仕事

新卒で涙が止まらないのはストレスの限界!仕事が泣くほど嫌なら転職を

新卒で涙が止まらないほど仕事がつらい。仕事が泣くほど嫌。そんなあなたは、ストレスが限界に来ている可能性が高いです。

つい涙が出てしまうということは、自分でも気付かないうちにストレスが相当溜まり、心身の不調として現れているということ。

 

それでも「仕事に行かなければいけない」「周りの人には相談出来ない」と無理を続けていると、ますますつらくなるだけでなく、深刻な心身のダメージにつながってしまいます。

一刻も早く何かしらの対処が必要ですが、新卒だと、泣くほど弱ってしまうなんて初めての経験で、困惑してしまいますよね。

 

今回は、仕事が嫌で涙が出てしまうような時、どう対処すればよいのか一緒に考えて行きましょう。

 

新卒は仕事がつらい時期

新卒は仕事がつらい時期です。あなたが涙が止まらないほど仕事がつらいと感じることは、おかしいことでも、あなたが悪いわけでもありません。

むしろ、ぎりぎりまでよくがんばったと、自分をほめてあげて下さい。

 

学生時代と比べて、仕事では付き合う人を自分で自由に選ぶことが出来ませんし、関係する人達の年齢層も今まで以上に広がります。

中には全く価値観の合わない人、自分の考えを押し付けてくる人も居るでしょう。

 

しかも、そんな人達と休日以外のほとんどの時間を過ごさなければいけません。

これでストレスが溜まらない方が不思議ですよね。

 

また、新卒のあなたは早く仕事を覚えようと毎日がんばっているでしょう。

仕事を教えてくれる先輩が、教え上手で優しい人であればまだしも、何が言いたいのか、こちらが一生懸命説明を聞いていても全く分からない!と言う人もいます。

 

そんな先輩に当たってしまったら、ストレス倍増ですよね。

会社での人間関係や仕事以外にも、毎日の早起きや残業、通勤ラッシュ等、あなたの一日はあっという間に過ぎていくことでしょう。

 

かと言って、このような状態では休日にリフレッシュする余裕もありませんね。

仕事に慣れて自分の生活リズムが上手く掴めるまでは、半年から一年くらいはかかると思っていいでしょう。

 

もしかしたら、新卒一年目は人生の中でも一番つらい時期かもしれません。

しかし、そんな毎日の中で、会社での人間関係が構築され、仕事の力もついているはずですよ。

 

ここを乗り越えれば少しずついろんなことが楽になってくると前向きに考えてみて下さいね!

 

涙が止まらないのはストレス限界のサイン

新卒は仕事がつらい時期とは言え、涙が止まらないのは自分の心身にとってストレスが限界になっているサインですから、そのまま見過ごさないようにしましょう。

もし涙が止まらなくなってしまったら、どうすればよいでしょうか。

 

まずは、自分がそのような状態になっていることを周りの人に相談してみましょう。

家族や友人、信頼出来る同僚等、話を聞いてもらうだけで気持ちが軽くなりますし、もしかしたら、同じような経験がある人が居るかもしれません。

 

もし身近に話せる人が居なければインターネットで同じような経験がある人を探してみるのも良いですね。

仕事がつらくて涙が止まらないのが今回が初めてなら、周りの人に話を聞いてもらったり、同じような経験がある人の体験を読むことで、少しずつ気持ちが楽になりますよ。

 

もちろん、思い切って時間を作り、思い切りリフレッシュするのも良い方法。

仕事を離れて好きなことに没頭すると、ストレスが発散できますし、ぐっと気分転換できますよ。

 

しかし、もし休日も何もする気になれなかったり、何をしても楽しくない、食欲もないし夜よく眠れない、といった症状もあり、その状態がしばらく続いているようなら要注意。

心がだいぶ疲れている可能性がありますから、仕事を休む、または転職を考える必要があるでしょう。

 

仕事が泣くほど嫌なら転職を

新卒で涙が止まらないほどつらい。ストレスで泣くほど嫌。そんな状態がずっと続いているようなら、休職や転職を考える必要があります。

あなたはまだ新卒です。最初に入った職場環境がたまたま合わなかったのかもしれませんし、あなたにこれからまだまだたくさんの選択肢があります。

 

「せっかくがんばって就職活動したのに…」と思うかもしれませんが、泣くほど嫌な仕事をずっと続けていくよりは、別の道を探した方が良いでしょう。

もっと自分が生き生きと働ける環境を探してみましょう。

 

また、最近では企業でも副業を推進する動きが急速に高まって来ています。

一ヶ所に留まるのではなく、新卒でいろいろなことに挑戦してみれば、自分の向き不向きも分かって、将来的にはとてもプラスになるかもしれませんよ。

 

失敗を恐れず次に進めるのも、新卒の人達の特権です。これを生かさない手はありませんね!

 

まとめ

新卒で涙が止まらないほど仕事がつらい時、どうすればよいのかを見てきましたが、いかがでしたか?

新卒は仕事がつらい時期とは言え、涙が止まらないのは尋常ではありませんから、ストレスが限界に来ている状態と言えます。

 

一時的につらいことがあり、泣いてしまうことはありますが、こう言った状態がしばらく続くのであれば、思い切って転職を考えてみましょう。

仕事とは本来、周りの人達との関係を築きながらさまざまな経験の中で自分を成長させるものです。

 

もちろんつらいことも、悔し涙を流すこともあるでしょう。しかし、何よりも大切なのはあなたの健康です。それを失ってまで仕事をがんばることはありません。

あなたの周りの人達も、新しい選択肢を探すことをきっと応援してくれるでしょう。

 

まだまだたくさんの可能性がある新卒の皆さんです。自分が生き生きと働ける環境に巡り合えると良いですね!

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング