つらい

仕事が辛い!辞めたい!逃げの転職で成功するためにはどうすればいい?

「仕事が辛い」「今すぐに仕事を辞めたい」と悩む人は少なくありません。

 

仕事を辞めるとなると、大きな勇気が必要ですよね。

しかし、せっかく勇気を出して退職を伝えても、会社側とトラブルになり、円満に退社できないことがあります。

 

その主な理由は、退職理由とその伝え方。

退職時にトラブルを起こしてしまうと、次の就職にも影響することもありますし、とにかくダメージが大きいもの。

 

今回は、今の仕事が辛くて辞めるとき、できるだけスムーズに退職する方法についてまとめていきます。

もう辛くてすぐに退職したい方や、問題起こさず退職したいと思っている方は、ぜひ一読してみてくださいね。

 

仕事が辛い理由を整理する

 

「仕事を辞めたい」と一言で言っても、その理由や、何を辛いと感じているかは人それぞれ。

スムーズに退職するために大切なのは、理由をきちんと伝えることがとても重要です。

 

というのも、退職理由やその伝え方次第で、会社に与える印象が大きく変わるから。

退職理由がまとまっていなかったり、伝え方が感情的すぎると、会社側の印象を悪くしてしまい、望まないトラブルとなってしまうことだってあるのです。

 

そのため退職を伝える前に、まず自分が辞めたい理由を整理しておきましょう。

その上で、失礼のないように伝えれば、大きなトラブルは避けられますよ。

 

ここでは例として、仕事が辛いと感じる主な理由についてご紹介しますね。

 

仕事が辛い理由①残業の強要

拘束時間が自然と長くなる理由です。この理由の場合、長時間労働などで体調不良などにもなるため滞りなく退職する事が可能になります。

ただ、タイムカードなどで実働など記録しておかないと証明しずらいため、情報を残すようにして下さい。

 

仕事が辛い理由②パワハラ・モラハラ

いまだに日本経済に残る悪しき習慣の一つです。

「結婚はまだか?」「これだから高卒は」など、相手の人格を否定するような行為は基本的にNGとなるため、退職しやすい状況を作りやすいです。

ただし、こちらも証拠などを残す必要があるため、データなどを残すようにして下さい。

 

仕事が辛い理由③社風に馴染めない

やや即退職しづらい理由です。この理由の場合には、会社批判などネガティブな印象を持たれやすいため、状況などを加味して選択したい所です。

ただ、すぐに転職したい場合には利用しやすいため、その時の状況で判断するようにして下さい。

 

と、理由次第で退職しやすいしにくいなどもあるため、ある程度想定して退職方法を模索したい所です。

 

どちらに原因があるか考える

 

基本的に、自己都合なのか会社都合なのか考えておく必要があります。

例えば、会社都合の場合とだと転職活動などが行いやすくなり、スムーズに新しい勤務先なども決めやすくなります。

 

逆に、自己都合の場合だと転職の際に不利になる場合が多く、スムーズに転職する事も難しくなるため出来るだけ原因を探りたい所です。

 

では、どんな理由だと自己都合や会社都合になるのか考えていきます。

例えば、「仕事をミスした」「仕事が合ってない」などは、自己都合と思われる可能性が高く、ある程度成長の余地などを残している場合があります。

そのため、転職理由としては不適切だとなる場合があります。

 

逆に「残業を指示される」「パワハラ・モラハラを受ける」などは、会社都合での退職となり転職理由としても問題ない扱いを受けやすいです。

そのため、どんな理由で退職したいのかをよく判断するようにして下さい。

 

転職は逃げではない

 

転職を悪とみなす方も多く居るかもしれませんが、それは間違いと言えます。

何故、転職は悪ではないのかと言うと、時代背景や雇用形態の変化が変わった点が大きく起因します。

 

例えば、団塊世代と呼ばれる人たちの場合には終身雇用などが普通でしたが、現在は人件費の削減や時短勤務の推奨など人材投資の観点が大きく異なっています。

 

そのため、終身雇用などを前提とした考え方ではねじ曲がった考え方になってしまいます。

なので、転職すること自体が逃げと言う概念は時代次第で大きく変わることになります。

 

ただ、一つ注意して欲しいことがあります。それは、逃げだとしても筋は通す事です。

例えば、会社のルールなどを守りながら転職活動をするのはいいですが、大きくルールを逸脱したり無視したりすれば退社の後も尾を引く場合があるので、引継ぎなどをしっかりして転職するようにして下さい。

 

まとめ

 

今回は、逃げの転職と題して辛い状況に追い込まれた際にどうやって転職するのか記載して来ました。

このように、逃げの転職自体は時代背景や雇用制度などにより、ある程度許容されることだと思います。

 

ただ、正規の手順などを無視して転職などを推し進めると問題視される場合もあるため、その点は注意して転職するようにして下さい。

今すぐ転職したいと思っている方に、今回の記事が参考になれば幸いです。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!


転職活動ランキング

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村