人間関係

上司と合わないから退職するのはあり?上司が嫌いすぎて辞めたい場合どうする?

上司と合わなくて仕事を辞めるのは、珍しいことではありません。

実際、職場の人間関係が原因で仕事を辞める人の多くは、「上司と合わない」ことを理由として挙げています。

 

一般的には、「上司と合わないから」という理由だけで退職するのは、「あり」とは言えません。

逆に、仕事に私情を持ち込んでいる、人の好き嫌いを言うなんてわがままだ、など、あなたの評価を下げる危険性だってあるのです。

 

とはいえ、あまりにも上司が嫌いで、我慢ももう限界なら、仕事を辞めることを真剣に悩んでしまいますよね。

上司と合わないというのは、仕事をする上でそれだけ大変な障害になるもの。

 

今回は、上司が嫌いすぎて辞めたい場合、どうすれば良いかお伝えしていきます。

 

合わない上司はどこにでもいる

 

嫌いな上司がいるから、仕事を辞めるという気持ちはわからないでもないです。

  • 自分は仕事ができないのに偉そうなことを言う上司
  • 小さなことでも口うるさい上司
  • 自分の失敗を部下のせいにする上司
  • 理不尽なことで怒ってくる上司

運悪く、このような部下に嫌われる上司に当たると最悪ですよね?

 

でも、上司と合わないからと言って、すぐに仕事を辞めるのもリスクが大きいです。

経験上ですが、どこにでも嫌な上司はいますし、口うるさいなと思っている上司も、部下の成長のために敢えて口うるさくしているというパターンもあります。

 

ですから、嫌いな上司がいるからすぐに仕事を辞めるのではなく、「嫌いな上司と上手く付き合っていくことはできないか?」を考えるべきです。

 

合わない上司との上手い付き合い方

 

嫌いな上司に気に入られようとする必要はありません。

仕事だと割り切って、仕事上の付き合いだと思えば、気が楽です。

 

ただし、仕事上のコミュニケーションは、しっかりとしておきましょう。

ホウレンソウ(報告、連絡、相談)や最低限のあいさつですね。

 

また、上司の上司と仲良くなるというのも、嫌いな上司への対策となります。

最も大事なことは、仕事で結果を出すことですね。

 

仕事で結果を出せば、嫌な上司からも認められるはずです。

上司に認められなくても、仕事で結果を出せば周りが認めてくれるものです。

 

周りから認められれば、上司との関係も自然と良くなっていきます。

それでもダメなら、部署移動をしてもらうという方法もあります。

 

どちらにしろ、嫌いな上司と上手く付き合うなら、自分からアクションを起こしていくことが大事ですね。

 

嫌いすぎる上司と仕事をするメリットとデメリット

 

合わない上司がいる時点でデメリットだらけです。

 

合わない上司と仕事をすることは、

  • 精神的に過度なストレスがかかる
  • 正当な評価が受けられない可能性がある
  • 仕事へのモチベーションが下がる

など、デメリットだらけです。

 

メリットがあるとすれば、

  • 嫌な人と上手く付き合えるテクニックが身につく

ことくらいですね。

 

嫌いすぎて辞めたい場合どうする?

 

それなりに努力してみたけど、嫌な上司と仕事をするのがどうしても我慢できないという人は、自分が仕事を辞めるか嫌な上司を辞めさせるしかありません。

まあよほどのエネルギーがある人でもない限り、自分が仕事を辞めるというのが現実的ですね。

 

もう、我慢できないくらい上司が嫌いなら仕事を辞めた方がいいです。

上司は選べませんからね。

 

運が悪かったと思って、転職先で心機一転、仕事を頑張った方が良い仕事ができるはずです。

理想の上司には中々巡りあえませんが、会社組織において上司の力は大きく、部下が成長できるかどうかは上司の影響が大きいです。

 

嫌いな上司の下でモチベーションの低い状態で働いても、精神的にも不健康でサラリーマンとしても成長しにくいです。

良い上司に巡りあえれば、良い上司が自分を成長させてくれます。

 

極端な話、長いサラリーマン人生の多く部分に上司が影響するということですね。

人生には悪い出会いもあれば、良い出会いもあります。

 

仕事を辞めて転職すれば、もしかしたら良い上司に出会えるかもしれません。

まあ、良い上司とまではいかなくても、関係が劣悪になった今の上司よりはましな上司に出会うことができるでしょう。

 

また、上司と部下の関係において、やはり部下は上司の言うことを聞かなければなりません。

例えば、無能だと思っている上司の言うことを聞くのは、精神的にキツイですよね。

 

毎日のように上司に怒られるのも、精神的なストレスはかなり感じます。

それでも我慢して仕事を続けることで、うつ病などの病気になってしまう危険性があります。

 

このような点からも、「上司が嫌で仕事を辞める」ことは、自分の身を守ることでもあるのです。

 

まとめ

 

社会人として、嫌いな上司がいるからと言って仕事を辞めるのは、あまりいいことではありません。

まずは、自分と合わない嫌いな上司と上手く付き合っていく方法を考えましょう。

 

それでもダメなら、仕事を辞めることも選択肢としてアリです。

どちらにしても、決めるのは自分です。

 

上司が嫌だから仕事を辞めて後悔することもあるでしょうし、上司が嫌すぎて我慢の限界なのに無理矢理仕事を続けることで後悔することもあるでしょう。

自分のことですので、最終的には自分の意思で仕事を辞めるか続けるかを考えましょう。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!


転職活動ランキング

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村