仕事

中小から大手への転職は無理なのか?大企業へ転職したい時はどうすればいい?

「中小から大手へ転職するのは、もちろんできればいいけど、無理じゃないかな」

「大企業へ転職したいけど、どうしたらいいのかな」

そんな風に悩んだことはないでしょうか。

 

「安定した職場が良い」「福利厚生も優遇されたい」など、大手企業で働きたい方は多いもの。

ただ、転職するにしてもどういう手順で応募したらいいのか、中小で仕事してるけど大手に行くことは出来るのか悩み、なかなか行動できないケースは良くある事なのです。

 

今回は、中小企業から大手企業に転職するとき、どんな事をしておけばいいのかまとめていきます。

安定を求めている方や、大手企業に転職したいと思っている方は、参考にしてみて下さい。

 

中小から大手に転職することは出来るの?

 

結論から言うと、大手企業に転職する事は可能です。

なぜなら、時期次第で大手も大量採用する場合があるから。

 

例えば、就活のシーズンには大手企業も大量の求人をかけ、欠員分などの従業を集める事などあり、そういった時に中小から大手企業に移る事も出来ます。

さらに、ポテンシャル採用や技術職での募集なども行っているため、ある程度経験があれば採用されやすくもなります。

 

大手に転職するためにしておきたいこと

 

では、大手に転職するにはどのような事を行えばいいのでしょうか?

転職に必要な、これだけはしておきたいことをご紹介します。

 

中小から大手に転職する時の準備 ①スキルアップ

一番最初に必要とするのがスキルです。

転職に際して、企業の募集要項などから、必要なスキルや経験年数などを把握する事ができますよね。

 

つまり、募集要項に見合うスキルがないと採用は難しい、ということ。

そのため、普段から自分の技術を高めるのはもちろん、転職先で求められるスキルをきちんと確認しておきましょう。

 

中小から大手に転職する時の準備 ②成果を上げる

次点で必要な要素は、前の勤務先の成果になります。

あなたが前職でどのような成果を上げたかにより、本当に欲しい人材かどうか、見極めが行われます。

 

ですから、転職前に自分の会社での立ち位置や評価などを、ある程度把握しておきたい所です。

成果次第では、転職の決まりやすさや、転職先での評価も変わってくるため、出来る限り成果を上げておきましょう。

 

中小から大手に転職する時の準備 ③退職理由を整える

最後に大切なのは退職理由です。

というのも、退職理由次第では、転職する事自体も難しくなってしまうから。

 

「やりたい仕事じゃなかった」のように、やる気に疑問を持たれる理由や、「人間関係が悪かった」など、会社のせいにするような理由では、転職先の印象を悪くしてしまいます。

なるべく自分に不利にならないように、「スキルアップのため」「現在の技術を生かせる職場を探していた」など、ポジティブな印象になる理由が良いでしょう。

 

技術や成果がないと転職は無理?

 

ただ、就職して間もないなどの理由で、まだ技術も成果もほとんど無い場合もあるかと思います。そんな時はどうすればいいのでしょうか?

今から技術や成果を上げるなんてことも出来るかも知れませんが、転職時期を逃してしまう危険性があります。

 

そんな時に利用したいのが、ポテンシャル採用や大量に人材を募集しているときです。

この場合には、求める技術や成果も低い場合がありますから、たとえ技術や成果がそこまで高くなくても転職する事が出来ます。

 

まだ転職出来ないなと悩むよりも、転職出来そうな場所、時期を探すのも一考の余地があると言えるでしょう。

 

大手企業へ転職したい!

 

中小企業から大企業に転職したい人は多くいますが、本当に大手企業に転職すればすべてうまくいくのでしょうか。

ここでは、大手企業に転職した際のメリットとデメリットを紹介します。

 

大手企業に転職するメリット

 

大手企業に転職するメリット ①生活の安定

大手企業への転職で一番のメリットは、給与の安定化ではないでしょうか。

大手らしく倒産などの危険性も低く、突然の解雇などもほぼ無いため生涯を通して働く事が出来ます。

そのため、人生設計もしやすいと言えます。

 

大手企業に転職するメリット ②福利厚生が充実

大手企業の次の強みが福利厚生ではないでしょうか。

企業年金なども場合によっては加入する事が出来、退職後なども安定した生活を送る事が出来ます。

さらに、スポーツジムの無料化などを行っている企業もあるため、色んな社員制度を利用する事が出来ます。

 

このように、企業に転職した場合には長期的な安定を望む事が出来ます。

そのため、安定志向の人生設計を考えるときには、大手企業はかなり魅力的な企業と言えます。

 

大手企業に転職するデメリット

 

大手企業に転職するデメリット ①キャリアアップしにくい

大手企業に転職した際の一番のデメリットは、役職付きになれる可能性が低い事。

多くの社員が働いている中、功績などをあげても中々評価されえるのは難しく、スピーディな昇給や昇格はなかなか難しいと言えます。

 

大手企業に転職するデメリット ②経験できる範囲がせまい

次に大手企業に転職した際のデメリットは、様々な経験をする事が出来ない点です。

大手企業では社員が多い分仕事内容も分業制が多く、業務内容も限定されがちで、ほぼ募集内容と同じ仕事しかする事がありません。

 

そのため、他業種に転職したいとなった時に、実績などを評価されない場合があり、転職に不利になることがあります。

 

大手企業だからと言っても不利な事は存在しています。

そのため、転職する際には自分の状況を考えて、行動に移してください。

 

まとめ

 

今回は、中小企業から大手企業への転職は無理なのかどうか、転職したいなら何をしたらいいのかまとめていきましたが、いかがでしたでしょうか?

結論から言うと、中小企業から大手企業に転職するのは、可能だと言えます。

 

ただし、退職理由や能力などで採用されない場合もあるため、転職する企業の情報を出来る限り集めて自分に合致しているかどうかを判断して行動に移すようにしましょう。

さらに、大手企業に転職したとしても、大企業ならではのデメリットもあるため、その点も含めて転職を考える必要があるでしょう。

 

あなたの状況をしっかり見極めて、あなたに合った職場環境を手に入れてくださいね!

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!


転職活動ランキング

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村