つらい

会社が嫌いすぎる!我慢できない!仕事が嫌でたまらない時の解決法

あなたは今、「会社が嫌いすぎる」「我慢できない」「会社を辞めたい」と悩んでいませんか?

嫌でたまらない会社に、通い続ける毎日を変えられたらどんなにいいでしょう。

 

「毎朝辛い」「会社が嫌すぎる」という気持ちと、「どうすればいいかわからない」「辞めた後が不安だから行動出来ない」という気持ちが交差している人は少なくありません。

 

今回は、仕事が嫌すぎることへの対処法とその他の選択肢について詳しく述べています。

読み終えた後、少しでも楽になる一歩を踏み出す手助けとなるはずですよ!

会社が嫌いすぎる時の解決法①仕事が嫌い

「会社が嫌いすぎる」「毎朝出社するのも我慢できない」と悩んでいる人には「そもそも仕事内容が嫌い」という方が非常に多いです。

  • 仕事に全くやりがいを感じない
  • 作業量がキツイ、疲れる
  • 毎日を無駄に過ごしている
  • 誇りをもって仕事をできていない
  • 会社の方針自体が嫌い

 

実際、嫌で嫌で我慢の限界が来た人は、退職のときに「仕事にやりがいを感じない」という意見を述べることが圧倒的に多いです。

 

「嫌い」なことをこれから一生毎日続けるというのは一体誰にとってメリットがあるのでしょうか?あなたにも企業にもメリットがありませんよね。

そんな「仕事が嫌でたまらない」方には以下の選択肢があります。

 

仕事が嫌で会社が嫌いな時①部署異動を申し出る

部署異動って言い出しづらいですし、上司に言うタイミングが非常に難しいもの。

しかし、そんな一瞬の「気まずさ」を犠牲に、これからも生涯耐え続けるのと、一瞬の気まずさを耐えるの、ご自身にとってどちらがプラスでしょうか?

 

当然後者ですよね。

そして、もしも異動を聞き入れてくれないようでしたら、今一度「そこまでしてこの会社に執着するメリットはあるのか?」と考えてみましょう。

 

仕事が嫌で会社が嫌いな時②休職または休暇をもらう

仕事が嫌でたまらないのに出社し続ける人に共通するのは「嫌でたまらないけど、考える余裕が無い」こと。

嫌々出社し、疲れて帰宅し、流される日々…一度体調不良を訴え休職するか。有給で休めるなら1週間程度休んで、じっくり自分自身と向き合ってみましょう。

 

また独りで抱え込まず、友人や信頼できる上司に本音を相談するのもありです。

自分だけで選択肢を決めず、客観的価値観を得ることで、仕事への向き合い方など色々な考えが見えてくるはずです。

会社が嫌いすぎる時の解決法②上司や役員が嫌い

人間関係も「我慢の限界」に達する大きな要因です。

同僚や先輩が嫌いでも、尊敬できる上司や役員がいれば「ああいう人になろう」と頑張れますが、肝心の上の人間が嫌いなら「会社が嫌すぎる」ことに直結してしまいます。

上司が嫌で会社が嫌いな時①別の上司に相談

上司や役員は、主任・係長・課長・部長など、立場の違う人が何人かいますよね。

嫌いな上司や役員が居る場合、「どうすればうまく仕事が出来るか」を別の上司に相談しましょう。

 

上司は部下を働きやすい環境で働かせるのも仕事の一つ。必ず過去に似た事例の相談も経験しているはずなので、気軽に相談してみましょう。

案外簡単に解決できるかもしれませんよ。

上司が嫌で会社が嫌いな時②仕事内容を変えてもらう

上司や役員が嫌いな場合の多くは、「どうしてもその上司に関わる必要がある」からこそ生じるもの。

そもそもあまり絡まないなら「嫌い」という感情すら湧きませんよね。

 

部署異動とほぼ同じですが、もしも報酬が下がったとしても「責任の大きい仕事」は避け、楽な仕事に変えてもらえるよう訴えかけてみましょう。

人事への直接相談でも問題ありません。「上司からの圧力を感じてしまい、限界を感じている」という旨を伝えれば、さすがに人事も行動を起こしてくれますよ。

嫌でたまらないなら転職も考えよう

いくら対策しても「会社が嫌い」「仕事が嫌い」「我慢の限界」という感情がゼロにならない限り、ストレスを感じ続ける毎日は終わりませんよね。

かといって、転職まではなかなか踏み切れない人が多いのも事実です。

 

いつまでも踏ん切りがつかないのには、以下の不安があることが多いです。

  • 給与が下がってしまうのではないか
  • また嫌になってしまうのではないか
  • 親族、同僚、家族にどう思われるのか

 

確かに転職となれば、「今の仕事を辞める」リスクはあります。

しかし長い人生、「嫌な仕事と周からの声に耐えながら老後を迎える」のか「ストレスフリーで自分らしく毎日を生きるのか」のどちらがより大切でしょうか。

 

例えば、もしも給与が今より月給2万円落ちたとしましょう。

これを「転職したせいで2万円下がってしまった」と感じるか「2万円でストレスフリーの人生を送られるようになった」と感じるか、というとらえ方の問題です。

 

決してあなたは「耐え続ける」「我慢し続ける」必要はありません。

特にこれからの時代は「生涯1つの会社に勤める」ことのほうが珍しく、どうしても合わない職場は「辞める」という選択肢があるのです。

 

嫌な毎日に耐え続ける、その中で模索し続けるだけが選択肢では無いことを、今一度考えてみましょう。

まとめ

仕事が嫌すぎることへの対処法と、仕事が嫌っでたまらない時の選択肢についてまとめていきました。

この記事を読んでくださった方は、嫌で仕方がない会社、嫌いな仕事がある現状から一歩でも解決の道に進みたいと思っているはずですよね。

 

耐えるだけでは人生を消耗してしまうだけ。ぜひ解決のための選択肢を試してみてください。

忙しくてあれこれ考える余裕が無くても、例えば転職サイトに登録するだけでも、他の選択肢が見えてきますよ。

 

興味がありそうなこと、やりたいことが見つかれば人生万々歳。

会社が嫌すぎる人生を送り続ける毎日に、少しでも解決の道を示してくれるはずですよ。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング