仕事

仕事に行きたくない!休みがちで行きづらい!もう退職・転職したほうがいい?

「もう仕事に行きたくない」「休みがちで今の職場に行きづらい」と悩んでいませんか?

今の職場に行きにくくて、退職や転職を考えている方もいるのではないでしょうか。

 

行きたくない職場に通い続けるべきか、思い切って退職・転職したほうがいいのかについてまとめていきます。

仕事に行きたくない・行きづらい原因

まず、仕事に行きたくない、行きづらい原因には、どんなものがあるのか見ていきましょう。

仕事に行きたくない・行きづらい原因①職場の人間関係が嫌

会社に行きたくない場合や行きづらい原因の代表例が「人間関係が悪い」こと。

人事をしていた立場から見ると、仕事がしんどいけど人間関係が良い場合、会社は辞めずに続けられることが多いです。

 

逆に、仕事は楽だけど人間関係が最悪な場合は、会社を辞めてしまうケースが多いのです。

このことからも、人間関係が会社の居心地に大きく影響することがわかりますよね。

 

会いたくない人、苦手な人がいるとやはり仕事に行きづらい大きな原因となります。

あなたが職場に行きづらいと感じているのは、実は「苦手な人に会いたくない」という感情からきていないでしょうか?

仕事に行きたくない・行きづらい原因②仕事が苦手

仕事内容自体が苦手で、今の自分は仕事のスキルが高いとは言えないと実感している場合も、やはり職場に行きたくない、行きづらいと思う原因になります。

また、一度そう思ってしまえば「本当にここで働いていていいのか」という考えも芽生えてしまい、どんどん行く気がなくなり、退職・転職を考えるようになるのです。

仕事に行きたくない・行きづらい原因③よく欠勤してしまう

朝起きて「今日はちょっとしんどい」と思い、つい休んでしまう人も、実は少なくありません。

休むことで仕事に行くのがますます嫌になったり、怖くなったりして「明日も休もう」と休みがちになるパターンも多いもの。

 

こうなると当然職場に迷惑もかかるので、周りからの風当たりも強くなり、ますます「仕事に行きたくない」「行きづらい」と思う構図が出来上がってしまうのです。

仕事を休みがちなら休息が必要

行きづらい原因の一つに「仕事を休みがち」ということが当てはまるなら、確実に休息が必要なサイン。

もしもそれが「ちょっと朝しんどい」という程度でも、朝つらくて夜に楽になるようなら、「先天的うつ病気質」であるとも言われています。

 

仕事を休んでしまうということは、「皆と同じペースで会社にいける心身状態ではない」ということ。

もしも「しばらく休める」と聞いて心が少しでも楽になるのであれば、すぐに休息をとる選択肢を選びましょう。

 

身体あっての命といえば大袈裟になるかもしれませんが、「しんどいなら休めばいい」と堂々と思う事も勇気です。

日本人の気質上「頑張ってナンボ」の根性論がまだ社会に浸透していますが、あなたの人生はあなたが楽しむためのもの。

 

多くの会社には有休制度がありますし、少しの間休憩してもただちに生活費がゼロになるわけではないなら、心身の健康を優先して即座に休みましょう。

 

もし生活費が厳しいようなら、診断書があれば生活保護や傷病手当などを受けられますよ。

※「うつ病」と診断されなくても「うつ状態」であると医師が判断してくれたら、休職していても基本給の6割は支給されます。

どうしても休みがちなら退職・転職を

少し休養しても、休みがちな癖が治らない、なかなか復帰できない、という方は思い切って退職・転職に乗り出しましょう。

というのも、休みがちなまま「行きづらい」「行きたくない」と悩み続けている状態が、一番不安定で精神的にも良くないから。

 

休みがちな今だからこそ、「別に一度環境をリセットして、また1から新しい職場で頑張れないいのではないか」と考えてみましょう。

どんなに頑張っても休みがちでもう疲れてしまっているのなら、ひとまずは1週間でもいいからゆっくり休んで、自分自身の人生を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

 

いきなり退職すると申し出づらいなら、電話で人事や事務に相談するのも良いでしょう。

とにかく、「行きたくないけど、行かなくては」というストレスから自分を解放することが大切なのです。

 

また、退職を言い出すのが無理だったり、転職活動をする気力が無い場合におすすめなのが「とりあえず転職サイトに登録しておく」こと。

登録しておけば、自動的に企業からのオファーが送られてきますから、自分の新たな可能性が見つかったり、新たな発見があることも多いですよ。

 

行きたくない、行きづらいのに無理に行くことに耐え続ける必要はなく、あなたにはいつでも「辞める」という選択肢もあるのです。

いつでも退職・転職できるという気持ちを持っておくだけでも、少し気が楽になりますよ。

まとめ

行きたくない職場に通い続けるべきか、思い切って退職・転職したほうがいいのかについてまとめていきました。

多くの人は「仕事に行きたくない、行きづらい」という気持ちと「退職や転職をしたいけど不安」という気持ちが織り交ざっていますよね。

 

「自分の人生を自分の意思で決定する」ってとても勇気が必要ですよね。

でも、もう行きたくないと思った職場に見切りをつけて退職し、しばらく休むことで「本当にやってみたいことが見つかる」ことも多いのです。

 

決断しないと今の不安がとれないことは事実です。是非本記事を参考に、解決の手がかりが見つけてくださいね。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング