つらい

仕事がしんどい、辛い!精神的に限界を感じるなら思い切って辞めてしまおう!

「仕事がしんどい!辛い!もう辞めたい!」

多くの人が、一度はそう思ったことがあるのではないでしょうか?

 

確かに「簡単に仕事を辞めると、辞めグセがついて、後で苦労する」と言われることもあります。

しかし、本当に精神的に限界を感じるなら、思い切って仕事を辞めてしまった方が良いと言えるでしょう。

 

今回は、どうしても仕事が辛くて精神的に限界に感じる時に、辞めたほうが良い理由についてまとめていきます。

 

精神的に限界なのに、むりやり頑張ると危険!

精神的に限界を感じた時、仕事を辞めた方が良い一番の理由は、むりやり頑張ることはとても危険だから。

無理に仕事を続けると、過度な仕事のストレスによって「うつ病」などの病気になってしまうリスクがあるのです。

 

仕事のスキルを磨いたり、責任を果たすことはもちろん重要ですが、もっとも基本的で大切なことは、あなたが「心身ともに健康でいること」。

決して、我慢して嫌な仕事を続けることではありませんよ。

 

むりやり頑張って心身のバランスを崩してしまうと、将来、今までどおり働けくなる危険性があり、長期的に見ると自分に不利になる、ということを頭に入れておきましょう。

 

もしかしたら、既にうつ病になっていて、治療をしながら仕事を続けている人もいるかもしれませんね。

給料がものすごく高いなど、どうしても会社を辞めたくない理由があれば別ですが、特別な理由がないならすぐにでも辞めて、治療に専念した方が良いでしょう。

 

というのも、その方が心身の早い回復が見込めるから。

仕事を辞めればストレスがなくなりますから、うつ病も治りやすくなり、長期的には良い選択と言えるでしょう。

 

仕事がしんどいから辞めるのは逃げグセがつく?

「仕事を簡単に辞めると逃げグセがつく」とを言う人がいますが、本当にそうなのでしょうか。

退職を決断できたということは、会社の将来性、自分の仕事量と報酬のバランス、人間関係などを客観的に考慮できているということ。

むしろ判断力が高いと言えるのではないでしょうか。

 

極端な話、ブラック企業で、残業代も出ない、仕事量が多い、長時間労働など劣悪な職場環境の中、我慢して仕事を続けていてもメリットは少ないですよね?

一昔前は、年功序列で仕事を辞めないことのメリットが大きかったと思いますが、今は同じ会社で長く働いても大きなメリットはありません。

 

労働者側が、自分にとってメリットが大きい職場に移動することは、当然の権利なのです。

「仕事を簡単に辞めるのは、逃げグセがつく」という考えは、現代には少しそぐわない考え方と言えるでしょう。

 

転職すれば、仕事が楽しくなる可能性もある

仕事が辛い!しんどい!から仕事を辞めたいと思うのは、仕事に対するモチベーションが下がっているからとも言えるでしょう。

例えば、仕事がしんどく辛かったとしても、「給料が良い」「仕事にやりがいがある」など、辛さを上回るメリットがあれば、「仕事を辞めたい」とまでは思わないはず。

 

仕事が辛い!しんどい!と思うのは、

  • 不当な長時間労働
  • 給料が安い
  • 休みが少ない
  • 人間関係が異常に悪い
  • 会社に将来性を感じない

など、職場環境に問題がある場合が多いのです。

 

ですから、転職先を探すなら、必ず今の職場環境よりも条件が良い転職先を見つけることが重要。

というのも、前職では「仕事が辛い、しんどい」と思っていたとしても、転職で職場環境が改善することで、「仕事が楽しい!」に変わる可能性は十分にあるからです。

 

転職でより良い条件が期待できるなら、思い切って仕事を辞めた方が、今よりも良い状況になれる可能性が高いと言えるでしょう。

 

仕事がしんどくて、仕事を辞めるなら転職先を見つけてから辞めるべき!

「仕事が辛い!しんどい!」ために仕事を辞めたいと思うなら、思い切って辞めてしまいましょう。

とはいえ、衝動的に退職届を出すのは失敗のもと。

 

基本的には、転職先を探してから退職届を提出するのが鉄則です。

なぜなら、先に転職先を探した方が、余裕を持って転職先を探すことができ、今よりも良い転職先を探すことができる可能性が高いから。

 

衝動的に仕事を辞めた場合、失業保険の給付を受けながら転職先を探すことになりますが、自己都合退職の場合、失業保険の待機期間は3か月。

つまり、3か月は無給状態になる、ということです。

 

そうなると、生活費がかかりますから、生活費を稼ぐためにとりあえず転職するというパターンになりがちです。

一般的に、簡単に就職できる職場は離職率の高い会社であり、離職率の高い会社は、職場環境が悪い可能背が高いです。

 

つまり、前職よりも条件が悪い会社に就職してしまう危険性が高いのです。

感情に任せて辞めてしまうと、「やっぱり我慢して仕事を続けていれば良かった…」と後悔することになりやすいのです。

 

まとめ

結論を言えば、職場環境が悪い人が精神的に限界を感じて、思い切って仕事を辞めることは逃げではありません。

むしろ、適格な判断です。

 

仕事は健康であるからできる、ということをしっかりと頭に入れておきましょう。

より良い環境に転職するためには、在職中に今よりも条件が良い転職先を見つけておき、転職のめどがついてから仕事を辞めるのがベストですよ。

 

自分の状況をしっかり見極めて、あなたに合った職場環境を手に入れましょう!

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!


転職活動ランキング

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村