仕事

次決めないで辞めるとどうなる?何も決めずに退職するのが危険な理由

次を決めないで仕事を辞める、または何も決めずに退職するとどうなるのでしょうか?

現代では転職は珍しいことではないので、もし仕事を辞めてからでも割りと簡単に次が見つかるのでは?と思いますよね。

 

しかし、これは大きな間違い。

結論から言うと、何も決めずに退職するのは年齢を問わずにとても危険なのです。

 

理由は経済的なもの、精神的なものと様々ですが、今回は次を決めずに仕事を辞めるのが危険な理由をご紹介して行きましょう。

次決めないで辞めるのが危険な理由①金銭的に余裕がなくなり焦ってしまう

次を決めず仕事を辞めたり、何も決めずに退職するとどうなるのでしょうか?

時間に制約が無いため、転職エージェントに行きやすかったり、企業への面接にいつでも出向くことが出来ると言う利点があります。

 

仕事が忙しすぎて転職活動が進まない…と言う人にとっては理想的な状況ですよね。

しかし、欠点もあります。

 

仕事を辞めて収入が無くても今まで通り生活費はかかるので、なかなか仕事が見つからない場合はどんどん貯蓄が減ってしまいます。

また、転職活動をするにも交通費等、予想外にたくさんお金がかかります。

 

収入が無いのに貯蓄が減っていくことは、精神的にとても辛いですよね。

このような状態が続くと余裕がなくなり、「もう何でも良いから働きたい」と再就職を決めることになるでしょう。

 

結局、希望の仕事には就けず「こんなことなら前の仕事の方が良かった」「何故次を決めずに退職してしまったんだろう」と考えて落ち込んでしまいますよね。

このようなことにならない為にも、やはり次を決めずに退職するのは避けましょう。

 

仕事を辞めるのは、次が決まってからでも遅くはありません。

後悔しない為にも、在職中に転職活動を始めることがおすすめです。

 

在職中で安定的な収入が見込めるのであれば、転職するにしても希望の仕事が出てくるまでしばらく待つことも出来ますよね。

いろいろな意味で余裕を持つことが出来ますよ。

次決めないで辞めるのが危険な理由②精神的に追い込まれて希望ではない仕事に決めてしまう

次を決めずに退職するとどうなるのでしょうか?

会社に強いストレスを感じていて、精神的に追い込まれていた中で退職したのであれば、心機一転、転職活動を始めることが出来て良いですよね。

 

また、職場に気を遣うことなく転職活動に専念出来るのは大きな利点でしょう。

しかし、次を決めずに辞めることは、精神的な大変さもあります。

 

転職活動が思い通りに進まずなかなか仕事が見つからない場合、どんどん精神的に追い込まれてしまいます。

焦った結果、妥協して希望ではない仕事に再就職し「やはり前職の方が良かった…」と後悔しても後の祭り。

 

やはり在職中に転職活動を始めることをおすすめします。

在職中であれば、転職活動が上手く行かなくても「まぁ、最悪でも今の仕事があるし金銭的に困ることはないから大丈夫」と気持ちに余裕を持てますよね。

 

次を決めずに辞めるのではなく、まずは在職中に転職エージェント行って転職市場の動向を聞いてみましょう。

転職エージェントの担当者に次を決めずに退職することについて相談してみると、適切なアドバイスをもらえるはずです。

 

ぜひ転職エージェントを活用し、専門家の力を借りてスムーズに転職活動を進めましょう。

次決めないで辞めるのが危険な理由③職歴にブランクが出来て不利になってしまう

次を決めず仕事を辞めるとどうなるのでしょうか?

転職活動では「在職中である」ことも一つのアピールポイントになります。

 

「これまでしっかり仕事をしてきましたが、転職して新たな環境で頑張りたいです」と面接で伝えられればとても説得力がありますよね。

職歴にブランクがない人は、会社側からも「この人なら、採用してすぐに辞めることは少ないだろう」と見てもらえるでしょう。

 

ですから、次を決めずに仕事を辞めてしまうと転職活動時のアピールポイントが一つ減ってしまうことになります。

やはり次を決めずに退職してしまうのは危険だと言えますね。

 

とは言え、例外もあります。

  • パワハラ等で精神的に参っている
  • 仕事のストレスでうつ病になった
  • 体調不良で長期間休業している

 

このような場合には、無理して在職状態を続けるメリットはありません。

体調不良の場合には、迷うことなく退職して療養に専念し、また元気になってから転職活動を行いましょう。

まとめ

次を決めないで仕事を辞める、または何も決めずに退職するとどうなるのかまとめました。

次を決めずに仕事を辞めるのが危険な理由として、下記の三つがあげられます。

  1. 金銭的に余裕がなくなり、焦ってしまう
  2. 精神的に追い込まれて、希望ではない仕事に決めてしまう
  3. 職歴にブランクが出来て不利になってしまう

 

年齢を問わず、次を決めずに仕事を辞めることはとても危険です。在職中に転職活動を始めましょう。

在職中に転職活動をするのは時間にも制約がある分、苦労もあるでしょう。

 

一日も早く、効率的に転職活動を進めるにはぜひ転職エージェントを活用し、専門家の力を借りましょう。

あなたが希望通りの新しい仕事を見つけられることをお祈りしています!頑張って下さいね。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング

【今すぐ転職しなくても】転職サイト・転職エージェントを利用しよう

あなたは今、次のような悩みを抱えていませんか?

  • 社風が合わず辞めたい
  • 仕事がつまらないので辞めたい
  • 人間関係が悪いので辞めたい
  • 年収をあげたい、キャリアチェンジしたい
  • 手に職がつく仕事に転職したい

 

このような思いがあるなら、たとえ今すぐ転職する気がなくても、「転職サイト」や「転職エージェント」へ登録しておくのがおすすめです。

というのも、ストレスや疲労が限界に達すると、サイトに登録する気力すら無くなるから。

 

仕事に悩みがあるのなら、普段の業務だけで体力・気力ともに相当消耗していますよね。

その上、帰宅後や休日に求人情報を調べたり、転職活動を行うのはかなり負担に感じるはず。

 

また、強いストレスのかかる環境に長期間置かれると心身が疲労して、自分では的確な判断が出来なくなりがちです。

今の職場以外の選択肢が思いつかないと、「毎日つらい」と思いながら職場から離れられず、最悪過労で倒れてしまう、という状況になってしまうのです。

 

もしここで、「転職」という選択肢を選ぶことができれば、無理に我慢する必要はありませんよね。

普段から気になる求人情報をストックしておけば、「転職」という選択肢ができ、過労で倒れる前に「転職」という手が打てるようになりますよ。

 

転職サイトも転職エージェントも登録は無料で、並行して利用することもできます。また、希望に合う職場がなければ、すぐに転職しなくても構いません。

仕事の悩みがあるなら、気力・体力のあるうちに転職サイト・転職エージェント登録を済ませ、優良な求人を見逃さない仕組みを作っておきましょう。

 

優良な求人情報が集まる転職サイトのおすすめはこちら

  ⇓⇓



優良な求人情報が集まる転職エージェントのおすすめはこちら

  ⇓⇓