仕事

仕事辞めてから転職までの期間は?何ヵ月待ってもらえる?期間があくと不利?

仕事を辞めてから転職までの期間は一般的にどのくらいなのでしょうか。何ヵ月待ってもらえる?期間があくと不利?等、いろいろと気になりますよね。

仕事を辞める理由は人によって様々ですが、やはり転職までの期間は短い方が望ましいです。

 

では、仕事を辞めてから転職までの期間があくとなぜ不利になるのでしょうか?

また、期間があいた場合には転職を成功させられる方法はあるのでしょうか?

 

今回はこれらについてご紹介して行きましょう。

仕事を辞めてから転職までの期間があくと不利になる理由①仕事のスキルや感覚の低下を懸念される

仕事を辞めてから転職までの期間はどのくらいが平均的なのでしょうか。

一般的には2~3か月と言われていますが、かなり個人差が出るのも事実です。

 

退職と転職の期間がない状態であれば収入も途切れることがないし、理想的ですよね。

逆に半年~1年以上あいてしまうと不安になってくるでしょう。

 

転職までの時間があくと不利と言われる理由は何なのでしょうか。採用する側はどう考えているのでしょう。

転職までの期間があくと、仕事のスキルや感覚の低下を懸念されます。

 

辞めてから転職までの時間が長くなるにつれて、毎日仕事をしている人に比べて対人関係、交渉力、決断力等、あらゆるスキルが低下してしまうでしょう。

また、仕事で使用しない分、パソコンスキル等の低下も懸念されます。

 

やはり、毎日会社に行くことで緊張感が保たれますし、ビジネスマンとしてのスキルは仕事をする中で日々鍛えられるものです。

また、現代ではAIやRPA等を積極的に導入する会社が多く、職場環境は日々目まぐるしい変化を遂げています。

 

このような環境の中で、しばらく働いていない期間があることはどうしてもマイナスになります。

会社側としても、 スキルや様々な感覚が低下している、即戦力にならない人をわざわざ採用しませんよね。

 

やはり、 やはり転職までの期間は、できるだけ短い方が望ましいと言えるでしょう。

仕事を辞めてから転職までの期間があくと不利になる理由②柔軟性や対応力のなさを懸念される

仕事を辞めてから転職までの期間があくとなぜ不利なのでしょうか?

平均的には2~3か月と言われる転職までの期間。

 

それがもし半年~1年、さらにそれ以上であれば、採用する側は「この人はなぜこんなに期間があいているんだろう?」と思うでしょう。

さらに、次のように思われることもあります。

  • 自分の希望通りの会社が見つかるまで応募しない理想の高すぎる人
  • 条件等に細かい柔軟性のない人
  • どこの会社にも採用されない人間性の低い人

 

このような印象を持たれてしまってはもったいないですよね。

辞めてから転職までの期間が長いことをマイナスにしない為には、期間があいた理由にどのくらい説得力があるかが大切です。

 

  • 難関な資格取得を目指して勉強していた
  • 転職して英語力を生かせるように海外に留学していた
  • 家庭の理由で介護に専念していた

このような理由であれば、必ずしもマイナスにはならないでしょう。

 

仕事を辞めてからの期間が長い場合は、

  • 「自分はどんなスキルを持っていて、転職したら会社のために何が出来るか」
  • 「人より優れている点を今後どのように発揮するか」

など、転職後の目標を明確に言えるように、しっかり準備をしておきましょう。

仕事を辞めてから転職までの期間があくと不利になる理由③仕事に取り組むモチベーションの低下が懸念される

仕事を辞めてから転職までの期間があくとなぜ不利になるのでしょうか?

長く仕事を続けていても、長期休暇の後はなかなかモチベーションが上がりませんよね。

 

休み明け一週間くらいは、働くペースを取り戻せない感覚を味わった経験はありませんか?

働いていてもそうなのですから、仕事を辞めてから転職までの期間があいていると、仕事に取り組むモチベーションの低下を懸念されるでしょう。

 

新入社員とは違って、転職で採用した人にはある程度即戦力であることが期待されます。

それなのに、なかなかモチベーションが上がらないようでは困りますよね。会社側にも採用を躊躇されてしまうでしょう。

 

転職までの期間があいた場合は、それをこれから早期に取り返す意気込みを示すことが大切。

「入社したら他の人の2倍の早さで仕事を覚えます」「3か月以内には即戦力として貢献出来るよう努力します」等、自分なりの言葉でモチベーションの高さを表しましょう。

 

仕事を辞めてから転職までの期間があいたことをマイナスにしない為に、しっかりとやる気をアピールしてみて下さいね。

まとめ

仕事を辞めてから転職までの期間はどのくらいなのか、何ヵ月待ってもらえるのか、期間があくと不利なのか、気になってしまったときの対処法をまとめました。

仕事を辞めてから転職までの期間があくと不利になる理由として、次の3つを紹介しました。

  1. 仕事のスキルや感覚の低下を懸念される
  2. 柔軟性や対応力のなさを懸念される
  3. 仕事に取り組むモチベーションの低下が懸念される

これらの理由からも、仕事を辞めてから転職までの期間は極力短い方が良いでしょう。

 

また、転職までの期間があいてしまった場合には、それをマイナス評価されないようにしっかりと準備をしておきましょう。

面接で自分の言葉で今後の目標やモチベーションの高さを語れることが大切です。

 

転職までの期間があいても、諦めることはありません。逆にそれをカバーしようとしっかり準備すれば上手く転職活動を進められるでしょう。

しっかりと準備をして、もっとあなたに合った職場環境を見つけていきましょう!

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング