仕事

毎日仕事を辞めたいと思いながら働くなら辞めてしまおう!転職のススメ!

「仕事を辞めたい・・・。」社会人であれば、誰しも一度は思うことではないでしょうか?

ただ、辞めたいと思っていても退職するためにするべき事が多く、辞めるまでにかなりの労力が必要です。

 

今回は、どんな風に仕事を辞めればいいのか、転職する際の注意点についてお伝えします。

今、転職したいなど考えるいる方や、本当に退職していいのか迷っている方は、参考にしてみて下さいね。

 

なぜ仕事を辞めたいのか?

 

仕事を辞める際に一番考えたいのが、「なぜ仕事を辞めたいのか」です。

そもそも、辞める原因がわからないまま転職などを行うと、新しい企業の面接など「何故辞めたのか?」「本当に辞める必要があったのか」など、退職自体を疑問視されたりもします。

 

そのため、退職理由が明確でない場合には転職自体も困難となってしまいます。

では、どんな理由をつければ良いのか紹介していきます。

 

転職理由①キャリアアップ

一番自然に受け入れやすい転職理由がキャリアアップ。

この理由の場合は、基本的に高度な技術を要する転職や立場を向上させる転職となる場合が多く、相手側にも受け入れやすい場合が多いいです。

そのため、ある程度前職で実績などある場合には利用したい方法です。

 

転職理由②生活環境の変化

次点で受け入れやすい転職がこちらではないでしょうか。

家庭環境の変化や職場での立ち位置変化などで、職場の条件などと合致しない場合には選びやすい転職理由などにもなります。

ただし、説明次第では厳しい状況にもなってしまうため、注意が必要です。

 

転職理由③仕事内容の変化

部署移動や職務内容の変化に伴って退職を選択する理由です。

この理由の場合には、配置換えや勤務形態などを理由にする事が出来るため、ある程度許容されやすい理由となっています。

ただ、会社の方針や対応次第では自分対応の仕方を問題視されるため、その点は注意が必要です。

 

このように、退職理由次第でも大幅に転職を有利にしたり不利になったりします。

そのため、転職する際にはある程度理由付けをして行うべきです。

 

転職した時の影響を考える

 

次に考えたいのが、転職した際の影響です。

仮に、転職したとしても金銭面や待遇面、職場などの雰囲気も変わるため、ある程度考えながら行動するようにして下さい。

ここでは、転職時のデメリットを紹介していきます。

 

転職のデメリット①給料の低下

 

まず、転職において一番の問題が給料などの減少です。

基本的に、キャリアアップやヘッドハンティングなどではない場合には、給料低下につながりやすく生活費などの圧迫などに繋がりかねません。

そのため、生活費の見直しや転職後の生計を考えておく必要があります。

 

転職のデメリット②職場環境の変化

次に問題になりやすいのが、この問題です。

この場合には、新しい職場や人間関係などで前職より仕事しづらくなる場合があり、すぐに退職の道を選んでしまう場合があります。

そのため、面接時の雰囲気や会社の情報などを集めて対応しておきたい所です。

 

と転職を行ったとしても、それで大丈夫と言うわけではないです。

そのため、転職時には事前に転職先の企業情報などを集めて対応したい所です。

 

転職時に気を付けたい事

 

「辛くてどうしようもない」「すぐにでも転職したい」と思う方は多くいるかと思います。

ただ、退職する時には気を付けて欲しい事があります。では、どんな事を気を付けたらいいのかお伝えします。

 

アピールポイントを作る

転職する際に、一番必要なのが実績を作る事です。

実績は、在職中にしか作る事が出来ず退職などした場合では、作る事も出来なくなってしまうため在職中に行っておきたい事です。

 

円満退職する

転職において、次に必要なのが前職場を問題無く辞める事です。

仮に、前職場にて問題や懲戒解雇などで退職した場合には、面接なども難しくなり再就職自体もおぼつかなくなってしまいます。

そのため、出来る限り穏便に退職するようにして下さい。

 

在職中に行う

求職期間を無くすために、しておきたい事です。

もし、退職後などに求人活動などを行うと時間のロスや貯蓄の減少などで徐々に余裕がなくなる場合があるため、出来る限り転職先を見つけてから退職したい所です。

 

このように、転職をする際にも、注意したい点はいくつかあります。

そのため、前準備をして転職に移るようにしましょう。

 

まとめ

 

退職時に注意したい点と転職時に気を付けたい事をまとめましたが、いかがだったでしょうか?

退職する際には、退職理由や新たな企業の転職理由なども多数必要になります。

 

そのため、事前知識やするべき必要のある事などをしておかなければなりません。

是非、これから退職すると思っている方やこれ以上仕事を続けれないと思った方は、今回の事を参考にして転職活動を行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!


転職活動ランキング

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村