仕事

仕事辞めたいけど次が見つからない!転職先を決めずに辞めても大丈夫?

「すぐにでも仕事を辞めたい!もう限界!」と思ったことのある人は多いもの。

同時に「転職先を決めずに辞めても大丈夫?」「次の仕事がすぐに見つからないのでは」と不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

 

仕事をしていると、人間関係、パワハラ、長時間労働など、多くのストレスがありますよね。

今の会社で働いていても、体制が良くならない、将来性がないと感じたのなら、転職を考えるのも自然なこと。

 

今の会社を辞めると決めたら、「仕事を辞めてから、転職先を探す」のか、「転職先を見つけてから仕事を辞めるか」を決めなくてはなりません。

今回は、仕事を辞めたいとき、転職先を決めずに辞めても大丈夫かどうか、まとめていきます。

 

仕事を辞めたいなら転職先を決めず辞めるべきか?

結論から言うと、「仕事を辞めたい!」と思っても、衝動的に仕事を辞めるのはオススメできません。

というのも、仕事を辞めてから、転職先を探すのは大きなリスクがあるから。

 

誰でも、せっかく転職するなら、「今よりも条件が良い会社」に転職したいものですが、「条件が良い」の基準は人によって違います。

「今よりも給料が多くて、業績の安定している会社に行きたい」が希望の人もいますし、「給料は下がっても良いから、のんびりと働きたい」を望む人もいるでしょう。

 

このように違いはありますが、あなたにとって、今よりも条件が良い会社に転職できれば「転職は成功」です。

しかし条件の良い会社は人気も高く、なかなか欠員が出ないのが現状。

 

少し考えてみればわかるとおり、条件の良い会社は、まず人が辞めませんし、募集しても応募が多いため競争率が高いです。

そのため、条件の良い会社に、すぐに転職できるのは難しいと言えるでしょう。

 

そして、仕事を辞めた後で、転職先を見つけることの最大のデメリットは、「生活費がなくなる」こと。

 

「次の仕事もすぐ見つかるはず!」と安易に仕事を辞めると、より良い転職先をじっくり探す時間を取ることができません。

失業保険を受給するとしても、期間が決められていますから、転職先が見つからないことに焦りが出でしまうのです。

 

すると、転職先の条件を下げていくことになり、結果として、生活費を稼ぐために今よりも条件が悪い会社に就職することになりかねません。

このような転職は、成功とは言えないですよね。

 

ですから、仕事を今すぐに辞めたくても、まずは仕事を続けることを優先しましょう。

その後、転職先が見つかったら仕事を辞めるのが、転職活動の基本です。

 

仕事を辞めてから次の転職先を見つけたほうが良い場合

とはいえ、「仕事を辞めたくて我慢の限界!」という人は、仕事を辞めてから転職先を見つけるという選択をするしかありませんよね。

リスクはありますが、無理矢理今の仕事を続けても、うつ病などの病気にかかってしまうくらいなら、早めに辞める方が得策です。

 

すぐにでも仕事を辞めるのが正解な場合もあります。

仕事を辞めてから、転職先を見つけたほうが良い点には、以下のようなことが挙げられます。

  • うつ病など、心身の病気にかかるリスクを軽減できる
  • 時間を多く使えるので、就職活動に専念できる

 

特に、就職活動に日中の時間を使えるというメリットは大きいですね。

 

仕事を辞めずに転職活動をすると、仕事が激務であるほど、業務に追われて転職活動の時間が取れない、というデメリットがあります。

そのため、辞めたくてもずるずると仕事を続けてしまう、というパターンになりがちです。

 

その点、仕事を辞めていれば、時間が多くあるので面接の日程調整が簡単な上、複数面接も可能。

何より業務への気兼ねもなく、新たな気持ちで就職活動ができますね。

 

次の転職先がまだ見つからない時は

転職先を見つけてから仕事を辞めたほうが良いとはいえ、今の仕事は早く辞めたい。

でも、辞めるに辞められない・・・という悩ましいこともあるでしょう。

 

例えば、次のような場合です。

  • 仕事が嫌すぎて、うつ病の症状が出ている
  • 仕事を今すぐ辞めたいけど、生活費に余裕がない
  • 希望の転職先は求人が出ていない

 

今の仕事はすぐに辞めたいけど、今後正社員として働くのがつらい、経済的な理由でためらう、求人自体まだ出ていない、といった場合です。

このような時は、派遣や契約社員、アルバイトなどの非正規雇用といわれる雇用形態で働く、という選択肢があります。

 

これらの雇用形態の良い点は、以下のとおりです。

  • 当面の生活費を稼げる
  • 再就職が比較的容易にできる
  • 時間の融通がきくので、働きながらの就職活動も可能

 

どうしても転職先が見つからない場合、選択肢のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

「仕事を辞めたい時に、転職先を決めずに仕事を辞めても大丈夫?」と質問されたら、できれば仕事を辞める前に転職先を決めた方が良いと言えるでしょう。

というのも、転職の成功率を考えれば、在職中に転職活動をして、転職先を見つけてから今の仕事を辞めた方が、良い転職ができる可能性が高いから。

 

でも、今働いている会社がブラック会社であったり、修復不可能なくらい人間関係が悪かったりするなら、すぐにでも仕事を辞めるべき。

 

あなたの健康を守るためには、早く仕事を辞め、そのあと転職先を見つけた方が得策です。

あまりにつらい状況で我慢し過ぎてしまうと、うつ病などの病気になる危険性があるので、気をつけて下さいね。

 

あなたの状況をよく見極めて、よりあなたに合った職場環境を手に入れてくださいね!

 

 

この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!


転職活動ランキング

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 第二新卒者の転職・転職活動へ
にほんブログ村