仕事

退職を言い出す勇気を出す!退職を伝えるのが緊張して怖い時の対処法

退職を上司に言い出す勇気が出ないくて怖い、緊張すると悩んでいませんか?

トラブルなく退職するコツは、言い出すタイミングに気を付けることと、引継ぎ作業をきちんとしておくこと。

 

今回は、退職をスムーズに伝える為の方法や準備を紹介します。

退職は準備がとても大切です。退職を言い出すのが怖い方や緊張してしまう方は、ぜひ参考にして下さいね。

退職を言い出す勇気を出す方法①上司や会社の忙しくないタイミングをはかる

退職を言い出す勇気が出ない時、退職を切り出すタイミングは、とても大切です。

タイミングを間違えると、上司から「今は忙しい」と話をそらされることも考えられますから、上司の忙しくないタイミングで伝えることがまず大切です。

 

また、会社の忙しい時期の退職をしてしまうと、あなたの穴埋めにも時間が掛かり、会社に負担をかけてしまいます。

理想的な円満退職をするためにも、上司や会社があなたの退職に手が回せる状況なのか、タイミングをはかることが大切です。

 

退職を言い出す理想的なタイミングの例は、次のとおり。

  • 退職の1~2ヶ月前
  • 閑散期
  • 人事相談
  • 年末やGWなどの長期休暇前

 

退職届を出す期間は、就業規則に書かれていることがほとんどで、1~2か月前となっている会社が多いです。

自分の会社の規則を確認し、余裕をもって提出するとトラブルになりにくいですよ。

 

業種にもよりますが、年末やGWなどの前に伝えると、会社側も状況を整理しやすいことが多いです。

退職を言い出す際は、繁忙期などを避けたタイミングで伝えるようにしましょう。

退職を言い出す勇気を出す方法②引継ぎしやすいよう仕事を整理する

退職を言い出すのが怖い、緊張すると感じるときは、まず自分の業務を整理しておくことが円満退職に繋がります。

というのも、次の人に問題なく作業が引き継げるなら、会社の負担も軽くなるから。

 

引き継ぎをするときには、次の3点を意識してするようにしましょう。

  • 緊急連絡先を伝えておく
  • 取引先に連絡しておく
  • 文書にしてまとめておく

 

■緊急の連絡先を伝えておく

きちんと準備をしていても、退職後にあなたしか分からないようなトラブルが発生する恐れがあります。

職場のトラブルに備え、会社に緊急連絡先を教えておくことも必要です。

上司に連絡先を教えたくないという方の場合は、あなたの業務の後任者だけでもいいので教えておくようにしましょう。

 

■取引先に伝えておく

退職をする際は、しっかりと取引先にも連絡をしておくことが大切。

取引先に連絡をせずに、あなたの後任者が顧客を訪れてしまうと、話がややこしくなってしまいます。

 

会社の評判が悪くなってしまう可能性もあるので、取引先には担当交代を伝えるようにしておきましょう。

この時、後任者と一緒に足を運ぶと取引先も安心してくれますから、余裕がある場合は、後任者を含め連絡を取るようにして下さい。

 

■文書にしてまとめておく

引継ぎ査証を行った場合でも、一度で業務を覚えることは大変です。緊急のトラブルなどに備え、業務内容を文書で残しておくようにしましょう。

特に、文書にして残しておいたほうが良い内容は以下になります。

  • これまでに起こったトラブルの解決方法
  • 業務の段取りや優先順位
  • 詳しい業務位置づけや内容

 

またこれまで業務で利用してきた資料やファイルの保管場所なども、伝えておくと後任者が困ることもありません。

これらの引継ぎ作業は、会社や後任者のことを考えると、退職の3~5日前には終わらせることが理想的です。

退職を言い出す勇気を出す方法③退職の意思は早めに伝える

退職を言い出すのが怖くて緊張する場合でも、あなたの中で退職をする意思が決まっているなら、早めに職場に伝えることが大切です。

退職の意思を伝えるときは、次のような準備が出来ているか確認してみましょう。

  • 退職後のプランを決めておく
  • 退職後の手続きを確認しておく
  • 引き継ぎ作業を済ませておく

 

■退職後のプランを決めておく

退職の意思を伝える際は、今後のことを考える必要があります。転職活動は、働いていない時期が空きすぎるとフリになってしまいます。

有給などを利用して、次の働き先を決めておくなど退職後のプランを決めておくようにしましょう。

 

■退職後の各手続きを確認しておく

退職の意思を伝える前に、しっかりとどのような手続きをする必要があるのか確認しておくことが大切です。

失業保険や健康保険の切り替えなど、退職後スムーズに行える準備をしておきましょう。

 

■引継ぎ作業を済ませておく

退職の意思を伝える前に、引き継ぎ作業を済ませておくとスムーズに退職することが可能です。

退職作業をスムーズに終わらせることができると、残った有給を消化することもできますから、有給を消化することも考えて伝えるようにしましょう。

 

まとめ

退職を上司に言い出す勇気が出ないくて怖い、切り出すのが緊張すると悩んだときの対処法をまとめました。

実は、退職を言い出す前にやるべきことが沢山あります。そして、トラブルなく辞めるためには、この準備が何よりも大切です。

 

退職する前に、次のことができているか確認しておきましょう。

  • 退職のタイミングは会社が忙しくない時か
  • すぐ引継ぎができるよう仕事が整理してあるか
  • 就業規則にそって、余裕のある日程で退職を申し出ているか

 

会社や後任者のことを考え行動すると、スムーズに退職することが可能になります。

なるべく会社に協力する姿勢を見せるようにすると、円満退社につながりますよ。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング