仕事

40代で次を決めずに退職したその後とは?なんとかなるが危険な3つの理由

40代で次を決めずに退職したら、その後はどうなるのでしょうか。

「40代なら社会人経験も十分にあるのでなんとかなるのでしょ?」と安易に考えるのは非常に危険です。

 

20代や30代の転職と比較すると、40代での転職には相応厳しい現実が待っています。

「なんとかなる」ではとても済まされません。

 

それでは、なぜ40代での転職は厳しいのでしょうか。

「なんとかなる」が危険な3つの理由をご紹介して行きましょう。

40代での転職は相応のキャリアや管理職としての経歴が必要

40代で次を決めずに退職したら、その後どうなるのでしょうか。

「なんとかなる」と考えるのがとても危険な理由の一つとして「40代での転職には年齢相応のキャリアや管理職としての経歴が必要」であることが挙げられます。

 

40代の転職で求められるのは、年齢相応またはそれ以上の優れたキャリアがある人や、管理職としての経験が豊かな人であり、明日からでも即戦力となり職場を牽引出来る人材です。

しかし、管理職のポストはどの企業にも多くあるわけではありません。

 

管理職としての経験を求められるのに、実際に管理職のポストは少ない。

このアンマッチが、40代での転職を難しくしているのです。

 

採用時には、20代や30代での転職のように「今後の伸び代」「成長する可能性」等は考慮されず、今すぐにしっかりと会社に貢献出来るかどうかを厳しく見られます。

従って、これまでの経歴によっぽどの自信がない限り「なんとかなる」とは思わない方が良いでしょう。

 

会社側も年齢を問わず転職者を募集しているなら、これからの時間と伸び代が充分にあり、新しいことを吸収しやすい20~30代を優先するでしょう。

「なんとかなる」と楽観的に考えるのは危険です。

40代での転職は年齢相応の給与を支払わないといけない

40代で次を決めずに退職したら、その後どうなるのでしょうか。

40代での転職活動では、これまでと同じくらいの給与水準で次の仕事を探すことが多いですが、転職していきなり今と同水準の給与が支払われる会社は少ないはずです。

 

また、会社側も新入社員と同じ給与と言うわけには行かず、年齢相応の給与を払う必要が出てきます。

本当にあなたにこの給与を払う価値があるのかを厳しく見られるので、採用は慎重に行われるでしょう。

 

転職者はこれまでと同水準の給与を望むのに、会社側は本当に高い給与を払うべき人材かを慎重に見極める為、積極的に求人を行わない。

これも、40代での転職を難しくしている一つの理由です。

 

40代でも採用率が高い業種もありますが、これまでと同じ職種、同水準の給与にこだわるのであれば更に難しくなります。

「なんとかなる」では済まされないのが現実ですね。

40代での転職がなんとかなるのは一部の人だけ

40代で次を決めずに退職したら、その後どうなるのでしょうか。

これまで見てきたように、年齢相応またはそれ以上の優れたキャリアがある人や管理職としての経験が豊かな人以外には、非常に厳しい現実が待っているでしょう。

 

職種も給与も何も条件を設けないで転職活動をする人以外、40代での転職がなんとかなるのは一部の人だけなのです。

希望の仕事がなかなか見つからず、退職したことを後悔しても遅いので、転職活動は在職中に行いましょう。

 

また、40代での転職を効率良く進めるには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

これまでに多くの人の転職をお手伝いしてきたエージェントは、 40代での転職の現状を教えてくれ、その中であなたの希望に合った仕事を紹介してくれます。

 

もしあなたの希望する条件に合った仕事が見つからない場合は、どのようにすれば転職を上手く進められるかをアドバイスしてくれます。

自分だけではなかなか上手く進まない転職活動は、プロであるエージェントに力を借りましょう。

 

厳しいことを言われる可能性もありますが、現実を知ることはとても大切ですよ。

まとめ

40代で次を決めずに退職したその後とは?「なんとかなる」が危険な3つの理由を紹介しました。

  • 40代での転職は相応のキャリアや管理職としての経歴が必要
  • 40代での転職は年齢相応の給与を支払わないといけない
  • 40代での転職がなんとかなるのは一部の人だけ

 

40代の転職で求められるのは、年齢相応またはそれ以上の優れたキャリアがある人や、管理職としての経験が豊かな人、つまりは即戦力。

 

しかし、管理職のポストはどの企業にもたくさんあるわけではありませんし、 これまでと同水準の給与を求めると非常に難しくなります。

採用する会社側も、高い給与を支払う価値があるかどうか、あなたを厳しく審査します。

 

40代での転職がなんとかなるのは一部の人だけ。

転職活動は在職中に始めて、まずは転職市場の現状を正しく把握するのが良いでしょう。

 

40代での転職を諦めることはありませんが、転職が上手くいくかどうかは

  • 現状を正しく把握出来るか
  • 効率良く転職活動を進められるかどうか

にかかっています。

自分の現状と転職して手に入れたい環境をしっかりイメージして、効率よく進めていきましょう。

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 


転職活動ランキング