つらい

向いてない仕事を続けるべき?うつになるくらいなら転職を!

「向いてない仕事をいつまで我慢すればいいの」「うつになってしまうくらいなら、いっそ辞めた方がいいのかな」と思ったことはありませんか?

「どんな仕事でも最低3年間は続けるべき」「短期間で辞めてしまったら次の仕事は中々決まらない」という言葉を信じて、向いてない仕事を無理して続けていませんか?

 

向いてない仕事を我慢して続けていると、正直、毎日が辛すぎて、1日が長く感じてしまいますよね。ひどいときには、囚人のような気持ちすらしてしまうもの。

今回は「向いてない仕事を無理して続けるべきなのか?」についてまとめていきます。

向いてない仕事を我慢して続けるべき?

向いてない仕事は、そもそも我慢してがんばるべきなのでしょうか?

そもそも、自分に向いてない仕事を続けることにどんな意味があるのでしょうか?

 

一般的に世間では「石の上にも3年」的なことをよく言われますよね。「最低3年間は続けないとあっているかどうかわからない」といった類の言葉です。

特に「ゆとり世代」に当てはまる最近の若い人は「継続力」「我慢」が出来ないと言われがち。

 

「ゆとり世代」に入っているというだけで、上司や先輩からまるで根拠のない批判や嫌味を言われることだってあります。本当に理不尽ですよね。

根拠のない批判にいちいち取り合う必要はありませんし、現代では、仕事の取り組み方も以前の世代とは大きく変わりつつあります。

 

以前の世代では、基本的に勤務し続けるほど報酬が上がり、昇進して立場が上になる終身雇用制が基本。ですから、耐えることに意味があったのです。

しかし、現代ではそういった保障はもうありませんよね。

 

つまり、我慢して3年間続けても給与が上がるとは限らないし、会社から大切にしてもらえる保障もないということ。

「向いてない仕事」を続けたところでメリットは「ほとんどない」と言えるでしょう。

向いてない仕事を続けるメリットとデメリット

向いてない仕事を続ける「メリット」と「デメリット」にはどんなものがあるのでしょうか。

【向いてない仕事を続けるメリット】

  • 当面の生活費を維持できる
  • 業界や今の仕事の知識が増える
  • 職歴に書けることが増える

 

【向いてない仕事を続けるデメリット】

  • 年齢をどんどん重ねていってしまう
  • 労働時間の苦痛が増す
  • 精神的な負担が増え続ける

 

向いてない仕事を続けるメリットと言えば、経済的に現状の生活を維持することができる点ぐらいでしょう。

仕事を仕事として割り切って、どんな理不尽なことをされたり、人間関係の悪化などにも耐えられる鋼のような精神の持ち主であれば、続けることは可能だと思います。

 

ただし、個人的には向いてない仕事に費やしている時間ってムダでしかないと思うんですよね。

そもそも自分に向いてない仕事をどれだけ続けたところで、スキルアップすることができません。

 

人間って成長できない環境に長くいると、どんどん老いていきます。

好きなことをしてるときってワクワクしたりして感情の起伏がありますよね?

 

そういう経験を仕事で体感している人って、見た目が若々していて明るい印象がありませんか?

向いてない仕事に拘束されている時間はただの時間の浪費でしかありませんし、その間の時間はどんなに大金を詰もうが返ってくることはありません。

 

あなたがワクワクしないことに時間を使うほど、あなたの貴重な人生時間をムダにしてしまうことにあなたは気付いてますか?

向いてない仕事を続けるとこうなる

向いてない仕事を続けていくことで辿り着く最悪の事態をご紹介します。

  • いつまで経っても給料が上がらない(昇格がない)
  • 損な役回りな仕事ばかりが増えていく
  • 年齢を重ねれば重ねるほど転職の難易度が上がる
  • ストレスの積み重ねで健康上の問題が発生する(精神的にも)

 

年功序列の会社であれば、年次ごとに定期昇給があり、役職も付いていくものですが、実際は何十年も勤務しているのに平社員のままという人がいます。

年次昇格の給与の増額は、毎年の税額や物価の変動率を加味して決められているので、実質的な手取り額は何十年も変わらないという状況になります。

 

想像してみてください。自分よりも年下の後輩がどんどん自分よりも出世して上司になって給与も増えていきます。

人によっては結婚や出産を経験する人も出てくるでしょう。その一方で、年次だけがベテランの人に対して、面倒な仕事だけが回ってきて、陰で悪口を言われるかもしれません。

 

場合によっては、全然、畑違いの部署に異動させられることもあるかもしれません。

そんな状況で転職をしようと活動しても、転職市場では過去の経験やスキルをシビアに判断されます。

 

勤続年数が長くなるほど、年齢に応じた役職経験や業務内容を求められます。

向いてない仕事を我慢して続けていけばいくほど、現実は厳しい状況になっていくのです。

うつになる前に転職を!

向いてない仕事を我慢して続けていく内に、ストレスによってうつ状態になってしまうこともあります。

うつ病は誰でもなる可能性のある病気ですので、決して自分だけは大丈夫だとは思わないでくださいね。

 

夜中、眠れない日々が増えてきたり、謎の発熱や、肌の湿疹などが出てきたりするようであれば身体からのSOSなので、もう無理する状況ではありません。

そんな状態になってきたら、さっさと転職をすることがオススメ。

 

今の職場の人に相談したところで解決することは1%も可能性はありません。

だって、現在の職場があなたの健康状態を悪化させた原因なんですから。

 

転職するなら早い内に動くほうがメリットが大きいです。

今の仕事が自分に向いてないということが分かった上で、他の職種に変更することも充分に可能ですし、転職エージェントはしっかりとヒアリングしてあなたに合う仕事を提案してくれます。

 

それに、ただ我慢して向いてない仕事を続ける時間よりも、自分に合う仕事を探している時間の方がワクワクしてきませんか?

まとめ

今回は「向いてない仕事を無理して続けるべきなのか?」についてご紹介しました。

結論から言うと、向いてない仕事を無理して続ける意味は「ほとんどない」と言えるでしょう。

 

昇給などのメリットにも期待できない上、社会的立場の向上も望めなかったり、自分の心身に悪影響を及ぼす危険性も大きいのです。

我慢して向いていない仕事を続けるよりは、いっそ転職などであなたに合った環境を探す方が建設的と言えるでしょう。

 

どうか今の仕事が続けられそうにないからと言って、自分を責めないでくださいね。

そもそも、自分に合う仕事を見つけるには、どんな仕事も実際に経験してみないと分からないもの。あなたに合う仕事は必ず見つかるはずです。

 

焦らずに、まずはあなた自身の心の底からの本音に正直になってくださいね!

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング