで、前職で仕事ができない人になってしまった原因を考えて反省することができます。

 

前職でできなかったことを反省し、転職先で活かすことができるので、転職先では仕事ができる人になることができるかもしれません。

このように、職場環境が変わることは仕事ができるようになるチャンスでもあるわけです。

 

仕事ができない人の転職は成功する?

 

仕事ができない人の転職は失敗しやすいと言われていますが、私は仕事ができない人ほど転職した方がいいと思います。

仕事ができないと感じるのには、多くの要素が関わっています。

 

もちろん、自分の努力不足、能力不足も原因のひとつかもしれませんが、会社の社風、会社の自分に対する評価、仕事内容、なども仕事ができない人になる要素です。

要は、仕事に対するモチベーションも大事であるということ。

 

転職することで、周りの環境が変わり、仕事に対するモチベ―ジョンが上がれば、仕事ができる人になることができます。

仕事ができなかったのは、場所が悪かっただけで、場所が変われば仕事ができるようになる場合があるということですね。

 

つまり、自分に合っている場所に転職することが大事なのです。

転職先が異業種未経験でも、自分の長所を活かすことができるようなら、思い切って転職すべきです。

 

むしろ、仕事ができない人は、同業他社よりも異業種の転職先を選んだ方がいいかもしれませんね。

今の仕事ができない以上、今の仕事が向いていない可能性が高いからです。

 

仕事ができない人こそ、自分の能力を発揮できる場所に転職すべき、といえるでしょう。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!


転職活動ランキング

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村