仕事

仕事が忙しいからもう辞めたい!仕事辞める決断したら転職活動を始めよう

仕事が忙しいから辞めることを考えている、仕事辞めたいけどなかなか仕事辞める決断ができない、と悩む方は少なくありません。

仕事を辞めるのは一大決心ですし、その後の転職活動もうまくいくのか不安になってしまいますよね。

 

今回は、仕事を辞める決断をしたあとの、転職活動の進め方について紹介します。

転職先を見つけるコツや、転職エージェントの利用方法も紹介しています。忙しくて仕事を辞めたいという方は、ぜひ参考にして下さい。

仕事が忙しすぎて辞めたいなら我慢しないで

仕事が忙しいとからといって、辞める決断をしてもいいのか悩んでいませんか?

結論から言うと、あなたが限界を感じているなら辞めるべき。

 

会社を辞めるのは個人の自由です。忙しいのに無理に続けて、体を壊しても会社は責任を取ってくれません。

忙しくてこれ以上は続けられないと感じた場合は、会社を辞めることがおすすめです。

 

また、会社自体に不満はないけど、忙しさがつらいと感じているなら、以下のことを確認してみて下さい。

  • 仕事に優先順位をつけているか
  • 自分のスキルは十分か
  • 断れる仕事は断っているか
  • 苦手な仕事について、周りから指導やアドバイスは受けられているか
  • 同僚など会社の仲間に頼るようにしているか

 

このように、会社を辞めずに忙しさを改善できる方法はいくつかあります。忙しくて辞めようか悩んでいるという方は、一度自分の仕事の仕方を振り返ってみましょう。

それでも改善が難しいなら、退職や転職を考えるのがおすすめです。

仕事が忙しいから辞める決断をしたら①求人の多い時期をねらう

仕事が忙しくて辞める決断をしたら、気になるのは次の仕事の確保ですよね。

すぐに求人が見つかるか心配なら、求人が多い時期をねらって転職することがおすすめ。

求人の出やすい「4~5月」か「9~10月」のどちらかに合わせ、計画を立てると良いですよ。

 

4~5月:穴場を狙う

4~5月は、人手が足りないなどの理由から、求人を出す企業が増えてきます。

4~5月から転職活動を始めると、上半期の終わりである10月には、新しい会社で働くことも可能です。

余裕を持ってスケジュールを組みたい方は、4~5月の穴場を狙うことがおすすめです。

 

9~10月:即戦力として働く

9~10月は、上半期が終わったこともあり、新しいプロジェクトなどが始まり、それにともない人員確保のために求人を出す企業が多い時期です。

この時期の求人の特徴は、即戦力としてスキルを持った人が求められること。

自分のスキルを新しい会社で試してみたという方は、9~10月の求人を狙うことがおすすめです。

仕事辞める決断をしたら②転職したい職場をリサーチ

仕事を辞める決断をするときは、仕事が忙しい!仕事辞めたい!と感情的に決めるのではなく、冷静に転職先をリサーチすることがとても大切です。

というのも、十分リサーチせずに転職してしまうと、今より勤務条件が悪くなったり、理想と違い後悔することがあるから。

 

転職先の職場は、以下のような方法でリサーチすることができます。

  • 会社のホームページを見る
  • 会社のSNSやブログをチェックする
  • 働いていた方に話を聞く
  • イベントに参加する

 

会社のホームページを見る

会社のホームページには、経営者の言葉や、会社が今後力を入れていく点が記入されています。

この2つを確認するだけでも、企業の方向性が分かります。

面接では、ホームページ内のことを聞かれる可能性もあります。応募書類や面接の為にも、ホームページは確認するようにしましょう。

 

会社のSNSやブログをチェックする

近年では、SNSやブログで情報発信をしている会社も増えています。

会社によっては、社内イベントやスタッフの日常などを更新している会社もあります。

またSNSやブログ上で求人募集を出している会社もあるので、気になる会社のSNSやブログはチェックしておきましょう。

 

働いていた方に話を聞く

知人のツテやSNSを活用して、実際に働いている人や働いていた人の話を聞くと、正確な情報が集まります。

相手と親しいほどリアルな口コミが聞けますから、あなたと面識がある人ならより良いですね。

その会社で働いている方を見つけるのが難しい場合は、同業界で働いている人に話を聞くのもおすすめですよ。

 

転職エージェントに聞く

転職エージェントに登録し、相談してみるのも一つの方法です。

転職エージェントは、まさに今現在のその企業の様子をよく知っています。

 

問い合わせるのに人間関係のいざこざに気をつかう必要がないのも良いところ。

知人などのツテが見つからなかった場合は、転職エージェントに相談してみましょう。

 

イベントに参加する

近年では、転職をする方に向けて転職イベントが開かれています。

転職イベントに参加するメリットは、企業ブースで実際に担当者と話すことが出来るので、より会社のことが詳しく分かります。

 

また転職イベントに参加することで、知らなかった企業を知ることもできます。

転職先が見つかっていない方は、転職イベントに足を運び、企業の雰囲気を判断すると良いですよ。

仕事辞める決断をしたら③忙しいならエージェントを利用する

仕事辞めたいと思っても、今の仕事が忙しくて思うように転職活動が出来ない方も多いですよね。

そんな方におすすめなのが、転職エージェント。

 

転職エージェントは、あなたが日中働いている間に、求人情報を選定してくれたり、企業との面談日程を調整してくれるなど、多くのサービスがあります。

求人エージェントを使うメリットは以下のとおり。

 

  • 履歴書を使いまわして複数企業にエントリー可能
  • 企業との面接日を調整してくれる
  • 転職活動中に困ったことを相談できる
  • 非公開の求人に応募ができる
  • 無料で利用できる

 

また転職エージェントには、「総合型」と「特化型」の2つのタイプに分けることができます。

それぞれに特徴があるので、転職サイトを選ぶ際は、自分が「総合型」と「特化型」のどちらを使うべきなのか考えてから登録しましょう。

あなたに合ったエージェントを選ぶ目安にしてみてくださいね。

 

総合型

総合型とは、幅広い求人募集を取り扱っている転職エージェントのこと。

代表的なものとして、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」などが有名です。

さまざまな業界の求人情報が知りたい方や、知識の広い担当者の方にアドバイスが欲しい方には、総合型がおすすめです。

 

特化型

特化型とは、各業界や業種に特化している転職エージェントのこと。

特化型で代表的な転職エージェントは、女性に強い「ウーマンウィル」やアパレルに強い「クリーデンス」など、業種によっていろいろなエージェントがあります。

働きたい業界が決まっている方は、特化型の転職エージェントがおすすめです。

まとめ

仕事が忙しいから辞めることを考えている、仕事辞めたいけどなかなか仕事辞める決断ができない、と悩んだ時の対処法をまとめました。

  • あまりにも忙しいなら我慢せず、仕事を辞めると決断する
  • 求人の多い時期を探す
  • 転職したい職場をしっかりリサーチする
  • 転職エージェントをうまく利用する

 

仕事が忙しくて辞めるときは、しっかりと準備をしてから辞めることが大切です。

働きたい会社のリサーチや転職イベントなど、積極的に行動するようにしましょう。

 

また仕事が忙しくて転職の準備ができないという方は、転職エージェントに登録するのがおすすめ。

あなたが働いている間に、あなたに合った求人情報を探してもらえますよ。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング