仕事

退職を伝える勇気がほしい!うまくいく退職交渉の言い方や言い出すタイミングとは

退職を伝える勇気が出なくて、退職交渉の言い方やタイミングに悩んでいませんか?

退職を伝えるのはとても勇気がいることですよね。

 

上司に伝える退職理由は正直に言っていいいものなのか、いつ言い出せばいいのか、分からなくて困っている人は少なくありません。

退職を伝えるとき大切なのは、言い方とタイミング。

 

今回は、上手に退職を伝える伝え方や、言い出すタイミングなどを紹介します。

退職することを伝えられなくて困っている方は、ぜひ参考にして下さい。

退職を伝える勇気が出ないときは

退職したくても、退職交渉やタイミングなどを考えると、伝える勇気はなかなか出ないもの。

退職する勇気を出すためには、しっかりと準備をすることが大切です。例えば、少なくとも次のようなことは確認しておくべき。

  • 誰に伝えるべきか
  • 伝える内容、言い方
  • 伝えるタイミング
  • 相手からどんな質問が返ってくるか

 

どれも基本的なことですが、きちんと想定して準備をすることが大切。

ここからは詳しく退職の伝え方について解説していきます。正しく手順を踏めば、大きなトラブルになることもありませんよ。

退職を伝える勇気を出す①うまくいく言い方

上司に退職を伝える際には、まず言い方がとても大切。

円満退社をするためにも、正しい退職の言い方やポイントを紹介します。

 

退職する意思を見せる

退職をする時は、「退職をしようか悩んでいる」のような曖昧な言い方は良くありません。

上司には、「退職させて頂きたく、時間をいただきました」など、ハッキリと退職の意思があることを言い切ることが大切です。

 

退職を言い切る際のポイントは、いきなり退職の意思を伝えるのではなく、お詫びの意思を見せること。

いきなり「〇月に辞めたい」など、自分の意思を尊重しすぎないように気をつけましょう。

 

就業時間外に伝える

会社に退職を伝える時は、就業時間外に伝えることが理想的です。

上司と就業時間の終わる時間が合わない場合は、お昼休憩などに伝えるようにしましょう。

 

また就業時間外であっても、上司には予定がある場合も考えられます。

事前にメールや電話で、話し合いをしたいことを伝えることも忘れないで下さい。

 

警戒心を持たせずに話を切り出す

退職の話をする際には、まずは上司以外の耳に入らないようにする必要があります。

「大切なお話がある」や「これからのことでお話がある」などは、退職の話だと周りも分かってしまいます。

 

他の社員にも辞めたがっていることが伝わると、あなたに接する態度が変わる可能性があります。

退職の話を切り出す際は、「相談がある」など相手に警戒心を与えない言葉を選ぶようにして下さい。

退職を伝える勇気を出す②言い出すタイミング

退職交渉のタイミングは、円満退社する為にも重要です。ポイントは、なるべく会社に協力的な姿勢を見せること。

急なタイミングで退職を伝えてしまうと、引き継ぎ業務などでバタバタしてしまい、無用なトラブルの原因になってしまいますよ。

 

法律上は、辞める2週間前までに伝えれば退職できますが、余裕を持って1~2ヶ月前には退職することを伝えるようにしましょう。

期間について就業規則に書いている会社も多いので、一度確認してみることをおすすめします。

 

さらに、次のような細かいタイミングにも気を遣うと、無用なトラブルを避けることができますよ。

退職を考えている方は、ぜひ参考にして退職を切り出すタイミングを選んでください。

 

関わっている業務が終わるタイミング

会社に退職を伝えるタイミングは、自分が関わっている業務が終わるタイミングが理想的です。

担当している業務やプロジェクトがある場合は、仕事に集中して欲しいと上司も考えています。

 

また担当していた業務やプロジェクトが予定していた時期に終わらないことも考えられます。

転職先の入社日は、余裕を持って決めておくようにしましょう。

 

会社の繁忙期は避ける

会社に辞めることを伝えるタイミングは、繁忙期を避ける必要があります。

近年では、繁忙期の退職は気にしなくてもいいという声もありますが、会社に協力的な姿勢を見せることは、円満退社にもつながります。

会社に退職を伝える際は、繁忙期は避けるようにして下さい。

 

ボーナスが出た直後は避ける

ボーナスをもらってすぐに辞めることを伝える方もいますが、おすすめのタイミングではありません。

会社によっては、「ボーナス支給〇ヶ月以内に辞めると、一部を返還すること」などの規定がある場合もあります。

 

またボーナスをもらうと、金銭的に余裕があるので、転職活動に身が入らない可能性もあります。

ボーナスのタイミングは半年に1回。ボーナスのためだけに、辞めたい会社で働くのは時間が非常にもったいないと言えるでしょう。

退職を伝える勇気を出す③上手くいく退職理由

退職交渉を成功させるためには、言い方やタイミングのほか、退職理由も大きなポイント。

もう辞めるからといって、会社や上司の欠点を挙げたり、今までの不満をぶちまけないよう注意してください。

 

お互いに後味の悪い思いをしてしまいますし、スムーズに退職できなくなることも考えらるからです。

円満退職しやすいのは、前向きな理由で退職を伝えること。

 

前向きな気持ちを伝える辞め方は、「やりたい仕事がある」や「キャリアアップをしたい」などが代表的です。

どのように前向きな気持ちを伝えるべきか、例文を紹介するので参考にして下さい。

 

【例文】

お忙しい所申し訳ございません。

大変申し訳ございませんが、退職をさせていただきたいと考えています。

ここまで私のことを指導していただき、本当にありがとうございます。

自分の中で〇〇の仕事に興味があり挑戦したいと考えていました。

自分の中でどうしても挑戦したい気持ちがあり、退職を決断いたしました。

身勝手な都合ですが、ご了承いただけますようにお願いします。

 

ポイントは、しっかりと感謝の気持ちを伝えることと、会社や上司への批判や文句は言わないこと。

たとえ、実際は納得できていなくても、です。

 

退職理由には、なるべくポジティブな理由を書くほうが印象は良いでしょう。

退職理由には、他にも「資格の習得」など仕事上の理由のほか、「一身上の都合」「家庭の事情」などぼかす言い方もあります。

 

ただしあまりに理由をぼかしてしまうと、結局突っ込んだ質問をされる可能性が高いですから、率直に伝えていくほうが手間がかからないでしょう。

自分に当てはまる前向きな理由を一度考えてみて下さいね。

まとめ

退職を伝える勇気が出なくて、退職交渉の言い方やタイミングに悩んだときの対処法についてまとめました。

上手に退職を伝えるには、言い方やタイミングに注意することが大切です。

 

上手く伝えられるか自信がないなら、伝えるための下調べをしたり、相手の質問を想定して備えておきましょう。

タイミングや言い方など、正しい知識を身につけると、退職を伝える勇気も出てきます。

 

退職を伝える勇気が出ないという方は、ぜひ退職をする際の知識を身につけていきましょう!

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング