つらい

仕事が嫌なことばかりでもうしんどい!会社が嫌で逃げたい時の対処法

嫌なことばかりの社会生活、しんどい仕事・職場から今すぐ逃げ出したいと悩んでいませんか?

会社が嫌で逃げたい理由は職場の人間関係、仕事が出来ない自分が嫌、仕事が面白くないなど色々な理由がありますよね。

 

もう嫌なことばかりでしんどいと限界を感じている方、会社が嫌で今すぐにでも逃げ出したい方に、具体的な対処法や会社への向き合い方をまとめました。

仕事が嫌なことばかりで辛い時①自分の中でため込まない

そもそも「嫌なことばかり」「逃げ出したい」と思う状態ってどういう時でしょうか?

「自分の中でストレスや悩みをため込んでいる」時であるといえます。

 

自由にストレスを発散したり、他人に丸投げしたりできる環境にあれば「もうしんどい」なんてことは生じないはずです。

自分の中でため込んでもお給料が増えるわけでもなければ、周りも貴方の辛さに気づいてくれることもありません。

 

  • 勇気を出して上司や人事などに相談する
  • 嫌なこと、辛いことをこれ以上引き受けない、関わらない姿勢を持つ
  • 本当に限界が来たら耐え続けるのではなく思い切って休む

 

こうした方法を取ることもできます。自分の中でため込んでしまうのが一番辛くてしんどいです。

既に限界が来ているのにこれ以上耐える選択肢を選ぶのは避けましょう。

仕事が嫌なことばかりで辛い時②仕事はさっさと終わらせる

嫌なことばかりであれば、「いかにその時間を短くするか」だけを考え仕事に専念しましょう。

仕事中も辛い辛いと考えながら作業をしていたら効率が悪くなり、結果的に長い時間辛い思いをすることなります。

 

さっさと仕事を終わらせることは会社にとってもメリットですので、嫌で辛い時はさっさと終わらせるか、長引くと分かったら「今日はここまで」と区切りをつけ、とにかく今日一日を終えることに専念しましょう。

 

仕事自体が残業続きで、帰りは深夜、プライベートもままならないような状況であれば「自分ができる仕事量」の限界を超えています。

限界を超えてまで本当に「貴方が受け持つ仕事」でしょうか?一度上司に相談するか、それが難しいなら人事や労基に相談しましょう。

 

本来は「定時まで自分が出来る仕事をこなす」のが会社員です。

「深夜まで残業するのが当たり前」の感覚に流されてしまわず、「さっさと辛い仕事を終えられる環境にするために相談しやすい人に相談」することも検討しましょう。

仕事が嫌なことばかりで辛い時③仕事を変える

仕事が嫌なことばかりで辛い毎日を根本から変えたいなら「仕事を変える」のが一番効果的です。

ここで思いとどまっていつまでも辛い毎日を送っている方も非常に多いと思います。

 

もし今のしんどい環境を「1万円でチャラにしてくれる」なら貴方は支払いますか?もしそうなら月収が1万程度下がっても「毎日が辛くない職場」に転職する方が絶対にいいです。

逃げ出したい、辛い、しんどい、限界を感じているのにいつまでも耐え続ける人は以下の要因に縛られて踏ん切りがつかないのではないでしょうか。

  • 収入が落ちるのではないか
  • 社会的地位が下がるのではないか
  • 周りから避難されるのではないか
  • 良い環境に移れる保証なんてないのではないか

 

確かにこれらは「社会人」にとっては重要かもしれません。

しかし社会人以前に「貴方の人生を捨ててまで保持したい」ものなのでしょうか?そしてこれらの答えは「貴方が行動を決意しない限り一生分からない」ことです。

 

今の会社で耐え続けて「大丈夫な保証」もどこにもありません。

限界が来てこうして色々な対処法を調べて少しずつ行動しているからこそ、「行動しないともうどうにもならない」という気持ちがあるのではないでしょうか。

 

確かに収入が落ちることは家庭がある方にとっては大きな問題かもしれません。しかし、最低限の衣食住が保障されないような転職先はさすがにありません。

今の月々のお小遣いに本の少しの変動があるだけで(上がるかもしれません)、職場によるストレスから解放されるのであれば、一度くらいそんな可能性にも視野を向けてみるのもいいかもしれません。

まとめ

「もう嫌なことばかりでしんどい!」「会社が嫌で今すぐにでも逃げ出したい!」と限界を感じている方に、具体的な対処法や会社への向き合い方をまとめていきました。

最近では一つの会社で生涯働くことのほうが珍しくなってきました。その理由の一つが「会社が嫌なことばかりで辛い」こと。

 

せっかく入った会社ですから、やりがいを感じるのであれば無理のない程度に本記事を参考にストレスを対処しつつ仕事をして様子見するのもアリです。

また、仕事内容にも職場にも未練はなく、ただ辞めるキッカケがなく耐え続けているのであれば、これを機に転職を検討するのもいいでしょう。

 

最近では転職サイトに登録しておくだけでも企業側からオファーがくるので、とりあえず登録しておくだけでも、空き時間に偶然「やりたい」と思えるような新たな職場に出会えるかもしれません。

辛い時、しんどい時は、「この苦しみから解放されよう」と思っていいのです。是非耐え続ける以外の選択肢が見つけていきましょう!

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング